新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

陽菜マリさんの公開ページ

陽菜マリさんのプロフィール

ママ・30代・京都府、女の子12歳 女の子9歳 女の子4歳

陽菜マリさんの声

59件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 今までに読んだことがない不思議な本  投稿日:2020/07/04
ぼくは本を読んでいる。
ぼくは本を読んでいる。 著: ひこ・田中
出版社: 講談社
 この本は、主人公が本を読むことがメインです。私は今までこのような本は、読んだことがありません。
 私は、一番小公女という話が印象に残りました。セーラがミンチン先生の意地悪にも負けずに父親がいなくても、頑張っていたからです。そこに、インドの紳士が隣の家に引っ越してきます。紳士は、セーラに食べものなどをこっそりと、届けます。そんな紳士のことを、私は、とても優しい人だと思いました。そして、セーラは、紳士に引き取られます。ミンチン先生に、「わたしは、いつだって、あなたがすきだったんですよ。」と言われるとセーラは、「わてくし、ちっともぞんじませんでした。」といいます。私は、ほとんど、主人公と同じ考えです。本当にこのような本を読んだことがないので、面白かったです。
 この本に出てきた、小公女という話は、面白かったのでまたよんでみたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 片思いって素敵だな  投稿日:2020/07/04
1%(1) 絶対かなわない恋
1%(1) 絶対かなわない恋 作: このはなさくら
絵: 高上 優里子

出版社: KADOKAWA
 片思いって素敵だな。それだけで楽しい、友達ができる、いろんな気持ちになる。それって素敵じゃないですか。早く会いたいとワクワク
する。相談できる友達ができる。それっていいことじゃないですか。
 可能性のない恋でも、頑張ろうとする主人公たちに、心動かされました。だから自信をもっておすすめしたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 主人公のぼくが可愛いすぎ!  投稿日:2020/06/05
おしっこちょっぴりもれたろう
おしっこちょっぴりもれたろう 作・絵: ヨシタケシンスケ
出版社: PHP研究所
ちっちゃい子ならではの悩みが可愛い過ぎです!!
おしっこちょっと漏れちゃったけど・・・ちょっぴりなんだから・・・ズボン履いたらわかんないんだから・・・という言い訳が可愛いですね。
同じうような人がいないかなと街中で探してみる。おじさんにもれたろうですか?と聞いてみる勇気がすごい!大人だったら絶対に聞いてはいけないことだから子供って素直で純粋だから遠慮なく聞いちゃうんだなって。笑
みんな悩みはあるけれどそんな風には見えないように生きているんだろうなと思います。主人公みたいにちょっぴりなんだから・・・わかんないんだからと悩み吹き飛ばしたいですね(*^_^*)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 朝飯前の大仕事!!  投稿日:2020/05/27
14ひきのあさごはん
14ひきのあさごはん 作: いわむら かずお
出版社: 童心社
全部読んでからもう一回見返してみると、起きてから朝ご飯を食べるまでにすごいハードな仕事をしてるなと驚きました。
うちだったらまず起きて歯磨き軽く何かを食べてから身支度しようかという感じですが。ネズミさんたちはちょっと違ったようですね。
朝一から森へ野イチゴを摘みに行き、お母さんたちは生地から捏ねてパンを焼き、お父さんはスープづくり!本当に大忙し!
一仕事した後の朝ごはんは格別だろうな(^^♪
朝ごはん食べてる様子も微笑ましい風景です。

9番目のくんちゃん、野イチゴ摘みに行きはかごに乗せて行ってもらっていました。帰りはなぜかべそかき…よくよく絵を見ると帰りは籠に野イチゴが・・・!かごに乗れなかったからべそかいてたんだな。
大人の視点から読むといろんな気づきがあったりもして面白いですよ。
今回発見しましたが、カバーの表紙と本誌の表紙が絵が違う!
みんなで仲良くラジオ体操していました♪こんな仕掛けも楽しいですね♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 娘のお気に入り  投稿日:2020/05/26
14ひきのおつきみ
14ひきのおつきみ 作・絵: いわむら かずお
出版社: 童心社
最近3歳の娘がお気に入りの14ひきシリーズ!!
毎日違う絵本を読んでと持ってきます。
今日はお月見でした。

最初の場面から恒例のネズミさんたち探しのスタートです!
表紙と裏表紙をにらめっこしながら読み進めていきます。子供たち10匹もいるので覚えるのが大変です。笑
今回はお月見がテーマなので舞台は木の上でした。すごい大きな木をぐいぐい登っていき、とっても高いところに子どもたちだけでお月見台を作り上げます。なんてよくできた子供たちだろうと感心しました。小さい子たちの面倒も見ながらせっせと仕事をこなすところが大家族のすごいところですね。
日も沈み、お月さんも出てきてお月見スタートです。お月さん実りをありがとう、光をありがとうと感謝しながらみんなで月を眺めていました。
この絵本は描写が本当に美しく、夕焼けからお月さんが出てくるまでの移り変わりが綺麗すぎて見入ってしまいます。木のてっぺんでのお月見、まん丸お月さんを特等席で鑑賞出来てうらやましいなと思う今日この頃です(*´▽`*)
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う おもしろい発見が次々と!  投稿日:2020/05/25
そうだったのか! しゅんかん図鑑
そうだったのか! しゅんかん図鑑 写真: 伊知地 国夫
出版社: 小学館
日常生活ではなかなか気づかない発見がいろいろとあります。
ハイスピードカメラなどでその瞬間をとらえた図鑑です(^−^)
大人になってしまうとなかなか気づかいことも子供の間は興味津々なものです。改めてこの本を見てみるとすごく子供の時に戻ったみたいでした。
シャボン玉が消えていく瞬間、卵が割れる瞬間、水がこぼれる瞬間、時間を止めてみると面白い発見がありました。
私が興味深かったのはミルククラウンと、水風船が割れる瞬間!!思わず、すごっ!と思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う おっとトラブルか?  投稿日:2020/05/25
とらっくとらっくとらっく
とらっくとらっくとらっく 作: 渡辺 茂男
絵: 山本 忠敬

出版社: 福音館書店
おっとトラブルか?と思うところが度々ありましたがなんとか大丈夫だったようです。笑
工事現場・・・男の子が好きそうな重機たちがたくさん登場します。
工事現場だけではなく、高速道路では白バイ、消防車、救急車など心躍るような車たちがたくさん出てきました。白バイが追いかけてきて運転手さん少しドキッとしましたがなんでもなくて良かったです。
最後のページには道路標識も書いてあって車にあんまり詳しくないわたしもとても勉強になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ハリーが愛おしい  投稿日:2020/05/24
どろんこハリー
どろんこハリー 作: ジーン・ジオン
絵: マーガレット・ブロイ・グレアム
訳: わたなべ しげお

出版社: 福音館書店
ハリーがとっても可愛いですよね( *´艸`)
お風呂が大嫌いで家から逃げ出しちゃったけどみんなに心配をかけまいとまた帰ってくるところが愛らしい。
お話の中盤、遊んで泥んこになったハリーを見てから表紙のイラストをもう一度見て同じハリーだよと娘に教えると、娘もちゃんとわかっていたようでなんで右の子は黒いの?と聞くと「遊んで汚れたから。」と答えてくれました。時々お話を振り返りながら読むと子供と分かり合えて楽しいですね♪
お風呂嫌いのハリーが汚れを洗ってほしくてちんちんしてるところが可愛くて一番のお気に入りです。ハリーはお風呂嫌いを克服できていたらいいんだけど。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う イヌとオオカミの友情  投稿日:2020/05/23
セルコ
セルコ 作: 内田 莉莎子
絵: ワレンチン・ゴルディチューク

出版社: 福音館書店
3歳の子に読みましたが少しだけ絵が怖かったかなという印象でした。
物語は年老いた犬のセルコとオオカミの友情のお話でした。
飼い主に追い出されてしまったセルコはオオカミの提案でまた家に帰ってこられました。どうにかしてオオカミにお礼ができないかと考えていたセルコは飼い主の娘の結婚式にこっそりとオオカミを呼ぶことにしました。テーブルの下に忍び込みオオカミにたくさんごちそうを食べさせました。オオカミはお酒も飲んでとてもいい気分で歌を歌いだしました。飼い主たちはびっくりして逃げ回る始末…さっとオオカミを連れ出し抱き合ってお別れをしました。
このお話から感じたことはオオカミもセルコもとても思いやりがあるということ!オオカミは少し悪賢いですがすごくセルコの悲しみをわかっているような。セルコも賢い!オオカミは怖いから飼い主たちにはバレないように配慮しながら、オオカミには助けてくれたお礼をするためにごちそうをたらふく食べてもらった。犬にもオオカミにもちゃんと感情があって優しさ溢れるお話だったように思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自然の良さ  投稿日:2020/05/23
14ひきのせんたく
14ひきのせんたく 作・絵: いわむら かずお
出版社: 童心社
読んでいてとても清々しいですね-(*^-^*)
14匹のネズミさんたちの暮らしが覗けます。
昔ながらの生活風景が楽しめていいですね!大きな川でじゃぶじゃぶお洗濯。大きな木の枝でぶわぁ〜とみんなの洗濯物を干して、川のせせらぎを聞きながらお昼寝したりと、私たちまでそこにいるかのようです。一度はネズミさんたち目線で体験してみたいな♪
3歳の娘もお話に出てくるネズミさんたちを探すので一生懸命。表紙や裏表紙をちょくちょく見ながらこれはごうくん、これはなっちゃんと楽しんでいました。
参考になりました。 0人

59件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット