もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

かおしおさんの公開ページ

かおしおさんのプロフィール

せんせい・30代・静岡県、11歳

かおしおさんの声

24件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う すご〜い  投稿日:2010/05/21
いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
いっしょにあそぼ しましまぐるぐる 絵: かしわら あきお
出版社: 学研
ホントに原色を見事に使った絵本

でも赤ちゃんを惹きつけるにはもってこいですね

ジィ〜ッと見ています

しましま と ぐるぐる だけなのに ね
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う シンプル  投稿日:2009/07/13
紙芝居 おおきくおおきくおおきくなあれ
紙芝居 おおきくおおきくおおきくなあれ 作・絵: まつい のりこ
出版社: 童心社
とってもシンプルな絵だし、内容なのに・・・

なぁんで子ども達はあんなに大喜びするんでしょう・・・

ほんとに「自分が大きくしたんだ!」とでもいいたげな子ども達の
表情

子ども達を見ているほうが面白いですよ〜
参考になりました。 2人

なかなかよいと思う ワクワク  投稿日:2009/07/13
おうまさんしてー!
おうまさんしてー! 作・絵: 三浦 太郎
出版社: こぐま社
だんだんと大きな動物に「おうまさん」してもらう

いいなぁ わたしもゾウさんに乗りたい・・・(笑)

最後はみんな大喜びです

あんな大きな動物に乗れたら・・・

夢があって、ワクワクさせてくれる絵本です
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 等身大のこぐまちゃん  投稿日:2009/07/03
こぐまちゃん ありがとう
こぐまちゃん ありがとう 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
保育園で読んでいます

『生活絵本』として子ども達と等身大のこぐまちゃん。
子ども達が、こぐまちゃんがする事を自分の事のように捉えているのがわかります。

最初はお手伝いしたり、音楽隊と踊ったり、子ども達も一緒になって歌ったり楽しそう。

でも途中から表情も一変・・・

最後までシ〜ンとしたままです(笑)

子ども達を釘付けにして離さない、こぐまちゃん。


こぐまちゃんは、子ども達そのものなんでしょうね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 王道ですよね  投稿日:2009/07/03
はらぺこあおむし
はらぺこあおむし 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
くやしいけど、王道ですよね(笑)

私はCDと一緒に見せます。

すごいですよ!
『げっつよぉ〜びぃ〜 げっつよぉ〜びぃ〜 ♪』と一回聞いただけで覚えて歌います。

いつもは集中力の無い子もしっかり座って聞いてます。

最後のちょうちょになったシーンでは、なぜかみんな大歓声で大騒ぎになるのが定番です。


一週間を覚えるのにもいいですよ
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どうぞの連鎖  投稿日:2009/07/03
どうぞのいす
どうぞのいす 作: 香山 美子
絵: 柿本 幸造

出版社: ひさかたチャイルド
とても暖かい物語

『どうぞ』の連鎖が続きます

ひとりでも自己中がいたら成り立たない。

今の時代では、どこまで連鎖が続くのでしょう。

柿本さんの絵がとっても可愛らしくて、大好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい そうそう  投稿日:2009/05/13
おかあさんになるってどんなこと
おかあさんになるってどんなこと 作: 内田 麟太郎
絵: 中村 悦子

出版社: PHP研究所
お母さんになるって・・・?

自分でも考えてみました。

一人じゃない事、愛する事、家族が増える事・・・

でも、この2匹のウサギちゃんたちが、見事にそれを言い当てています。

読んでて、「そうそう」と思えてくるシーンがいくつも。

是非、妊婦さん、ママに読んでもらいたい!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 怖いのにワクワク  投稿日:2009/05/06
ねないこ だれだ
ねないこ だれだ 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
せなけいこさんの絵本は本当に独特のワールドが広がります。
保育園の子どもに読むのですが、みんなコワイけど、ワクワク・・・
なぜか、寝る前に「読んで〜」とせがまれます。
寝るのに怖くないのかな(笑)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不思議・・・  投稿日:2009/05/06
きんぎょがにげた
きんぎょがにげた 作: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
金魚が逃げた!!
さて、どこへ?

ページをめくるごとに、どこかに隠れてる金魚。
子どもたちはすっかり覚えて、ページをめくると同時に「ココーッ!」と指差します。

大人から見ると大して面白くないような気がするんですけど、子どもは大好きですね〜
発見できる喜びなのかな?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お母さんの発想に脱帽!  投稿日:2009/05/06
ねずみのでんしゃ
ねずみのでんしゃ 作: 山下 明生
絵: いわむら かずお

出版社: ひさかたチャイルド
学校に行きたがらない7つ子達を、どうやって連れて行ったらいいものか・・・

お母さんの作戦は見事!!です。
子どもたちの心理をずばり見抜き、無理強いしないで、でも確実に学校に行かせる。
すばらしいの一言ですね〜

保育園でも「ちゅ〜ちゅ〜ご〜ご〜 ちゅ〜ご〜ご〜」と電車になって移動してますよ♪
参考になりました。 0人

24件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

>絵本エイド ―こころにひかりを―

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット