いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
「泣きやんだ!」「喜んでる!」 ママパパも大喜び! シリーズ累計185万部の大人気ロングセラー赤ちゃん絵本

ミントカモミールさんの公開ページ

ミントカモミールさんのプロフィール

ママ・40代・宮城県

ミントカモミールさんの声

27件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい バナーナ!  投稿日:2019/05/11
バナーナ!
バナーナ! 作: 藤本 ともひこ
出版社: 講談社
バナナどこどこ ここだよ!バナーナ!の繰り返しで、繰り返しが好きな子供達がワクワクしながら次はどこかな?どこかな?と言うのが伝わってきました。絵もはっきりとして色使いもきれいで赤ちゃんや幼いお子さんはとても喜ぶ絵本だと思います。読み終えた後はバナーナ!が、耳に焼きつきます(笑
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 目からウロコ!!  投稿日:2019/05/10
はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1)
はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) 再話: 深山 さくら
出版社: くもん出版
英語を、覚えることを日本語を覚えるのと同じ、聞く話すから始めるのが良く読み聞かせが良いというのが目からウロコでした。

英語を覚えるのはやはり英会話教室だなって思い込みがあって、自分が読み聞かせするというのは考えていませんでした。

すぐに試してみたいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あたたかい文と絵  投稿日:2019/04/30
なかないで なかないで
なかないで なかないで 作: あまん きみこ
絵: 黒井 健

出版社: ひさかたチャイルド
読んだ後ほっとあたたかく穏やかな気持ちになれる絵本で、幼い女の子とちょうちょとのふれあい。何だか、私も、ずっとずっと昔こんなことあったかもとも思いました。幼いころは自然と自分は一体で虫も草もお友達。いつから自然のもの達と離れてしまうのでしょうか。この永遠とも思える幼い子供の瞬間をあまんさんの穏やかな文と黒井さんのあたたかな絵で包みこみ幸せな気持ちになりました。子供達にはこの様な経験をしてもらいたいなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい マシュマロ食べたくなる本ですね  投稿日:2019/04/26
まくらのせんにん さんぽみちの巻
まくらのせんにん さんぽみちの巻 作・絵: かがくい ひろし
出版社: 佼成出版社
まくらの仙人が、ものすごくマシュマロ好きなんだなー、と思い思わず食べたくなりました。と読み終わった後に8歳の息子が言いました。

まくらの仙人としけさんとかけさんとの雰囲気がとても可愛くて大好きです。

恐竜から逃げる仙人の表情がとても良いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心に響く  投稿日:2019/04/25
でんでんむしのかなしみ
でんでんむしのかなしみ 文: 新美 南吉
絵: 鈴木 靖将

出版社: 新樹社
でんでんむしのかなしみ。私のこころから離れない本の一冊となりました。静かな中でこんなに力強い文というのはあるんですね。あらためて新見南吉さんの素晴らしいさに気付かされます。鈴木靖将さんの絵も他には無い色使いが文にとてもあっています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いけいけ!  投稿日:2019/04/17
いけいけ! しょうがくいちねんせい
いけいけ! しょうがくいちねんせい 文: 中川 ひろたか
絵: 北村 裕花

出版社: 小学館
小学一年生になった息子に読みました。息子を見ていると毎日ワクワクドキドキしながら通う黄色いランドセルの後ろ姿を見ながら、いけいけ!小学一年生!と声をら出して送りたくなるような、明るく元気になれる本です。小学3年生の息子がなんで俺さといもなのー!と言っている顔もまた可愛く思えました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 2歳の子供に読んであげたかったな  投稿日:2019/04/05
おむつのなか、みせてみせて!
おむつのなか、みせてみせて! 文・絵: ヒド・ファン・ヘネヒテン
訳: 松永 りえ

出版社: パイ インターナショナル
うんちの仕方を教えても、長男はなかなかトイレでできませんでした。次男は教えてもないのに、お兄ちゃんのをみて自然と出来るようになりました。この本のように。実際にみて感じる、というのが1番早いと思います。でもなかなかお友達のオムツは覗く事が出来ないので、かわいいイラストのこの様な絵本は良いですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あれ!?減っていっちゃうの?  投稿日:2019/04/04
ちっちゃなかいぞく いまなんにん?
ちっちゃなかいぞく いまなんにん? 作: マイク・ブラウンロウ
絵: サイモン・リカティー
訳: ふじしま けいこ

出版社: 潮出版社
小さなかいぞくが海に出て、色々な出来事が起こるたびに1人1人減っていき・・・あれあれいなくなっちゃうの?と普通に考えるとシリアスな内容ですが、ポップな絵と軽快な文で楽しげに。最後は読んでのお楽しみ。子供と読むと一緒になって声を出しながら読むような絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いっぴきいっぴき表情がすばらしい  投稿日:2019/03/13
おたまじゃくしの101ちゃん
おたまじゃくしの101ちゃん 作・絵: かこ さとし
出版社: 偕成社
おたまじゃくしの101匹の兄弟がお母さんと散歩をしながら危険に巻き込まれていくのですが、行く途中に道草しているおたまじゃくしがいたり、子供達はそのおたまじゃくしをみつけては笑っていました。笑ったり、怖いところもあったり、一つの映画化をみているようで読んだあとは大満足です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う とわとん!  投稿日:2019/03/07
とんとんとめてくださいな
とんとんとめてくださいな 作: 小出 淡
絵: 小出 保子

出版社: 福音館書店
息子が4歳位の時に読んだとおもいます。はじめは少し怖がっていました。怖いものがくるのか?くるのか?の様な感じで。でも最後はこうだったのかーと安心していました。部屋にある小物も可愛くて息子は何度も見返しては発見していました。
参考になりました。 0人

27件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット