いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
「泣きやんだ!」「喜んでる!」 ママパパも大喜び! シリーズ累計185万部の大人気ロングセラー赤ちゃん絵本

ゆーりかずりんさんの公開ページ

ゆーりかずりんさんのプロフィール

ママ・30代・滋賀県、女8歳 男4歳

ゆーりかずりんさんの声

24件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい わが子にもこの気持ち受けついてほしい!  投稿日:2007/03/15
だいじょうぶだいじょうぶ
だいじょうぶだいじょうぶ 作・絵: いとう ひろし
出版社: 講談社
この本を読んだとき、子供たちはさほど反応はないようですが、私のほうがグッと胸に来ました。
勇気がなかったり、うまくいかなかったり・・そんな自信をなくしているときに「だいじょうぶ だいじょうぶ」の
おまじないがどれだけ勇気をくれるか。
そして、大きくなった僕が、それをおじいちゃんに
してあげよう、と思う優しい気持ちを持って
育ってくれたこと・・。
わが子もこんな優しい気持ちを忘れず、育ってほしいと
願います。
「だいじょうぶ だいじょうぶ」こんな簡単な言葉ですが
この一言で、みんなが安らぎ、そしてこういった言葉を
かけてあげたくなる、そんな絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ワクワク感が子供に人気  投稿日:2007/03/06
でんしゃにのって
でんしゃにのって 作: とよた かずひこ
出版社: アリス館
たくさんの動物が乗ってくる電車。
ゾウさんがウサギさんをお膝にのせて「どうぞどうぞ」と
譲り合うシーンなど、子供たちにもちょっとした
電車でのマナーの1つになってくれればいいなと思います。
また、最後切符を落として、「ここだ」駅で降りれるか
どうか・・子供たちもハラハラドキドキ!
そんなヒヤヒヤした後、電車が去って
「つぎは〜おばけだ〜おばけだ〜」!
ホントにお化けが乗ってくるのがまた最後のお楽しみ
みたいで、最後まで楽しませてくれる、そんな絵本です!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なきそうになる1冊です!  投稿日:2007/03/06
しゅくだい
しゅくだい 文・絵: いもと ようこ
原案: 宗正 美子

出版社: 岩崎書店
もうずいぶん大きくなってしまって、抱っこすることもなくなった8歳の娘。
「この絵本、いいよ!」と教えてくれて読んだ後、
私が泣きそうになりました。
なんでも自分ででき、そして身長も体重もすっかり抱っこ
できないくらい大きくなった娘。
あんなに昔は抱っこしていたのに・・と成長を感じる反面、
抱っこできる時期なんて関係ないんだ!と実感した1冊です。
すてきなめえこ先生の宿題!こんな宿題、ホント学校でも
出してほしいなあ・・と願います。
抱っこは親子の、そして子供の基本だと教えてくれる、そんなオススメの1冊では?!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やりたい子供の気持ちが上手に表現  投稿日:2007/03/06
はけたよはけたよ
はけたよはけたよ 作: 神沢 利子
絵: 西巻 茅子

出版社: 偕成社
素朴な絵が気に入っていたので以前からほしいと思っていた絵本でした。
読んでみると、やりたい気持ちとがんばってもできない
子供の気持ちが上手に現れていて、しかもパンツもズボンもはかないたつくんのオシリと、動物のシッポとの比較が
わかりやすくてとってもかわいかったです。

そんな絵本を読んだ後、たつくんのまねをして4歳の息子も立って履こうとチャレンジしたら・・ヨタヨタして
(ちょっとわざとでしたが)最後はまねしてこけたまま
履いていました(笑)
子供たちもできたときの喜びが実感でき、とてもいい本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 兄弟パワー!に共感!  投稿日:2007/03/06
999ひきのきょうだい
999ひきのきょうだい 作: 木村 研
絵: 村上 康成

出版社: ひさかたチャイルド
春の1冊・・として書店のコーナーでピックアップされていました。
999匹の兄弟のうち、お兄ちゃん一人がマイペースで
しかも弟たちより成長が遅くても、お兄ちゃんとしての
関係が築かれているところ、
そしてそんな兄弟たちが、自分たちの天敵のヘビに向かって
行くところなど、兄弟の絆や信頼感など、とても
かわいいタッチの絵本の中に感じる、そんな素敵な絵本だと
感じます。
子供たちも大きなおたまじゃくしのお兄ちゃんに興味深々で
お気に入りの1冊になっています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいいとまとさんがお気に入り!  投稿日:2007/02/27
とまとさんにきをつけて
とまとさんにきをつけて 作・絵: 五味 太郎
出版社: 偕成社
上の子が小さいときに購入した絵本で、下の子も
二人ともがはまった絵本の1つです。
シリーズがいくつかあるようでしたが、私は個人的に
このとまとさんが一番気に入りました。
全く自分のペースで進んでいく、一見わがままな
とまとさんですが、そんな彼女のペースにいつのまにか
引き込まれていき、「チュ!」の時には子供も
ページをめくる前に一緒にチューしてます♪
これが五味太郎さんの絵本の魅力なのかもしれないなと
感じました。
うちの子が3歳くらいの頃に購入したと思います。
特に女の子にはオススメな1冊かなと感じます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 素直に笑える1冊ですよ!  投稿日:2007/02/27
おかあさんのパンツ
おかあさんのパンツ 作: 山岡 ひかる
出版社: 絵本館
こちらのレビューを読んで購入した1冊です。
ホント、ありそうで笑える、そんな本でした。
子供たちもケラケラ笑いながら、「ママが私の
パンツはいたら、ぜったいこうなるなあ!」と
うれしそうに話してました!
小さい子供たちでも、パンツがこうなる!ということが
わかってわかりやすく、楽しく親子で読める絵本では
ないかなと思います〜♪
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 赤い手袋、ほしくなります!  投稿日:2007/02/15
ミトン
ミトン 作: ジャンナ・ジー・ヴィッテンゾン
絵: レオニード・シュワルツマン
訳: 服部 美鈴

出版社: 河出書房新社
義姉から娘へのプレゼントで知った本です。
犬がほしくてたまらないアーニャの気持ちと、
自分が小さい頃、犬を飼いたくてもダメと親に言われた
気持ちがクロスします。
娘もちょうどアーニャのように、犬がほしい時期!
この本をまた改めて読んで、温まる気持ちになりたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい マフラーと暖かい友情に涙!  投稿日:2007/02/15
たてがみのマフラー
たてがみのマフラー 作・絵: よしだけんさく
出版社: 新風舎
8歳の娘が、学校の絵本の読み聞かせ会で読んでもらい、
とてもよかった!とオススメの絵本・・と聞いて購入!
たてがみというあだなの、凄く長いタテガミを持つ、
孤独なライオンと、そのサバンナの動物たちとの
暖かいマフラーと友情の物語。

内容はとても心温まり、こんな素敵な絵本をいい!といえる
娘がとってもかわいく素敵に思いました。
こういった絵本が、お友達関係や問題視されている
いじめ問題のきっかけになればいいなと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 悲しすぎますがこの気持ちを分かち合いたい  投稿日:2007/02/15
だいすきなグー
だいすきなグー 作: ごとうやすゆき
絵: いもと ようこ

出版社: PHP研究所
娘が学校の読み聞かせ会で読んでもらった本の1つだそうで
買ってほしい!と絵本コーナーで言われたのですが、
思わず立ち読みしながら泣いてしまいそうになり、
どうしても買えませんでした。

動物との別れ・・動物を飼ったことがない我が家にとって
こういった経験で、命の大切さ、人を愛する気持ちを
感じてもらえればと思います。
参考になりました。 0人

24件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット