でんでんむしのかなしみ でんでんむしのかなしみ
作: 新美 南吉 絵: かみや しん  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
テレビで紹介されました!

ミモザさんの公開ページ

ミモザさんのプロフィール

ママ・50代・東京都、女の子11歳

ミモザさんの声

149件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う どれにしようかな  投稿日:2013/11/13
ふしぎなキャンディーやさん
ふしぎなキャンディーやさん 作・絵: 宮西 達也
出版社: 金の星社
カラフルなキャンディー。
口に入れると、色ごとに異なる不思議な能力が備わります。
でも舐め終わるとおしまい。そんなところが子供向けっぽくて、楽しいです。

調子に乗ると大変な目に合ってしまいますが、機転を働かせて一件落着。

どの色がいい?とか、こういう色のだったらどんな風になると思う?など、会話も弾みます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どっちがすきかしら?  投稿日:2013/11/13
いいな いいな この おうち
いいな いいな この おうち 作: 軽部武宏
出版社: 小学館
レポーターのかるべくんがちょっと変わったお家を2軒ずつご紹介していく本。

なかなかパワフルなおうちが多いですね。
最後に「どっちがすきかしら」と聞かれるけれど、大人の目線からすると選択に難しいものも・・・。
発想は楽しいし、子供は結構真剣に考えていました。

ワイワイ言いながら楽しめる一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ただただ見守る  投稿日:2013/11/13
あな
あな 作: 谷川 俊太郎
絵: 和田 誠

出版社: 福音館書店
ただ穴を掘る。
穴のなかから空を見上げる。

いろいろ意味とか理由を見出そうとしてしまいがちだけど何も考えなくてもいいのかもしれない、時には。

これから先、子供がやりたいと感じたことを何も聞かずに見守ってあげるっていうのも大切なのかもしれないと思いました。

縦に開く本なので構図がわかりやすいです。
子供本人からは特に感想はなかったけれど、あえてあれこれ尋ねるのはやめました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい じわーっときます  投稿日:2013/11/13
フレデリック
フレデリック 作・絵: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
冬に備えて、他のねずみ達とは違うものを蓄えていたフレデリック。

こうして自分の中に満たされたものは、みんなにもおすそ分けできるし気持ちも温かくなる。

じわーっと良さが伝わってくるお話でした。
一匹だけ働かなくても、それで仲間外れにしたりしない他のねずみ達もいいですね。

先々のことを自分で考えて、自分ができることをする。
そんなフレデリックにはっとさせられました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほんとにほんとに  投稿日:2013/11/08
もうママったら!
もうママったら! 作: 寺島 ゆか
出版社: 文溪堂
ほんとに「もうママったら〜!」と言いたくなる本です。

朝の「はやくしなさい」といった光景や「まだブロッコリ食べてるの!?」「だって口からなくならない・・・」といったやりとりが、我が家とそっくりで笑ってしまいました。

いっそここまでできたら、それはそれで親子で楽しい、かも?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う タイトルで想像するより深いお話  投稿日:2013/11/08
こいぬのうんち
こいぬのうんち 作: クオン・ジョンセン
絵: チョン・スンガク
訳: ピョン・キジャ

出版社: 平凡社
自分の存在意義に疑問をもつけれど、最後にはちゃんと自分の役割を知るお話。
タイトルから、ユーモアあるお話かと想像しそうですが実際はなかなか深いです。

娘も当初の予想と違っていたらしく、初めはニヤニヤしていたものの終盤からは真剣に見入っていました。

韓国の絵本はなかなか見る機会がなく、石垣とか風景が独特だなと感じました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ご機嫌ナナメのお嬢さん  投稿日:2013/11/08
ちび魔女さん
ちび魔女さん 作: ベア・デル・ルナール
絵: エマ・ド・ウート
訳: おおさわ ちか

出版社: ひさかたチャイルド
小さな女の子・クロチルドはどうもご機嫌ナナメ。
パパやママにたしなめられてもそう簡単に機嫌は直らず、自分の部屋でとうとう魔女になりドラゴンまで従えて・・・。

小さい子供だと、よくわからないけど機嫌が悪いことがありますね。
どんどんエスカレートしていく様子がなかなか面白いです。

ここまでできたらスカッとするかな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いざ退治!  投稿日:2013/11/08
ジャイアントジャムサンド
ジャイアントジャムサンド 作・絵: ジョン・ヴァーノン・ロード
訳: 安西 徹雄

出版社: アリス館
大量のハチを退治するために、村人総出の大作戦!
なかなかダイナミックです。
大きな食べ物がでてくるお話って、ありえないだけにワクワクしますね。

娘は登場人物たちの表情がおかしかったらしく、ヘンなところでウケていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ザンザン降りの日  投稿日:2013/11/08
あめがふるひに…
あめがふるひに… 作・絵: イヘリ
訳: ピョン・キジャ

出版社: くもん出版
たまには色味を抑えたものをと思い、選んでみました。
シンプルだけど力強い絵です。

ザンザン降りの日、ライオンはトラはチョウチョはどうしてるの?
そしてそしてラストは・・・
うん、そうだろうねえ。

娘にはちょっと物足りなかったみたいでした。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う すこしずつ  投稿日:2013/11/01
ぼく、およげないの
ぼく、およげないの 作: アンバー・スチュアート
絵: レイン・マーロウ
訳: ささやまゆうこ

出版社: 徳間書店
「かわうそなのに泳げないのー?」
・・・友達の一言がけっこうキビシイですね。
それでも、お姉ちゃんのアイディアと協力で見事、深い所に飛び込めるようになります。
毎日ちょっとずつ、というのは他のことでも当てはまるポイントですね。
参考になりました。 0人

149件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

子どもが喜ぶ「うんち」がいっぱい!世界20ヵ国以上で翻訳の絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット