いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

赤ちゃんママさんの公開ページ

赤ちゃんママさんのプロフィール

ママ・30代・神奈川県、女の子8歳 女の子5歳

赤ちゃんママさんの声

17件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい どきどきわくわく!  投稿日:2014/09/11
たんじょうびのふしぎなてがみ
たんじょうびのふしぎなてがみ 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
図書館で借りてきて娘の大のお気に入り。

ちょっとした冒険ストーリーになっていて
読み終わったあとは「ドキドキするけど楽しい!」と興奮していました。

手紙やしかけ絵本が好きなので何度も繰り返し読んで、
自分でもそれらしい手紙を書いて遊んでいます。

エリックカールさんの絵はどれも色使いがキレイで素敵ですが、
人や動物の顔が少しこわい気がします。。でも好みの問題なんだと思います。
娘はまったく感じないようで、内容を楽しんでいます。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 老若男女に!  投稿日:2014/09/08
とべ バッタ
とべ バッタ 作・絵: 田島 征三
出版社: 偕成社
1ページ目から迫力のある絵。
娘は怖がりなので嫌がるかなと思ったら、意外と平気で見ていました。
絵やストーリー、飾らない文章に引き込まれます。

しっかりとしたメッセージが込められていて、
頑張りたいときには勇気がもらえる気がします。

大人にも、男性にもオススメ絵本。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 文章のリズムも楽しい  投稿日:2013/06/06
ちびころおにぎり なかみはなあに
ちびころおにぎり なかみはなあに 作・絵: おおいじゅんこ
出版社: 教育画劇
図書館で借りた本ですが、娘が大好きな絵本です。

内容も楽しいのですが、私はリズムある文章が印象に残っています。
パパがテンポ良く読んでいたリズムが頭から離れません。
絵本は読む人によって、楽しみ方が色々あるんだなと改めて感じました。

娘には、大好きなおにぎり、しかも自分のように小さいものには
普段から親近感があるので、この本はぴったりでした。
絵も可愛くて好きみたい。

冷蔵庫の探検では、これはなぁに?これは?と興味津々。
分かるものは自分でどんどん指差しして答えていきます。

セリフも覚えて一緒に話したり、ご飯の時には「ちびころのなかみはなぁに?」と歌ったり。たまに借りてきては楽しんでいます。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 幸せな時間をつくってくれる絵本  投稿日:2013/06/05
だるまさんと
だるまさんと 作: かがくい ひろし
出版社: ブロンズ新社
「だるまさんが」と一緒に購入しました。

どちらも子どもは小さい時から大好きな本でしたが、
こちらの本ではだるまさんに相手がいるので、より楽しいみたいです。

この本を読むと必ず子どももマネをしておじぎをしたり、ハグしたり。
誰かと一緒に同じ動きをするので楽しさが増しますよね。

スキンシップもできて、子どもも大人も一緒に楽しめる。
じぃじも読んであげながら子どもみたいに楽しんでいました。

赤ちゃんの頃から長く楽しめて、大好きな一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもはやっぱりシンプルが好き  投稿日:2013/06/05
まるさんかくぞう
まるさんかくぞう 作: 及川 賢治 竹内 繭子
出版社: 文溪堂
とてもシンプルです。
各ページに形やのりもの、いきものなんかが三つ並んでいて
それを、上から読む。それだけ。
これがとってもいい。

最初は反応があまりないなと思ったのですが、
もう一回読んでみるとノッてきて、自分で絵を見て言ってみたり
身の回りのものを見つけて絵本のように話してみたり、
とても楽しそうでした。

絵本を読んでしばらくは、このリズムを楽しんでいました。

そのまま読んでも楽しい。子どももアレンジして自由に楽しめる。
絵本のデザインも良いので、飾っておいても良さそう。
素敵な本だと思います。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 楽しい気持ちで眠りにつける  投稿日:2013/06/05
わたし、まだねむたくないの!
わたし、まだねむたくないの! 作: スージー・ムーア
絵: ロージー・リーヴ
訳: 木坂 涼

出版社: 岩崎書店
タイトルを見て娘にピッタリだと思って読んでみました。


絵本のママが女の子にかけている言葉が普段娘に言っている言葉だったり、
繰り返し「いちにちのおわり、もうねるじかんです」と文が入っているので、
自然と子どもの中でも寝る時間なんだと気持ちが切り替えられている感じがします。

女の子の遊びや絵もとても可愛らしくて、何回読んでも引き込まれていきます。

絵本の女の子は冒険に出かけたり、かいじゅうになったり、
お姫様を助けに行ったり・・・とっても元気なので男の子に読んであげても楽しめそうな内容だと思いました。

女の子とファンタジーを楽しんだ後には、
絵本のようにほっぺにキスをすると子どもも満足して寝てくれます。
オススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大人が楽しい絵本かな  投稿日:2013/06/05
ムーミンのふしぎ
ムーミンのふしぎ 原案: トーベ・ヤンソン
文: 松田 素子
絵: スタジオ・メルファン

出版社: 講談社
先日ムーミンを知った子どもが図書館で選んできました。

大人が子どもの頃を思い出したいとき、
とても良い絵本だと思いました。

ムーミンの感性がとても素敵です。

見るたびに違う海の色。そんな海の色をビンに集めたい。
でも海の水をすくってみると色がつかない、ふしぎだな


ムーミンみたいに、こどもには自分のまわりのふしぎを
まずは自分でたくさん感じていっぱい発見してほしいなと思いました。

内容的にも、ボリューム的にも2歳の子には早かったと思います。
子どもが自分でたくさんの不思議を発見してから読むと楽しそう。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない あまり好きになれない  投稿日:2013/06/05
いやだいやだ
いやだいやだ 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
うちの子もイヤイヤ期です。
それで私自身もイライラしたり、しんどくなってしまうことがあります。

でも、イヤイヤ言うから悪い子?

イヤイヤ言う子にはいくら呼ばれても抱っこしない
というのも、うーん・・・

表情も怖いです。

一度娘に読んでみましたが、楽しくなさそうで「よくわかんない」と言ってました。

最後の問いかけが効く子にはいいのかも。

受け止め方や向き不向きがあると思いますが、うちではもう読まないと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一家に一冊あるといい!  投稿日:2013/06/05
だるまさんが
だるまさんが 作: かがくい ひろし
出版社: ブロンズ新社
妊娠中、絶対子どもは気に入る!と思って購入しました。

結果、大ヒットです^^

読む時は大人もつい一緒にダルマさんの動きをしてしまいます。
子どもはそれも楽しいみたい。

この本を読むと、赤ちゃんの時から本当に良く笑っていました。
絵本に親しむ、最初の絵本としてもオススメ。

大きくなってくると、子どもが絵本のマネをしてやってくれるようになり、
それがまた楽しい!子どももずっと笑っています^^

家にあると、子どもと楽しみたい時、笑いたい時にとても便利です。
長く楽しめる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ドラマを感じました。  投稿日:2013/03/29
ちょうちょ はやく こないかな
ちょうちょ はやく こないかな 作・絵: 甲斐 信枝
出版社: 福音館書店
ちょうちょを待つオオイヌノフグリが主人公。

精密な絵のおかげもあってか
最初の数ページは単調な内容に思えたのですが、
読み進めて行くとオオイヌノフグリの期待や落胆が描かれていて
読む方も自然と気持ちが入ってしまいます。
「そんなことあるよね・・」なんて感情移入しながら読んでいました。

諦めかけたとき、1羽のちょうちょがやっと止まってくれたのには
こちらまで嬉しくなってしまいました。オオイヌノフグリの喜びも可愛い^^

丁寧でリアルな絵ですが、葉や花の向きや伸び方で
そのときどきのオオイヌノフグリの感情が良く表現されていて
とても面白かったです。

娘も「おもしろ〜い!もう1回読む」と楽しんでいました。
参考になりました。 0人

17件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

『チリとチリリ あめのひのおはなし』<br>どいかやさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット