しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

dic33700さんの公開ページ

dic33700さんのプロフィール

ママ・40代・東京都、男の子5歳 男の子3歳

dic33700さんの声

70件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 40年のベストセラー  投稿日:2019/08/02
キャベツくん
キャベツくん 作・絵: 長 新太
出版社: 文研出版
オチでついつい大人も笑ってしまう、あたたまるお話です。
ぶたやまさんがキャベツくんの話相手。めくるたびに空に面白いカベツになっている姿が。ブキャ!いいながら一体どうなるんだろうと子どもはとても楽しそうに読んでいました。カタカナが結構出てきたので1行ずつ順番読み。他のキャベツくんも読みたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 長男大好きな迷路絵本  投稿日:2019/08/01
コんガらガっちおそるおそるすすめ!の本
コんガらガっちおそるおそるすすめ!の本 作: 佐藤 雅彦 ユーフラテス
絵: 佐藤 雅彦 ユーフラテス

出版社: 小学館
幼稚園で読み聞かせしてほしい絵本を自宅から持って行っていいという話になったとき選んでいた絵本です。1年前位から読んでいます。迷路じかけになっていて子どもの好きなおやつやおばけ、色んな音が聞こえて次はどちらに進もうかな?道も覚えてしまってこちらなら安全だよ〜と楽しく読んでいます。ようちえんの付録、物語に入っていたので思い出しレビューしました。シリーズ化しているので他の本も読んでみたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 長男が赤ちゃんのときにいっぱい読んだ絵本  投稿日:2019/08/01
ととけっこう よがあけた
ととけっこう よがあけた 案: こばやし えみこ
絵: ましま せつこ

出版社: こぐま社
地域のブックスタートで頂いた絵本。
わらべうたなのでとてもリズムが良く、読んでいると心地がいいです。にわとりが朝泣くなんて経験、今の子にはなかなかできず(長男は現在フィリピンの人とオンライン中に泣くのだと体験済)、朝の訪れというのは分からないかもしれません。
絵が優しいタッチで色々な動物をこっこさんが起こしに行きます。
最後のまめでっぽうが寝てるのがまた男の子ママでしたらなおさら可愛いです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おとうさんじまんの皆、大好きなんだね  投稿日:2019/07/31
おとうさんだいすき
おとうさんだいすき 作・絵: 司 修
出版社: 文研出版
4歳の長男に読ませましたが、ちょっと分からなかったようす。
地球を動かすって転がすってどういうことなんだろうね。
自転車に乗りながらみんなおしゃべり。
今日の話題はおとうさんについてです。
うんてんできるものはどんどん大きくなっていって、くまくんのおとうさんは何ができるのかな?こどもの世界って面白いですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 5歳の私はいったいだれ?  投稿日:2019/07/31
わたし
わたし 文: 谷川 俊太郎
絵: 長 新太

出版社: 福音館書店
自我がしっかりしてくるころ。
だいすきなバッグを持っておでかけかな?
いろいろな表現のしかたがありますね。
もでる?まいご?びょういんにいくところ?
沢山の人と交流しておはなしするのがたのしいころ。
きょうは何てよばれるのかな?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 鳴き声最後はどうなっちゃう?  投稿日:2019/07/27
とりかえっこ
とりかえっこ 作: さとう わきこ
絵: 二俣 英五郎

出版社: ポプラ社
あかちゃんの大好きなひよこのおはなし。
おさんぽをしているといろんな動物さんたちに会います。
どんなお話をするのかな?
途中であれ?どんななきごえだったっけ。
おはなしがよくできていて、なきごえの交換なんて発想しないなと。
こちらもベストセラーなんですね。
最後の鳴き声が面白いです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 沢山時間がある夏休み、何しようかな  投稿日:2019/07/27
なつの あさ
なつの あさ 作・絵: 谷内 こうた
出版社: 至光社
なつのあさはみんなしろい
なんて素敵な表現なんでしょう。早起きしてまだなにもない感じ。
おおきいキャンバスにどんな絵を描こうかな。
電車好きの男の子にはロマンある絵本ですね。
帽子で顔の表情は分かりませんがきっと最高の顔をしているのでしょう。
50年前のベストセラー。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子ども目線で共感できる本  投稿日:2019/07/25
はじめてのおつかい
はじめてのおつかい 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
絵に生活感があって素敵な林明子先生の本。
いつつのみいちゃんはままにおつかいを頼まれます。
ママと一緒だと平気な道も一人だと心細いもの。色々なハプニングが訪れますが、さすがおねえちゃん。何とか乗り越えられました。
長男が共感していたのは、”うんと おおきな こえを だそうと
おもったのに、ちいさな こえしか でませんでした。”
非常に声の大きい息子ですが恥じらいもでてきてるようです。
公文のすいせん図書には入っていませんでしたが、名作また読みたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う うみにいってみたくなる絵本  投稿日:2019/07/24
うみ だーいすき
うみ だーいすき 作・絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社
物心ついてから行っていない海。
うみとはいったいどんなところなんだろう。子どもの想像力を掻き立てます。
つめたくてしょっぱくて波があって広くて。そしてうみだけでなく、すなはまでもたくさん遊べます。
長男はお団子をじゃがいもと勘違いし、微笑ましい。
貝殻拾いも楽しいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 長男、次男ともに大好きな絵本  投稿日:2019/07/23
くだもの
くだもの 作: 平山 和子
出版社: 福音館書店
うちのこどもたちは(特に長男)くだものがだいすきなのでたくさん読んできた絵本です。次男の発語の練習にもなっていて今でもたくさん読んでいます。最後がばななっていうのがいいですよね。くりはくだものなの?と突っ込みを入れる長男です。
参考になりました。 0人

70件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 次の10件 最後のページ

『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット