話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

もぐらちゃんさんの公開ページ

もぐらちゃんさんのプロフィール

ママ・30代・大阪府、女2歳

もぐらちゃんさんの声

344件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 都市化にともなう問題  投稿日:2006/12/26
ちいさいおうち
ちいさいおうち 作・絵: バージニア・リー・バートン
訳: 石井 桃子

出版社: 岩波書店
ちいさいおうちの一生を通して都市化の問題を訴えてくるのがバージニア・リー・バートンのすごいところだなあと思いました。おとぎ話のように語られているのに社会派でもある、すごい絵本。うちの1歳の子は絵の魅力にひとめではまりました。何故か他の絵本よりも反応が大きいので、そこにも作者の才能を感じてしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちょっと怖い正統派の創作童話  投稿日:2006/12/26
ゼラルダと人喰い鬼
ゼラルダと人喰い鬼 作・絵: トミー・ウンゲラー
訳: 田村 隆一 麻生 九美

出版社: 評論社
人くい鬼が出てきたりと、本当に怖いのにいい感じのハッピーエンドとなります。何故か古典的な味わいのある、正統派の創作童話。読んでいて大人も面白い上におなかがすいてしまって困ってしまうかも(笑)ブタや鳥の丸焼きなど、郷土を感じさせる料理も見ごたえあります。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う シンプルな繰り返し  投稿日:2006/12/26
かえる!ぴょん
かえる!ぴょん 作: わたり むつこ
出版社: 福音館書店
シンプルに、動物達がぴょんと飛びながら一ページずつ増えていくお話ですが、0.1.2えほんはそれが身上だと思います。「飛ぶ」という言葉がとってもわかりやすく赤ちゃんに理解できるようで、私は嬉しかったな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しすぎる!  投稿日:2006/12/26
だめよ、デイビッド!
だめよ、デイビッド! 作・絵: デイビッド・シャノン
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
魔の二歳児?デイビッドが楽しすぎる!どのシーンも「やってくれたな!」と叫んだり喝采したくなる躍動的なやんちゃぶり。書かれてあるお母さんの怒鳴り声もひとつひとつ味があって、「そうそう、こんなふうに言いたくなる。うちもこう言うだろうこんな時」と・・・くすりとしてしまいます。最後の落ちも見るたびにっこり笑ってしまうー!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 色を楽しめます  投稿日:2006/12/26
ロボット ボット
ロボット ボット 作: こかぜさち
絵: わきさか かつじ

出版社: 福音館書店
赤、青、黄色のはっきりしたロボットが出てきて、色に関心のある年代のうちの子は「赤!青!」とかなり喜びました。シンプルなんですけど、これがいいんですねぇ。ロボットという言葉も覚えられたみたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい けっこう衝撃  投稿日:2006/12/26
みんな おっぱい のんでたよ
みんな おっぱい のんでたよ 作: 木坂 涼
絵: 木村 しゅうじ

出版社: 福音館書店
イルカが、赤ちゃんの時はおかあさんイルカのおっぱいを飲んでいる図(水の中で!!!)など結構衝撃でした。哺乳類とわかっているのはずなのに、実際に絵で見てみると本当に驚きです。うちの子は1歳ちょいですが、それでもこの衝撃はわかったみたいで、目をみはっておろおろしていました。そのほかの「リス」みたいな小さい動物が授乳している図も、おお〜〜〜〜〜と感動しますし・・・とにかく見てみよう!忘れられない本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 野菜好きのうちの子は大喜び  投稿日:2006/12/26
はっぱのなかでみいつけた
はっぱのなかでみいつけた 作・絵: ひろの たかこ
出版社: 福音館書店
葉っぱの後ろにかくれている、きれいな野菜・・・ページをめくってそれを確認するだけなのですが、1歳児はそれでも大喜び。かくれんぼや絵さがしが好きなのですね。0.1.2絵本はどれもツボをおさえているのですごいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 丁寧な絵  投稿日:2006/12/26
どんぐり どんぐり
どんぐり どんぐり 作・絵: 降矢 なな
出版社: 福音館書店
リスの絵も、背景もよく書き込んであって丁寧で綺麗です。リスがどんぐりを食べる・・・という知識がうちの子は大好きなようで、とても喜んでみていました。おまけに、どんぐりにはぼうしがついてあってそれを取って食べるということも分かったみたいです(一番最後のページ)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわらしいおやすみ  投稿日:2006/12/26
おやすみ
おやすみ 作: なかがわ りえこ
絵: やまわき ゆりこ

出版社: グランまま社
一日の終わりの儀式が、かわいらしくシンプルなピンク調の絵で描かれてあって、読み進めながら「そうそう、これをひとつひとつやっていくのね」と納得です。うちの子もかなり載ってきます。うちでは「おはよう」と合わせて読んでいます。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 絵が親しみやすい  投稿日:2006/12/26
ざっくりぶうぶう がたがたごろろ
ざっくりぶうぶう がたがたごろろ 作: かんべじゅんきち
絵: エム・ナマエ

出版社: 偕成社
ちょっと、はたらくくるまが出すぎというか後半は中だるみしますが、絵自体はとっても親しみやすく赤ちゃんも大喜びです。私は最初のほうのブルドーザーやパワーショベルが一個一個出てくるところを繰り返し見せています(1歳ちょい)が、そのたびに受けています。
参考になりました。 0人

344件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…
  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット