話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

TOP500

きゃほ

ママ・40代・東京都、女の子9歳

  • Line

きゃほさんの声

132件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う スイートポテトが食べたくなる!  投稿日:2022/04/26
ぎょうれつのできるレストラン
ぎょうれつのできるレストラン 作・絵: ふくざわ ゆみこ
出版社: 教育画劇
子供ならきっと大好きな一冊。
友情や勇気、仲間、ステキ要素がいっぱい。
フクロウとモグラが主人公というちょっと変わった珍しさもあり。

絵のタッチが柔らかく、それでいてとてもリアル。
本のストーリーもいいけど、何より食べ物の絵がすごく魅力的です。
本から美味しそうな香りが漂ってきそう。
これを読んだら、スイートポテトが食べたくなること、間違いなし!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 友情物語。  投稿日:2022/04/26
講談社アニメ絵本 ルドルフとイッパイアッテナ
講談社アニメ絵本 ルドルフとイッパイアッテナ 原作: 斉藤 洋
文・構成: 小宮山 みのり

出版社: 講談社
トラックで遠い町へやってきた子猫のルドルフ。
その町で出会ったボス猫イッパイアッテナ。
二人の友情ストーリー。

もう一方の赤い表紙のルドルフは、字ばかりで、
幼稚園生の娘には難易度が高く、
こちらを購入してみました。
内容はより子供よりになっていて、
映画のシーンが各ページにあり、
話を聞きながら絵を楽しめるので、
より低年齢向きです。

上っ面の友情じゃない、
相手のことを想って行動をする、
そんな本物の友情や優しさ、強さが描かれていて、
とても心を打たれます。
私も娘も大好きな一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う まほう大好き小学1年生。  投稿日:2022/04/26
まほうのほうせきばこ
まほうのほうせきばこ 作: 吉富多美
絵: 小泉晃子

出版社: 金の星社
本屋へ行くと、小学校低学年のコーナーには、
「まほう」と名のつく本がいっぱい!
そんな色んな魔法の中で、
一番最初に読んだのはこちらでした。

今までファンタジーの絵本の世界にどっぷり浸かっていた娘からすると、
近親者の死や悲しみを抱えた登場人物がいる、
というのはなかなか内容的に重いようでしたが、
それより何よりこの「まほうのほうせきばこ」のアイデアがとても気に入ったようでした。

想像通り、本を読み終わると、
「まま、箱なーい?」と娘は聞いてきました。
自分の色んな気持ちを詰め込んでね。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 我が家は一人っ子。  投稿日:2022/04/26
おねえちゃんって、きょうもやきもき!
おねえちゃんって、きょうもやきもき! 作: いとう みく
絵: つじむら あゆこ

出版社: 岩崎書店
この本は、姉妹のおはなし。
我が家は一人っ子。
共感性は低いけど、それでもそこそこ楽しめました。

勘の良い方なら、序盤からきっとそうね、
と気づくものが、私は全く分からずに読み進め、
最後まで読み終わって、なるほど!!と納得しました。

ただ。
家庭環境が複雑なのは少しだけ気になります・・・
子供はあんまり深く考えないでしょうけど、
大人はちょっと気になっちゃうかも?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 低学年からオススメ!  投稿日:2022/04/26
大人になるまえに知っておきたいお金のこと
大人になるまえに知っておきたいお金のこと 作: ハイジ・フィードラー 福島 正人
絵: ブレンダン・カーネイ
訳: こばやし れいこ
監修: 福島 正人

出版社: ひさかたチャイルド
幼稚園の年長のときにこの本を買いました。
お金の話、日本ではタブー視されがちですが、
きちんと伝えてあげるのは親の義務だと私は思います。
子供がものを欲しいと言った時、
「今日お金ないから、また今度ね」
などという言い訳はしたくないし、
子供に対しても失礼だと思う。
お金の仕組みを知れば、
子供だって何でもかんでもねだらなくなる。
親も変な理由をつける必要もない。

本に書かれている内容は、とても難しいものもあり、
ビットコインとか為替なんかも登場します。
でもわかりやすいところをかいつまんで説明してあげるだけで良い気がします。
特に私が大事だと思ったのは、
「ニーズとウォンツ」のはなし。
これは幼稚園生でも十分に理解できると思うし、
伝えてあげるのはとても大切なことが思います。

親子でお金について考えることのできる、
良い本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 通学のお供に。  投稿日:2022/04/25
科学おもしろクイズ図鑑 新装版
科学おもしろクイズ図鑑 新装版 著・編集: 図鑑辞典編集室
出版社: Gakken
小学校への通学のお供に買いました。
通学中にお友達とクイズを出し合ったり、
と楽しく読んでいます。
大人も昔理科の授業で習ったけど、
忘れていることもあって、
なかなか答えられないようなクイズもあります。
子供と一緒にへー!そうなんだー!と学ぶことがたくさん。

低学年の子にとっては理科という科目を知る第一歩になって、とてもオススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ネコ好き女子のために。  投稿日:2022/04/25
ネコのクイズ図鑑
ネコのクイズ図鑑 監修: 今泉 忠明
出版社: Gakken
ネコ好きの娘。
通学中の時間、なかなか集中して文字だけの本を読むのは、
大変なようで、
試しにこのクイズ図鑑を購入してみました。
図鑑なので写真も大きく、
でもクイズ形式になっているので、
お友達でも一人でも楽しめて、
娘に大ヒットしました!!
帰宅した娘はその日に覚えたネコクイズを私に出題してくれます。
持ち運びにも便利なサイズでオススメです。
娘の興味を持ったテーマで、違うクイズ図鑑も買ってみたくなりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 幼稚園生にもオススメ!  投稿日:2022/04/25
こぐまのくまくん
こぐまのくまくん 作: E・H・ミナリック
絵: モーリス・センダック
訳: 松岡 享子

出版社: 福音館書店
娘が幼稚園の時に読みました。
各ページに絵があり、
短編が4つあり、
絵本と児童書の間のような本です。

男の子らしい可愛さを持ったくまくんが主人公でのお話で、
脇役のお母さんがなんともいい味を出しています。
くまくんの行動や発言に思うことはあっても、
怒るわけでもなく、無関心なわけでもない。
経験をさせて、守る姿勢を取る。
母目線で読むと、正に理想的なお母さん!!

温かい親子の温かい物語です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 豪快なお母さん!  投稿日:2022/04/25
せんたくかあちゃん
せんたくかあちゃん 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
娘がいつも大笑いする絵本。
豪快でパワフルなかあちゃんがとても面白い。
前向きなかあちゃんの姿を見ていると、
とても元気がもらえます。
かあちゃんの発想力もまた素晴らしいです。
ちょっと疲れた日の読み聞かせにぴったいの本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 年長の娘バレエデビュー!  投稿日:2022/04/25
ちいさなバレリーナ はじめてのバレエきょうしつ
ちいさなバレリーナ はじめてのバレエきょうしつ 著: 朝比奈かおる
出版社: 講談社
年長の終わりころに娘がバレエをはじめました。
その少し前にこの本を購入。
たぶん本の対象年齢はもうちょっと下なのかもしれないけど、
主人公のまいちゃんのドキドキする気持ち、
ワクワクする気持ちは、
年齢と関係なく同じなのだと思います。

バレエを始めるこ、バレエを始めたいこ、
バレエと関係なく、何かを始めるこなら、
きっと主人公の気持ちに共感できると思います。
可愛い絵本です。
参考になりました。 0人

132件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット