なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

ちゅら。さんの公開ページ

ちゅら。さんのプロフィール

その他の方・50代・千葉県、男の子23歳

ちゅら。さんの声

108件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
よいと思わない ありのままの自分を、否定する絶望感。  投稿日:2009/12/15
はなになりたい
はなになりたい 作・絵: *すまいるママ*
出版社: 東京書店
このお話しは、肉食獣のライオンがウサギを食べるという、当たり前のことから始まります。
ライオンが自分が食べてしまったウサギの子どもを育てることになり、父性が芽生える。

親を食べられた子ウサギの目線からライオンを責め続けていくお話しです。
そして、ライオンが肉食であることを自己否定するようになってしまう。

ライオンはライオンであればいい。
立派なライオンになればいいのです。

天寿を全うして、もし花になることがあるとすれば・・
その時に綺麗な花になればいい。

そしてもしまたライオンに生まれ変わるのであれば・・
生きるためにウサギを食べ、また立派なライオンになればいい。

この本は、大人にも子どもにも読めません。
参考になりました。 7人

自信を持っておすすめしたい わかちあい。  投稿日:2009/10/14
マローンおばさん
マローンおばさん 作: エリナー・ファージョン
絵: エドワード・アーディゾーニ
訳: 阿部 公子 茨木 啓子

出版社: こぐま社
森のそばで、ひとり貧しく暮らすマローンおばさん。

誰にも気にかけてもらえず、優しくされもしなかったのに、
寒い冬、次々訪れる弱った動物達に居場所を与えてやります。
食べ物も分けてやります。

「あんたの居場所くらい、ここにはあるよ」と。

アリーナ・ファージョンの美しく慈しみ深い詩。
そして見事な日本語訳は、声に出して読みたい独特のリズムです。

マローンおばさんは、自分の全てを動物達にわかちあい、
読むもの、聞くものにも大切なことを分けあたえてくれます。

この本を読み、佐藤初女さんを思いました。

アーディゾーニの多くも少なくもない絵が、
マローンおばさんの心をそのまま表現しているようです。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 生を謳歌する。  投稿日:2009/10/14
ゆかいなかえる
ゆかいなかえる 作・絵: ジュリエット・キープス
訳: 石井 桃子

出版社: 福音館書店
魚に食べられる、カエルの卵。
偶然逃れた4つの卵から孵った4匹のカエルのお話し。

とても仲良しのカエルたち。

彼らにも危険はたくさん!サギやカメに狙われますが、
毎日ゆかいに遊びます。

魚はカエルの卵を食べ。
サギやカメは魚やカエルを食べ。
カエルはトンボの卵を食べる。
自然の生き物は、いつも危険と隣り合わせ。
しかし、今生きていることを謳歌している4匹のゆかいなカエルです。

水辺のお話しらしく、寒色のみの絵が、その世界に引き込みます。
カエルたちの機敏な動きがリズミカルな訳で、ますますゆかいな気持ちになります。

初版は1964年!
色褪せない絵本です。
参考になりました。 3人

自信を持っておすすめしたい ベストパートナーとの出会いを信じて。  投稿日:2009/10/13
まいごになったおにんぎょう
まいごになったおにんぎょう 作・絵: エドワード・アーディゾーニ
訳: 石井 桃子

出版社: 岩波書店
ちいさなお人形のお話し。

持ち主の女の子は、お人形を気に入っていませんでした。
ですから無くなったことにも気付かず、探すこともしません。

スーパーマーケットの冷凍庫に落ちた、ちいさなお人形。
誰にも知られず、ひとりぼっちになってしまいました。

ある日、小さな女の子がお人形を発見します。
しかし「お店のものに触ってはいけない」いいつけを守り、
見つめるだけの女の子。

次に買い物に行く時、お人形にプレゼントを持っていきます。
温かな帽子とコートを縫って。
また次も、また次も・・・

女の子はお人形を思い、お人形も女の子を思う。
どちらも健気でとても可愛らしい!

もしひとりぼっちだと感じても、きっとあなたを必要としている人がいる。
あなたを見ていてくれる人は、どこかに必ずいる。

小さなお人形の喜びが、大きな安心を与えてくれる絵本です。

スーパーの冷凍庫の底を覗いてみたくなります。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい なりきる!  投稿日:2009/10/07
きはなんにもいわないの
きはなんにもいわないの 作・絵: 片山健
出版社: 学研
「おとうさん、きになって」

すーくんにお願いされて、快く木になったお父さん。
本当に、木になってしまいます。

お父さん、なりきる!

鳥も、虫も、犬も、よその女の子も。
木だと思って寄ってきて、木だと思ったまま立ち去ります。

お父さん、なりきっています!!

すーくんが多少困っても、お父さんは手助けも口出しもしません。
だって、木なのですから。

「木は、なんにも言わないの」

お父さんの大きく強い愛情を感じます。
片山健さんの、愛を感じる絵本です。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 働く人、働く車にありがとう。  投稿日:2009/10/05
はしれ!たくはいびん
はしれ!たくはいびん 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
北に住むおじいちゃんとおばあちゃんから、宅配便でリンゴが届くまで。

おじいちゃんとおばあちゃんが働いて作ったリンゴ。
その箱を運ぶ、宅配便の人。
配送センターの人。
運転手さん。

働く人と、働く車のおかげで、遠くから美味しいリンゴが届きます。

夕方、リンゴを預かって。
車を乗り換え、配送センターを通って。
大きなトラックが夜明けまで走って。
次の日、昼間にマンションに届き。
夜にはみんなで美味しく食べる。

息子は小さい時から、宅配便の受取り係り。
いつもハンコを持って嬉しそうにドアを開けます。

そんな子ども達が、
大好きな働く車にワクワクしながら、
夜も働く人に「ありがとう」と思える絵本です。
荷物を送ってくれる人の優しい気持ちにも「ありがとう」と言いたくなります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 我が家にもいるのかもしれない。  投稿日:2009/10/05
まほうのこぐま
まほうのこぐま 作: ペネロープ・リベリー
絵: ジャン・オーメッド
訳: 片山 令子

出版社: 瑞雲舎
ジョーにしか見えない、まほうのこぐま2匹。

こぐまが「感じて」「あるよ、とびこんで」というと、
本当に家の中に木や川があるのです。
3人で森の中のように遊びます。

ジョーはご飯をこぐまたちに分けて上げます。
テーブルの下で、こぐまたちはガウガウーとうなっているのに、
お父さんにもお母さんには、聞こえないし見えません。

知らぬ間に、なぜか床が濡れていたり。
息子の椅子の下だけパンが落ちていたり。
どうして?と思うほど泥んこになっている息子。

我が家にも、まほうのこぐまがいるのかもしれません。
家の中で、まほうの木登りや魚とりをしているのかな。

ジョーもこぐまも、とても楽しそうに遊ぶ、躍動的な絵。

優しさに満ちている絵本です。

「またあした」と言って、眠りたくなります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人も子どもも釘付けの、しかけお話し絵本  投稿日:2009/09/30
ほしい
ほしい 作: 藤田浩子
絵: 小林 恭子

出版社: 一声社
上へ上へと長〜く伸びる、しかけ絵本です。

わがままな若様が欲しがるものは、なんでもすぐに手に入れる親バカ殿様。
若様が「あれがほしい!」と指さしたものをとるために、家来も大変です^^;
欲しいものをとるための手段が、どんどん伸びていくのです。
そのため、読み手は途中から椅子に乗って読まなければなりません。

そんなに高いところに、何を取りに行くのかな?
若様は、いったい何が ほし いのかな^^?

こんなに不思議な絵本と、アクティブな読み聞かせ。
大人も子どもも釘付けになります。

おはなしおばさん・藤田浩子さんのお話しを、小道具を作成することなく体験出来ます。
集団の読み聞かせに、ぜひチャレンジしてみてください!
読み手も楽しめる絵本です。

さらに、伸ばさずにたたんだまま手元でも、普通に絵本として読めるところが凄いです!
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない リアリティーに欠ける・・・  投稿日:2009/09/16
飛んでった家
飛んでった家 作: クロード・ロワ
絵: 高畠 那生
訳: 石津 ちひろ

出版社: 長崎出版
・・・家にもいろいろあります。
ちょっとさわれば飛んでいきそうな家。
なかなか飛んでいかなさそうな家。

「家は飛ぶもの」前提にお話が始まります。

フランスの立派な家に暮らす4人のきょうだい。
お父さんとお母さんのお留守に、「してはいけないこと」やり放題!
なんでもかんでも分解して、とにかくモノを大切にしないのです。
おじいさんや乳母のいうことなどききません。
(おじいさんはいつも眠っているのですが・・)
あまりの傍若無人さに、とうとう家中のモノたちが怒り出し、
懲らしめてやろうと相談を始めます。

じゅうたんが4人を乗せたまま、凄いスピードで空高く飛び回ります。
誰が、どうやって助けに来てくれるのでしょう?
それとも子ども達はこのままずっと、寒さと空腹に耐えなければならないのでしょうか。

ファンタジーというのか、冒険というのか。
家が飛んでも、時計がおしゃべりしてもいいのです。
しかし、全体的な設定がリアリティーに欠けている気がします。
リアリティーがあってこそ、空想の世界に浸れると思いますので、
なにかスッキリとしない気持ちで読みました。

子ども達を思いやり、特に赤ちゃんを心配するところはちょっとホッとしました。

タイトルも、「飛んでいった家」として欲しかったです。
子どもの本ですから、固有名詞以外は正しい日本語表記をして欲しいと思います。
少し辛い評価になりました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 美しい心が美しい表情を作る。  投稿日:2009/09/15
みにくいおひめさま
みにくいおひめさま 作: フィリス・マッギンリー
絵: 中川 宗弥
訳: 間崎 ルリ子

出版社: 瑞雲舎
りっぱなお城、優しい王様とお后様。
贅沢なおもちゃ、ドレス、ごちそう。
全てに恵まれて幸せいっぱいに思える、
おひめさまのエスメラルダ。

でも、唯一恵まれていないのは、うつくしくないこと。
鼻はツンと上を向き、
口は面白く無さそうにへの字、
瞳はいつも輝きがありませんでした。

賢い物知り博士のお医者様でも治せません。
もう「魔法」にすがるしかない・・・

しかし、この物語の素晴らしいところは、
魔女も魔法使いも出てこないところです。

おひめさまを「美しくします」と言うグッドウィット夫人は、
魔女などではありませんでした。
美しい5人の娘を育てる、貧しい普通のお母さんです。
ただ、グッドウィット夫人は大切なことを知っていたのです。
三月が三度過ぎる間、エスメラルダにそれを教えてくれました。

美しい心は、美しい表情となってその人の魅力を引き出すのです。

40年前に出版された本を復刊するにあたり、
出版技術が変わっているにもかかわらず美しい挿絵の色合いもそのままです!
一見地味なこの児童書を、こんなにも美しく復刊して下さった
瑞雲舎さんの企業理念が、きっと美しいのだと思います。

この良書が、たくさんの子ども達に読まれますように。
参考になりました。 6人

108件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

出版社おすすめ

  • えんそく
    えんそくの試し読みができます!
    えんそく
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    楽しみにしていた秋のいもほり遠足に行けなくなり落ち込むコンタに、友だちがしてくれたこととは……? 

全ページためしよみ
年齢別絵本セット