つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん
作: ジェニー・ジャコビー 絵: マイク・ラブ & ビアトリス・ブルー 訳: 田中薫子 監修: 平山廉  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
トリケラトプス、ティラノサウルスなど、5つのポップアップを自分で作る、ずかん絵本!

ひろひろあきさんの公開ページ

ひろひろあきさんのプロフィール

ママ・40代・岐阜県、男の子10歳

ひろひろあきさんの声

16件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ゴロゴロ♪  投稿日:2014/01/16
もちづきくん
もちづきくん 作: 中川 ひろたか
絵: 長野 ヒデ子

出版社: ひさかたチャイルド
3歳の息子はおもちが大好きで
何度も読み聞かせています。
特に、お餅がビヨーーーン!と伸びる仕掛けがお気に入りで、
つきたてお餅をお口にほおばるまねをして楽しんでいます。
身近にお餅をつく機会がほとんどないだけに
我が家のご近所でもこんな出前出張サービスが来てくれたらいいな〜
なんてうらやましくなりました。
子供と一緒に楽しめる絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 甘いハチミツの世界  投稿日:2014/01/16
ミルカちゃんと はちみつおためしかい
ミルカちゃんと はちみつおためしかい 作: 令丈 ヒロ子
絵: 高林 麻里

出版社: 講談社
子供がハチミツ好きなこともあって
読み聞かせてみました。

女の子がお花畑で出会ったハチさんに誘われて
はちみつおためしかいの仲間に入れてもらえるのですが、
ついついハチミツの甘い魅力にはまりすぎて・・・

ハチさんがミルカちゃんの目を覚ます為に鼻をちくっと刺して助けるシーンで、うちの息子は「ダメー!」と言ってハチさんを払い出し・・
彼なりにミルカちゃんを助けようと手を差し出したのには笑ってしまいました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 欲ばること  投稿日:2014/01/16
よくばりすぎたねこ 新装版
よくばりすぎたねこ 新装版 作・絵: さとう わきこ
出版社: PHP研究所
3歳の息子に読み聞かせています。
猫は猫なりに考えに考えて、ひよこを何とか増やして食べることを思いつき大切に育てるのですが、結果は、一口も食べられず、逃げられしまいます。
残念ながらまだ3歳の息子にはそこまでの欲がないからか、この話の意味は理解できないような様子でしたが、回転寿司のように鶏の丸焼きが流れてくるシーンがお気に入りのようでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う メルヘンなおはなし  投稿日:2013/10/23
ぐりとぐらとくるりくら
ぐりとぐらとくるりくら 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
ぐりとぐらシリーズの中でも
メルヘンチックなお話だと思いました。
ぐりとぐらがピクニックにでかけると
手長うさぎがあらわれたり、
みんなで雲の船に乗って楽しんだり。
子供は、『雲に乗れるの?』と不思議そうに
興味津々で聞いてくれました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しめる絵本  投稿日:2012/10/15
おばけのてんぷら
おばけのてんぷら 作・絵: せな けいこ
出版社: ポプラ社
せなさんのおばけシリーズをはじめて読みました。
2歳の息子には少し文字数が多くて難しいかなと思いましたが
うさぎとねこのやり取りやてんぷらの作り方など
テンポのよいストーリーの展開で、
最後まで興味をもって聞いてくれました。

登場するおばけに‘怖いもの’という感じがまったくないので
怖がりなお子さんでも親しめると思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいい虫さんたち  投稿日:2012/10/15
ほたるホテル
ほたるホテル 作・絵: カズコ・G・ストーン
出版社: 福音館書店
繊細なタッチで描かれた絵に惹かれて購入しました。

2歳の子供にはストーリーを理解するには
まだちょっと早かったようですが
虫さんたちの名前にそれぞれインパクトがあるので
一匹ずつ覚えては一人で楽しんでくれています。

クライマックスのほたるホテルには大人の私もうっとり。
こんなホテルがあったら行ってみたい気持ちになりました。
子供と一緒に大人も楽しめる本だと思います。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どこにかくれたのかな?  投稿日:2012/05/17
うずらちゃんのかくれんぼ
うずらちゃんのかくれんぼ 作: きもと ももこ
出版社: 福音館書店
1歳の誕生日におばあちゃんからもらいました。
「どこにかくれたのかな?」と子どもと一緒に
声に出してかくれんぼを楽しめます。
途中、うずらちゃんとひよこちゃんが少し怖い思いをするのですが‥
最後のおかあさんとのふれあいの風景が暖かいです。
息子は最後のページでうずらちゃんたちにさよならするカエルさんも
お気に入りです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おいしそう  投稿日:2012/05/15
やまこえ のこえ かわこえて
やまこえ のこえ かわこえて 作・絵: こいで やすこ
出版社: 福音館書店
きつねのきっこちゃんがおとうふやさんへでかけるのですが、夜のお買い物は心細いだろうとお月さまに森の仲間がついてきてくれます。
なぜこんな夜中にお買い物?
その謎は読み進めていくと大人の私も納得しました。
無事におとうふやさんで買い物した後もちょっと弱腰の邪魔者が道を阻むのですが、そこで心強い仲間たちが大活躍。
最後はみんなでお祭りを楽しみます。
2歳の息子には少し文字数が多いかなと思いましたが、
テンポよく、あっという間に読み終えることができました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵がきれい  投稿日:2012/05/15
ぼくのブッベはどこ
ぼくのブッベはどこ 作: 藤田 千枝
絵: イロン・ヴィークランド

出版社: 福音館書店
主人公の男の子が飼っている犬とのかくれんぼを
絵で綴った絵本なのですが、絵がとても美しいです。
生活感のあふれるお部屋の様子も事細かに描かれていて
台所の風景では、主人公のお母さんが作る手料理について
息子といろんな想像をふくらませて読んでいます。
まだ文字の読めない小さなお子さんにもおすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ハンカチカーチカチ♪  投稿日:2012/05/15
タンタンのハンカチ
タンタンのハンカチ 作・絵: いわむら かずお
出版社: 偕成社
ハンカチカーチカチ♪
この台詞の繰り返しがとても心地よいです。
たんたんが赤いハンカチにお呪いをかけることで
自身もいろんなものに変身しながら
どんどんハンカチが大きくなっていきます。
終いにはお空を夕焼けに染めるまでに。
とても夢があって、いいなと思いました。
息子も空が赤く染まっていくのをよくひとり読みして楽しんでいます。
参考になりました。 0人

16件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

SNS犯罪から子どもを守るために。友達思いなにわとりのお話

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット