しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ゆきみずきさんの公開ページ

ゆきみずきさんのプロフィール

ママ・30代・宮崎県、女の子7歳

ゆきみずきさんの声

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う とってもおいしそう  投稿日:2015/06/24
まっかっか トマト
まっかっか トマト 作: いわさ ゆうこ
出版社: 童心社
本物とそっくりの絵で色彩もきれいです。
みずみずしい感じで 本当に美味しそう。
娘は嬉しそうにトマトを指さしたり、食べる真似をしたりしています。
トマトが赤くなる過程やトマトの種類などもたくさん載っているので、少し大きなお子さんでも楽しめると思います。
夏におすすめです!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 音階がきれい  投稿日:2015/05/29
ポカポカフレンズのおんがくえほん もっきん
ポカポカフレンズのおんがくえほん もっきん 絵: さつき ねむ
出版社: 三起商行(ミキハウス)
子供が小さい時から使っていました。
木琴としてバチで叩くのではなく、キーボードの導入として使っていたので指で弾いていました。
こういうタイプの絵本には珍しく、音階がきれいだったのでよく弾いてやっていました。
今ではキーボードのおもちゃで遊んでいますが、時々引っ張り出してきては自動演奏を鳴らして歌ったり手遊びしたりしています。

音がかえられたり、自動演奏があったり、自分で弾けたりといろいろな楽しみ方があるのでおすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 人を大事にする心  投稿日:2015/03/25
だいじょうぶだいじょうぶ
だいじょうぶだいじょうぶ 作・絵: いとう ひろし
出版社: 講談社
子供にはまだ早い感じがしますが、祖父母が大好きな娘は「じいちゃん、じいちゃん」と喜んでみています。
いつか別れはおとずれますが、それがいい形でおとずれてほしいと思っています。
その準備として、この本はとてもいいと思います。
読んでいる私もおじいちゃんっこだったので、ついつい泣いてしまいますが…。
それまもた、娘にはいい影響になるのではないかと思っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもの注目度抜群  投稿日:2015/03/23
いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
いっしょにあそぼ しましまぐるぐる 絵: かしわら あきお
出版社: 学研
娘がまだ0歳〜1歳の時に読んでいました。
3ヶ月くらいでも、この絵本をじっと見ていたのを覚えています。
色のコントラストがしっかりしているので、まだ目がしっかり見えていない赤ちゃんでも見やすく、興味をそそりやすいとのことです。
とにかく赤ちゃんにおすすめ!
繰り返し読んであげていたら、少しずつ反応がみられはじめますよ!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ふくろう大好な人へ  投稿日:2015/02/26
ぼくはフクロウを飼っている
ぼくはフクロウを飼っている 作: 下田 智美
出版社: 偕成社
私も娘もふくろう大好きなのですが、2歳の娘にはちょっと難しかったです。
でもいろいろなふくろうが載っているし、色もカラフルなのでみているだけでも面白いようで「ふくろうさん!!」と指差しながら娘も一緒に読んでいます。
ストーリーもかわいらしいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 優しい気持ちになれる絵本  投稿日:2015/02/26
あなたがだいすき
あなたがだいすき 作・絵: 鈴木 まもる
出版社: ポプラ社
娘に読んであげました。
読んでいると、自然に声が優しくなってきます。
子供も「えへへ」と照れたように笑いながら、静かに絵本をのぞきこんでいます。
動物に抱っこされたりしている子供の絵を指差して「これ、〇〇ちゃんね」と言っています。
お母さんが抱っこしているページが大好きで、「かあさん」「〇〇ちゃん」と指差して笑っています。
毎晩、寝る前のお気に入りです。

動物の絵なのが違和感がある、というレビューを見かけますが、私はあまり違和感ありません。まぁ、恐竜や巨大な鷲(?)の絵は少々驚きましたが。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とっても不思議  投稿日:2015/02/25
もこ もこもこ
もこ もこもこ 作: 谷川 俊太郎
絵: 元永 定正

出版社: 文研出版
シンプルな絵本なので「本当に喜ぶのかな?」と思っていました。
でも読んであげると大喜びで、何度も絵本をもってくるようになりました。
今では自分でページをめくりながら「もこっ」とか「ぱくっ」とか言っています。
お話しも、イラストも、色づかいも、すべてが不思議な絵本は、不思議と子供の心もガッツリつかむようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 美味しそう  投稿日:2015/02/16
いろいろたまご
いろいろたまご 作: 山岡 ひかる
出版社: くもん出版
卵を割るのを見るのが好きな娘は絵本で卵が割れるのも好きみたいで、よくこの絵本を持ってきます。
特に卵かけご飯のページでは「食べたいなー」といいながらにこにこ。
擬音がいっぱいなので、小さなお子さんの大好きな絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 音を楽しむ絵本  投稿日:2015/02/16
がちゃがちゃ どんどん
がちゃがちゃ どんどん 作: 元永 定正
出版社: 福音館書店
単純な絵ですが、擬音にぴったりの絵なのでわかりやすいです。
色使いもメリハリがあり、小さなお子さんでも見やすいと思います。
擬音だけの絵本なので、子供も復唱したり、覚えてしまうと一緒に「ぴー」って言ったりと楽しみながら見ています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 優しくあたたか  投稿日:2014/07/04
あめふりさんぽ
あめふりさんぽ 作: えがしら みちこ
出版社: 講談社
1歳9か月の娘に。
まだ早いかなぁとは思ったのですが、娘の大好きな「傘」「かたつむり」「あじさい」「かえる」「花」「虹」など、色鮮やかに優しい絵と話で描かれていて大喜びでした。
女の子が本当にかわいい!!
梅雨がきらきらと輝いてみえる絵本です。
参考になりました。 2人

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット