そらから ふるもの なんだっけ? そらから ふるもの なんだっけ? そらから ふるもの なんだっけ?の試し読みができます!
文・絵: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
今ならサイン本買えます! 雨の季節じゃなくても楽しめることばあそびいっぱい!

ななママさんの公開ページ

ななママさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、女の子10歳 女の子8歳

ななママさんの声

13件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 葛藤  掲載日:2014/4/18
こねこのチョコレート
こねこのチョコレート 作: B・K・ウィルソン
絵: 大社 玲子
訳: 小林 いづみ

出版社: こぐま社
5歳と3歳の娘に読みました。

ひとつくらいなら…あとひとつ…
なんだか身に覚えにあるような気持ち…(笑)

絵本の中のお母さんの接し方、育児のヒントになります。
私ならきっとジェニーにがっかりして叱ってしまってるかも…

お姉ちゃんと言えど、まだたった4歳のジェニーの心の中の描写が痛いほどわかり5歳の長女もハラハラドキドキしたようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵に引き込まれる  掲載日:2014/4/8
けとばしやまのいばりんぼ
けとばしやまのいばりんぼ 作・絵: 大道あや
出版社: 小峰書店
5歳と3歳の娘に読みました。

こちらの本は母が美術館かどこかで買ってきてくれたものです。

絵(特にお花)がとても迫力があって、5歳の娘は引き込まれていました。

サンショウウオが”うるさいしケンカばかりして”と動物たちを怒る場面では、まるでうちの姉妹のようで笑ってしまいました。

まだもらったばかりなので、これから長女のお気に入りになりそうです。

3歳の次女も登場人物の名前が出る度に確認しながら注意深く聞いていましたよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 有名なのに  掲載日:2014/4/8
はじめてのおつかい
はじめてのおつかい 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
5歳と3歳の姉妹に読みました。

何故今まで読まなかったんだろうというくらい素敵な絵本でした。
さすが有名なだけありますね。

長女はみいちゃんが自分と同じ5歳ということで、感情移入したようです。

そろそろ我が家も簡単なおつかいさせてみようかな?と思いました。

何度でも読みたい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一番読んでいるかも  掲載日:2014/4/8
おやすみなさい おつきさま
おやすみなさい おつきさま 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: クレメント・ハード
訳: せた ていじ

出版社: 評論社
5歳と3歳の姉妹のお気に入りの絵本です。

もう何度読んだかわからないくらい、この絵本を持ってきます。
特に3歳の次女にちょうどいいのかとても好きなようです。

この絵本を読み進めていく時の静寂が私も好きです。
”おやすみなさい「しずかにおし」というおばあさん”というフレーズが特に。

静かに順番に電気が消えていくようなイメージで、
母である私自身も一日の子育ての疲れをリセットできるような、眠る前の絵本にぴったりだなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 私の思い出の絵本  掲載日:2014/4/8
ちいさいおうち
ちいさいおうち 作・絵: バージニア・リー・バートン
訳: 石井 桃子

出版社: 岩波書店
5歳と3歳の娘に読みました。

私自身が小さい頃、この絵本が大好きで娘にも読んであげたいと思い探してきました。

ちいさいおうちの周りがどんどん変わっていく様が描かれていて、
すっかり「まち」になってしまったページと初めのページを見比べることができるので3歳の次女でもわかりやすかったようです。

昨年、都会から慣れない田舎に引っ越してきて、
帰りたい、嫌だ嫌だと思っていた自分。久しぶりに読んで考えさせられました。

初めて読んだ時、5歳の長女は「ちいさいおうちかなしそうだね」と入り込んでいましたが、最後にほっとしたように穏やかな表情をしていたのが印象的でした。

何度も読んであげたい名作です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい くまものは鉄板  掲載日:2014/4/7
くまのコールテンくん
くまのコールテンくん 作・絵: ドン・フリーマン
訳: 松岡 享子

出版社: 偕成社
図書館のおすすめ絵本冊子に載っていて借りようと思っていたら、何も言っていないのに娘の方から持ってきたので、
こどものフィーリングって間違いなかったりするし期待して読みました。

結果、娘は聞き入っていました。
「くまのパディントン」しかり、くまが主人公の絵本がどうやら娘はとてもきゅんとするようで物語の世界に引き込まれるようです。

ベッドから耳だけ出ているコールテンくんが可愛くって私も読んでいてきゅんとしてしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい よく話題に出ます  掲載日:2014/4/2
もりのおふろ
もりのおふろ 作・絵: 西村 敏雄
出版社: 福音館書店
5歳と3歳の娘たちが好きな絵本です。

お風呂で洗う時、よく3人で背中を洗い合うのですが、
娘たちが「もりのおふろみたーい!!」と喜びます。

動物が円になって洗っている様子が何ともシュールで、
動物の無気力な顔が面白くて好きな作品です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 絵が可愛い!  掲載日:2014/4/2
ティモシーとサラのとりかえっこ
ティモシーとサラのとりかえっこ 作・絵: 芭蕉みどり
出版社: ポプラ社
5歳と3歳の娘に読み聞かせました。

お話自体は正直絵本にありふれた感じ…?

でも絵がとてもかわいいです。
パッチワークのような裏表紙にお洋服やお部屋、とても色合いが可愛くて、シリーズで出ているのも子どもが入り込みやすいので良いですね。

こっちがティモシーでこっちがサラ?と姉妹でわいわい楽しんでいました。
一度読んでからは、しっぽについたリボンで爆笑していました。

シリーズの他のお話も読んでみたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不思議ワールド  掲載日:2014/3/31
こわがりうさぎホッペル
こわがりうさぎホッペル 作・絵: アンティエ・グメルス
文: ゆきのゆみこ

出版社: ひさかたチャイルド
5歳と3歳の娘たちに読み聞かせました。

読んでいて私も引き込まれてしまいました。
一緒に不思議ワールドへ旅をするような…
そういうのも絵本の面白さですよね。

絵も不思議な感じで面白いです。
寝る前のの絵本タイムで娘たちは何度もこの本を選んできます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お遊戯会がきっかけ  掲載日:2014/3/30
どうぞのいす
どうぞのいす 作: 香山 美子
絵: 柿本 幸造

出版社: ひさかたチャイルド
年少の時のお遊戯会が「どうぞのいす」でした。

絵本は読んだことがなく、娘はナレーターの鳥の役。

鳥さんって出てくるのかな?と思っていたら、
ほぼ全ページにひっそりと描かれていて娘も大喜び。
目立たないけど、我が家では鳥さんに愛着をもってこのお話を読んでいます。

「からっぽにしてしまってはあとのひとにおきのどく」

こどもたちに伝えていきたい、日本人の良い性質がこの絵本には詰まっていますね。
参考になりました。 0人

13件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

日本出版10周年記念! アリスン・マギーさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット