おんせんたまご おんせんたまご おんせんたまごの試し読みができます!
文: 中尾 昌稔 絵: 河本徹朗  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
ふう、あったかい。ああ、いいきぶん。のんびり、ゆったり、おふろだーいすき!

さるるさんの公開ページ

さるるさんのプロフィール

ママ・30代・、男8歳 男3歳

さるるさんの声

46件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 今にぴったり  投稿日:2011/06/14
ぴっちゃん ぽっちゃん
ぴっちゃん ぽっちゃん 作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ
出版社: 大日本図書
今の時期にぴったりの絵本です。

「ぴっちゃん ぽっちゃん」と何度も繰り返されるので、子供の
一緒に「ぴっちゃん ぽっちゃん だね」といいます。

かえる、とり、かたつむりなどと
“みんなで おうたを うたいましょう”と言うところでも、
子供が「けろけろ ちゅんちゅん・・・」と歌ってとっても楽しそうでした。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う へんなタクシー  投稿日:2011/06/14
ネコのタクシー
ネコのタクシー 作: 南部 和也
絵: さとう あや

出版社: 福音館書店
小学生の息子が一人で読める字の大きい挿絵もかわいい本です。

タクシー運転手のおじさんの飼い猫になって、自分もタクシーの運転手になって、働く話です。

エンジンもない自分の脚で走るトムのタクシー。
表紙絵を良く見るとちゃんとトムの足が車のそこに見えてますよ。

息子はこの本が好きになり、何度も読んで楽しんでます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ごしごし しゅっしゅだね  投稿日:2011/06/14
もりのおふろ
もりのおふろ 作・絵: 西村 敏雄
出版社: 福音館書店
お風呂で ライオンが体を洗っていると、いろいろな動物たちと
なかよく体を洗いあっている姿がなんとも、幸せそうな笑顔です。

息子もお風呂が大好きで、お風呂ごっこもよくするので
「ライオンさんたちもお風呂が好きなんだね」と言ってました。

“ごしごし しゅっしゅ ごしごし しゅっしゅ”

この文章のとき子供が読んでくれます。
なので、実際のお風呂でも「ごしごし しゅっしゅ」と今まで以上に
お風呂が大好きになって、体を洗うのが上手になったようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 川って・・  投稿日:2011/06/14
かわ
かわ 作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
絵本の講座である先生からお勧めされて早速、購入しました。


山の奥地から海までの川の流れの絵本です。

田舎の風景から都会の風景まで、地図帳を見る間隔で息子はじっと見ています。

絵本の中の建物などの地図記号が表紙・裏表紙に地図上に書かれているのでそれを見比べながら、絵本を楽しむことができるので
小学生でも十分に楽しめる内容です。

ちなみに、表紙ができるまでの裏話も聞きました。

初めはは、表紙に子供の絵は編集者から「いらないのでは??」と言われたのですが、加古里子さんは「どうしても」と言ったそうです。

なぜかと言うと・・。

それは、この子供は娘さんたち二人なのだとか。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい つくってほしいな!!  投稿日:2011/06/14
おべんとうなあに?
おべんとうなあに? 作: 山脇 恭
絵: 末崎 茂樹

出版社: 偕成社
動物たちのピクニック。

いっぱい遊んで、さあ!お弁当の時間。

一人ひとりお弁当の中身の発表会☆
息子は「これいいね。」「つくってみようよ!」と言ってました。

一番の息子のお勧めは・・・
ぞうくんのお弁当。

さあ、どんなお弁当か見てください。

キャラ弁はめったに作らないのですが、
このお弁当なら簡単に作れそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 優しい気持ちになります  投稿日:2011/06/14
にじいろのしまうま
にじいろのしまうま 作: こやま峰子
絵: やなせ たかし

出版社: 金の星社
にじから生まれた、にじいろのしまうま。

絵があの やなせ たかし さんです。
なので、子供のすんなり絵本の世界に入り込めます。

にじいろのしまうまが、仲良くなった動物たちの困っている姿を見て
自分の色をひとつずつ使って森を元通りにするというお話です。

最後に、いろいろがなくなってしまったしまうま。

森の動物たちからお礼に「なないろの首飾り」と「歌」をプレゼントされました。

助けてもらったり、うれしいことをしてもらった
ありがとうの感謝の気持ちを持つことの大切さを教えてもらえる絵本です。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい これこれ!!  投稿日:2011/06/14
宮沢賢治の絵本 注文の多い料理店
宮沢賢治の絵本 注文の多い料理店 作: 宮沢 賢治
絵: スズキ コージ

出版社: 三起商行(ミキハウス)
いろいろな絵の「注文の多い料理店」の絵本を知っていますが、
このスズキ コージさんの絵はこれこそ「注文の多い料理店」だと思い、購入しました。

暗闇の中での森の様子や、若い紳士の表情がいいです。
 
本当に、絵本の内容と絵がぴったりです。

でも、子供にはちょっと怖すぎるよです。

漢字混ざりですので、小学生中学年向けになるのかなぁと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい へびなの??  投稿日:2011/06/14
ちか100かいだてのいえ
ちか100かいだてのいえ 作: いわい としお
出版社: 偕成社
地下100階を目指してどんどん降りていく途中に
様々な住人の部屋を通過していくお話です。

息子は、どうしても「みみず」を「へび」と言いはってます。
実際にみみずを庭で探して見せましたが・・・。

へびは土の中にで生活しませんよね??

息子は、順番に数を数えることにはまってしまいました。
あと、各階の表示を探すのも楽しいようです。
「B55」を探すのは息子にとって大変だったようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 良く見るとさ!  投稿日:2011/06/14
100かいだてのいえ
100かいだてのいえ 作: いわい としお
出版社: 偕成社
息子が幼稚園から借りてきたのを見て、私が欲しくなって購入しました。

まず、たてに開いていく絵本は我が家にとって初の絵本でした。

絵がとってもやさしい色で、こんなにいろいろな住人の100部屋が
あるのですが、目が疲れません。

一番お気に入りの部屋が「へびの部屋」

階段もあるのですが、にょろにょろと進むことが出来る
パイプの通路。
息子は、「トチくんもこのパイプを通ったのかな??」
と興味津々。
「へびくんが、おしりを押しってくれたかも!」と創造を膨らませてました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 懐かしい!?  投稿日:2011/06/14
あいうえおみせ
あいうえおみせ 作・絵: 安野 光雅
出版社: 福音館書店
むかしながらのお店を「あいうえお順」で紹介しています。

今は、ホームセンターなどで一括して販売されてますが、昔は
個々でお店がありました。

なので、「ねじや」なんてものもあります。

最後のページに 様々なお店で売っていたものが!!

どのお店ものか一致させるのに一苦労します。
参考になりました。 1人

46件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット