虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

Ponderingさんの公開ページ

Ponderingさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、男の子4歳

Ponderingさんの声

19件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う あ!と喜ぶ  投稿日:2016/02/16
きんぎょがにげた
きんぎょがにげた 作: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
金魚を見つけるのですが、始めはとても見つけやすく、話が進むにつれて絵が複雑になっていきます。

息子は目をキョロキョロさせながら一生懸命金魚を探していました。
その表情がなんとも言えず(*´▽`*)

まだ見つけることはてきませんが、慣れてきたら

僕は見つけられるんだという、できる体験になってとてもいいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 目を引く  投稿日:2016/02/16
あかい ふうせん
あかい ふうせん 作・絵: イエラ・マリ
出版社: ほるぷ出版
ぱっと目を引く赤い風船。

我が子は本に興味がないのですが、この本は読みたい!と私のところへ持ってきます。

文字のない絵本なので、読む度に色々な読み聞かせができて、ママも頭を使うかな?(笑)

それが子供にとってはとてもいいのでしょうね。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う こんにちは  投稿日:2016/02/16
たまごのあかちゃん
たまごのあかちゃん 作: 神沢 利子
絵: 柳生 弦一郎

出版社: 福音館書店
我が子はあまり本に興味がないのですが、これは、

○○のあかちゃん、こんにちは

というフレーズが気に入って、おじぎをしながら喜んで読んでいます。

たまごに一緒に声をかけながら読んでいけるので、とても楽しいですよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本物のような音  投稿日:2016/02/15
せいかつ どんなおと?
せいかつ どんなおと? 絵: 凹工房
出版社: ポプラ社
まだまだ内容は理解できない月齢の赤ちゃんに買いました。

ボタンを押すのが好きであそんでいますが、近所にはない踏切の音などに慣れるのにはいいのかなと思います。

もう少し大きくなったらまねをしながら声に出して読みたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 持ち歩きにぴったり  投稿日:2016/02/15
タン!タタン!タンバリン
タン!タタン!タンバリン 絵: 吉沢 早織 たかい よしかず はたの まちこ
出版社: ポプラ社
読むというより、音の出るオモチャです。

6曲も入っていますし、真ん中のボタンでタンバリンのおとがするのでリズムにあわせて遊べます。

お出かけの時にはいつも持ち歩いていました。
おどるぽんぽこりんは結構長いのでいいですよー!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う コミュニケーションを取りながら  投稿日:2016/02/13
ノンタンもぐもぐもぐ
ノンタンもぐもぐもぐ 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
可愛い動物とわかりやすい食べ物の絵が0歳でもわかりやすいみたいで、指をさしながら喜んでいました。

文章が短いので、ママと子どもで会話しながら読み進めることができ、とてもたのしいです。

言葉を覚えてくる時期にはもってこいだと思います。
少し大きくなったら物足りなくなるのかな?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 定番  投稿日:2016/02/13
いないいないばああそび
いないいないばああそび 作・絵: きむら ゆういち
出版社: 偕成社
初めは全く反応なしだった我が子。
10ヶ月くらいから一番お気に入りの本になりました。

文章が短く、絵がおおきくてわかりやすく、子供が自分でめくりやすいようになっています。

私は後からお出かけ版があることを知りました。
どんなときでも読むとご機嫌になるので、お出かけ版も欲しいなーと検討中です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 内緒の友達  投稿日:2016/02/13
えんぴつはかせ
えんぴつはかせ 作・絵: 山岡 ひかる
出版社: 偕成社
テレビを見ながらの宿題。はかどるはずもないのに、何故か問題が解けている?!しかも問題の後には変なくるくるマークがついている・・・。
このマークがえんぴつはかせが持ち主より早く問題を解いて「勝ったしるし」
悔しくなった主人公ははかせに負けないように勉強を頑張ります。

えんぴつはかせにいろいろ教えてあげたい主人公はたくさん勉強をしていくけれど、えんぴつはどんどん小さくなっていって・・・。

山岡ひかるさんのえんぴつはかせ。この本に出会って山岡ひかるさんのファンになり、いろんな本を読みました。その中でも一番の本です。

二年生への読み聞かせの本に選びました。一年生へも読みましたが、内容量が多め&出てくる問題が二年生くらいのほうが理解できていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ファーストブック  投稿日:2016/02/13
だるまさんが
だるまさんが 作: かがくい ひろし
出版社: ブロンズ新社
児童館で読んでもらって喜んでいたので購入しました。

3ヵ月の赤ちゃんでも、音が面白いのか

ぷっ

のところでケラケラ笑いました。

1歳になった今はどてっとまねをしたり、笑ったり、身体をゆらしたり、大好きな一冊です。

シリーズで買いましたが、これが一番わかりやすいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おぅ、リアル  投稿日:2016/02/13
だるまさんの
だるまさんの 作: かがくい ひろし
出版社: ブロンズ新社
だるまさんの・・・・次は何?と言いながら読んでいます。

まだ話さない子供ですが、これで体の部分を覚えてくれたら嬉しいです。

それにしても、手!目!毛!

インパクトのあるイラストで初めはおどろきました(笑)
そのくらいが赤ちゃんにとってはいいのでしょうね(^^)
参考になりました。 0人

19件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット