へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

ナイナイ77さんの公開ページ

ナイナイ77さんのプロフィール

その他の方・40代・

ナイナイ77さんの声

24件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい とにかく楽しい!  投稿日:2010/07/22
かようびのよる
かようびのよる 作・絵: デヴィッド・ウィーズナー
訳: 当麻 ゆか

出版社: 徳間書店
表紙の絵は色が綺麗だし、
期待してページをめくったら・・・
びっくりするくらい期待を裏切ってくれました!
進むうちにどんどん絵本の世界にひきこまれ、
ページをめくるのが楽しくなってゆきます。
絵本自体、全てが演出されていて、
文句なしの一冊でした!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心にしみます  投稿日:2009/12/01
つみきのいえ
つみきのいえ 文: 平田 研也
絵: 加藤 久仁生

出版社: 白泉社
読み進めていくごとに、おじいさんの背景が見えてきて、温かく語りかけてくるような感じです。
おじいさんとおばあさん、そして周りの家族との優しい時間が、おじいさんの幸せを感じさせてくれます。
ひとりでも優しく生きられるのは、そんな大切な時間があるから…。
将来を温かく生きるために、今を思いを込めて生きる大切さを実感しました。
大切な人に贈りたくなる絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 無条件に泣けました。。。  投稿日:2009/10/17
ちいさなあなたへ
ちいさなあなたへ 作: アリスン・マギー
絵: ピーター・レイノルズ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 主婦の友社
魂にしみこむような感じで、自然と涙がこぼれました。
静かで優しい作品です。

文はたんたんと状況を語っているのに、
自然と感情移入できました。
自分と重ねたり、母のことを思ったり・・・
色んな感情が出てきて、それが涙で流れて、
優しい気持ちになれます。

お子さんと気持ちを共有するのもいいですが、
心が折れそうになった時に読みたいと思える絵本でした。

図書館で予約して、やっと読めた絵本ですが、
自分のために購入しようと思いました。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う こびとを探したくなります  投稿日:2009/09/28
みんなのこびと
みんなのこびと 作・絵: なばたとしたか
出版社: ロクリン社
前作をまだ読んでないのですが、インパクトのある絵と、
ユニークなこびとたちに、家族で共有して笑いました!
どうしたらこんなに面白いこびとを、
考えつくのだろうと、不思議でなりません。

本当に近くにこびとがいるかもしれない・・・
と、探したくなります。

もっと、なばたとしたかさんの絵本を、
読みたくなりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵とストーリーがぴったり  投稿日:2009/09/08
宮沢賢治の絵本 注文の多い料理店
宮沢賢治の絵本 注文の多い料理店 作: 宮沢 賢治
絵: スズキ コージ

出版社: 三起商行(ミキハウス)
一目ぼれして思わず購入してしまったのですが、
スズキコージさんの宮沢賢治の世界観がピッタリで、
大満足の絵本です。
読み進めていくごとに、ハラハラドキドキ、
怖いけれど楽しく読めました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大人になっても・・・  投稿日:2009/08/26
スイミー 小さなかしこいさかなのはなし
スイミー 小さなかしこいさかなのはなし 作: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
小学生の低学年くらいだったと思いますが、
国語の教科書にのっていた作品で、
懐かしさでまた読み直してみました。
子供のころ、きれいな絵で、ちいさな魚が知恵と勇気を持って、
大きな魚に挑む姿に、心打たれたのを思い出しました。

その頃のイメージが崩れずに、新たに思い直す作品でした。
失敗から学ぶこと、
学んだ知恵から勇気を持って立ち向かうこと、
個性を認めて活かすこと、
大人になってもスイミーから教わったように感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 母親の目線で・・・  投稿日:2009/08/26
はじめてのおつかい
はじめてのおつかい 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
ついついみっちゃんの愛らしさに目を奪われてしまいますが、
とってもお母さんの愛情が伝わってくる作品です。
みっちゃんの買い物をするまでの目線が、
お母さん目線で、ハラハラドキドキしっぱなしです。
お買い物をして帰ってきたとき、
お母さんは待ち切れずに走って抱きしめたかったはず・・・。
でもお母さんはじっと待っている・・・、
思わずみっちゃんを応援したくなる作品でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 夢を追うこと  投稿日:2009/08/26
ぞうのオリバー
ぞうのオリバー 作・絵: シド・ホフ
訳: 三原 泉

出版社: 偕成社
ぞうのオリバーは、本当にめげない子。
どこに行っても自分を活かすことができず、
それでも自分の居場所を探し続けるオリバーに、
関心してしまいます。
夢をかなえるにはまず、いろんな必要事項があって、
それをこなさないと見えてこないんだよ、
だから簡単にあきらめないで・・・
と言ってくれているような作品です。
めげそうな時に読むと、元気が出てきそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 世界に目をむける・・・  投稿日:2009/08/26
ぼくがラーメンたべてるとき
ぼくがラーメンたべてるとき 作・絵: 長谷川 義史
出版社: 教育画劇
最初、タイトルからは想像もつかない作品です。
今この瞬間が大切に丁寧に描かれています。
ぼくがラーメンをたべて、おいしいと思った瞬間、
地球のどこかでは幸せな人も不幸な人もいる・・・
明日お友達になる子が、悲しんでいるかもしれない・・・
色んなことを想像させてくれる絵本です。
思わず、今、この瞬間に、感謝したくなってしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 冒険は続く・・・  投稿日:2009/05/23
チリとチリリ
チリとチリリ 作・絵: どい かや
出版社: アリス館
自転車を走らせ、途中で喫茶店やホテルでちょうどいいものを選び出すところや、
お茶やサンドイッチのメニューを選択するところなど、人生論のようにも感じました。
だからと言って難しいことなどなく、すんなりと読めてしまう・・・。

最後、お家に帰るのかと思いきや、ホテルにお泊り。
まるで明日もチリとチリリの冒険が続くようです・・・。

そのホテルで、色んな動物たちと同じ音楽会を共有するところなど、社会性も教えてくれる・・・
子供だけでなく、大人も色んな思いや考えをもてる絵本だと思いました。
何より絵がほんわか、かわいいです。
参考になりました。 0人

24件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

>絵本エイド ―こころにひかりを―

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット