しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

MINIDXさんの公開ページ

MINIDXさんのプロフィール

ママ・20代・三重県、女1歳

自己紹介
小さい頃に、母がたくさんの絵本を読み聞かせしてくれたおかげで本の楽しさを知り、本が大好きで大好きで自分自身が育ちました。

小学生の頃は月に軽く50冊は読んでる子供で、親にはいつまで本読んでるの?と怒られてましたねー。

でも、おかげで高校生までずっと勉強しなくても国語は満点◎の成績がとれました。

そんな私もママになり、娘にもたくさん絵本を読んであげたいと思っています。
毎日、必ず絵本の時間を作るようにして、娘と楽しい時間を過ごしています

MINIDXさんの声

13件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい トイレトレーニング  投稿日:2008/12/21
だれがトイレでうんちをするの?
だれがトイレでうんちをするの? 作: フレッド・エールリヒ
絵: エミリー・ボーラム
訳: 石原良純

出版社: 学研
ぶたさんはトイレでウンチをするの?
うちの子供はいつも笑いながら「するよー」とおどけています。

なかなかトイレでおしっこもウンチもできない娘ですが、この本は大好きのようです。

トイレトレーニングがなかなか進まない時に
とりあえず絵本でイメージトレーニング!
それにはオススメです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい イヤイヤ期になる前に  投稿日:2008/04/27
いやだいやだ
いやだいやだ 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
2歳のイヤイヤ期に入る前に買おうって決めてました。

最近イヤーを覚え初めた娘が、家の中で「イヤー」って言い始めたら、必ずこの絵本を取り出して読み聞かせるようにしています。

外に出ているときも、「あれ?イヤイヤ言うとどうなるんだった?」っていうと、とりあえず「イヤー」って言わなくなります。

ともかくせなけいこさんの作品は子育てママには嬉しい作品ばかりで、本当に素晴らしいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大ウケです。  投稿日:2008/02/19
がちゃがちゃ どんどん
がちゃがちゃ どんどん 作: 元永 定正
出版社: 福音館書店
1歳半の娘に買いました。買い物から帰ってきて、泣いてぐずっているところに初めて本を開いて読んであげたところ、泣いていたのがうそのように1ページ目から笑い始め、『ちん』のところでは大ウケです。手を使って絵本をたたいたり、なぞったりして読んであげるとウケも倍増です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分のこどもの頃とおんなじ!!  投稿日:2008/02/19
おおきなかぶ
おおきなかぶ 作: A・トルストイ
絵: 佐藤 忠良
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
自分がこどものころに『うんとこしょどっこいしょ』って一緒に言っていたのをおもいだして1歳7ヶ月の娘に購入しました。年齢的に早いかなーとは重いましたが、ストーリーが単純でリズミカルな音が入るので1歳半でも十分楽しめます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ネンネの苦手な子にお勧め。  投稿日:2008/02/19
ねないこ だれだ
ねないこ だれだ 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
本当に赤ちゃんの頃から寝つきも悪いわ、夜も何度もおきるわで、寝るとゆうことが苦手な娘に買いました。1歳5ヶ月で買いましたが、おばけ効果てき面。買ってから2ヶ月ほぼ毎日寝る前の絵本になりました。今は、絵本なしでも『時計がなります。だよ』とゆうだけでお布団のところに走っていきます。寝つきの悪い日や、夜中に起きて泣いたときに、おばけがくるよーといえばおとなしくなります。うちの子育てには一役も二役もかってくれるすばらしい絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 最初の絵本  投稿日:2008/02/19
ピヨピヨだあれ?
ピヨピヨだあれ? 作・絵: いりやま さとし
出版社: 学研
娘に初めて買ってあげた絵本です。
最後のページに鏡がついていてこれはだあれ?で赤ちゃん自信が映るようになっていて、鏡の下に自分の子供の名前を書けるようになっています。3ヶ月くらいから鏡には興味を示すようになりますし、最初の絵本に選んで正解でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分の持ち物を指差します。  投稿日:2008/02/19
わたしの
わたしの 作: 三浦 太郎
出版社: こぐま社
1歳半の娘はこの本を読むと必ず、自分のイスや歯ブラシ、靴を持ってきたり指差したりして教えてくれます。靴のページでは足を当ててみたりしています。するとおかあさんの靴の絵が子供の足にぴったり合ってしまうのでわたしのどれかな?というと子供の靴を指しますが、あーちゃんのどれかな?とゆうとおかあさんの靴を指し、笑ってしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 8ヶ月でも  投稿日:2008/02/19
きんぎょがにげた
きんぎょがにげた 作: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
娘が9ヶ月のときに買いました。9ヶ月でも、早すぎることなんてありませんでした。最初は何度も金魚の場所を教えてあげたけど、1歳になる前には全ページの金魚の場所を覚えてしまい、あの短い文を読む間も与えてくれずに自分で指差してはページをめくり、とゆう状態。1歳半の今もおきにいりの1冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う すいすいおよぐよ。  投稿日:2008/02/19
うたって、ペネロペ
うたって、ペネロペ 作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: ひがし かずこ

出版社: 岩崎書店
うたの節を適当につけてうたってますが1歳半の娘にはウケてます。すいすいおよぐよの所では平泳ぎの振り付けもして二人で楽しんでいます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 動物の大きさが教えれます。  投稿日:2008/02/19
うしろにいるのだあれ
うしろにいるのだあれ 作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ
出版社: 幻冬舎
最後の終わり方が素敵です。みんな近くにいたんだね。で、にっこり笑える絵本です。そのページでは出てきた動物すべてがかかれているので、犬よりぞうが大きいとかきりんは背が高いとか、鳥は上のほうを飛んでるとかそういったことがほかの動物がでてくる絵本よりわかりやすいですね。
参考になりました。 0人

13件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット