虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
スケボウさん 40代・ママ

虫がかわいくみえるかも♪
私は虫が苦手です。 でも娘はちっとも…

ひーちゃんさんの公開ページ

ひーちゃんさんのプロフィール

ママ・40代・広島県、女10歳 男6歳

自己紹介
本を読むのが大好きです。

特に絵本!
独身の頃からの絵本好きで、子供に読んでいても
自分が楽しんでいる事の方が多いかも♪
好きなもの
手作りの物。
木製品。
ひとこと
本を読むことが大好きな人とは気が合うと言う事が最近わかってきました。
人間性に影響があるとしたら・・・・。
そうだとしたら・・・・・。
もっともっと本を好きになれそうです。

ひーちゃんさんの声

83件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい びっくりだけど 注射が怖くなくなります!  投稿日:2012/03/27
さるのせんせいとへびのかんごふさん
さるのせんせいとへびのかんごふさん 作: 穂高 順也
絵: 荒井 良二

出版社: ビリケン出版
お医者さんと看護婦さん。

ふつうじゃかんがえられない
診察ですけど。。。
蛇の牙は 皆を治す大切な
注射になるよ。

そんなことや もっとおもしろい
役割をしたり・・・
もっと楽しい仕事ッぷりの蛇さん。

もちろん お医者様のおさるさんも
とぉても やさしいです。読めばわかる!
もりの大事な二人のこと。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あそびながら覚えられます。  投稿日:2012/03/27
ことばあそびどうぶつえん
ことばあそびどうぶつえん 文: 石津 ちひろ
絵: 石井 聖岳

出版社: のら書店
五十音もおぼえながら
いろんなどうぶつを
その動物の特徴といっしょに
おぼえられるんですよ。

いっしょに 声を出して。

ときどき 動物のまねしたりして。
笑顔が 自然にこぼれます。楽しいですよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 家族がふえるとき。思い出しました。  投稿日:2012/03/16
ムトトがきたよ
ムトトがきたよ 作・絵: きむら だいすけ
出版社: ベネッセコーポレーション
ゴリラの家族のお話。

とてもシンプルだけど
とてもうなずける。
いっぱい 同感!できます。
そうそう。そうだったって
家族が増えたときの事思い出します。

家族で 読むってたまにはいいかも。

それぞれの立場で感想が違うだろうと思います。

それとは別に ある仕掛けがあるのです。
全部のページに・・・
あとは 読んでからのお楽しみですよぅ!
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う よむだけではなくて広げる本  投稿日:2012/03/16
さくらのまち
さくらのまち 作・絵: 小林 豊
出版社: 佼成出版社
表紙のさくらにひきよせられて
手にした本です。

開くと 変わった観点。
さくらが人間達をみているような
そして 鳥の感性。
不思議な感覚ですが。
だからこそ 人間はそのときどきに
どう思ってるとか 過ごしているのかを
話しながら 場面をそうぞうして
広がりをもってページをめくります。
読む人たちによって この本の魅力は
いかようにも深まり 何度読んでも
清々しくなれると思います!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 噺家さんになった気分で読みました!  投稿日:2012/03/16
落語絵本2 まんじゅうこわい
落語絵本2 まんじゅうこわい 作・絵: 川端 誠
出版社: クレヨンハウス
これはこれは 面白い本。

え〜小話をおひとつってなぐあいで
ついつい 噺家さん口調で読んであげました。
かなり うけました。
凄い面白いです。
おちがたまりません。
ぜひぜひ トンチ好きなお子さんたちの前で
読んであげてくださいな。
そして 子供たち本人にも一席 それぞれの
語り口調で楽しめますから チャレンジしてほしいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 映画と違う感覚でうけとめました。  投稿日:2012/03/16
崖の上のポニョ
崖の上のポニョ 原作・脚本・監督: 宮崎 駿
出版社: 徳間書店
映画のイメージがつよいですが。
だからこそ絵本で見る世界も新鮮。

すこし違う感覚でよめました。

誰を主人公にして読んで行くのかで
ストーリーの面白さがちがってきます。

与えられる動画ではなくて読んで広げる
世界は 何度も読み返したくなります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う わたしも学びました  投稿日:2012/03/16
通学路の草花えほん
通学路の草花えほん 作・絵: 大島 加奈子
出版社: PHP研究所
通学路・・・ なんとなくみてる草花が
四季を教えてくれている。

なんと言う名前だろうか?と
想ったことあるけれど 実際調べたりはしなかった。
この絵本にであえて
子どもとともに あ〜なるほど。
って つぎつぎ 謎が解けていく。
楽しい時間でした。
イラストはまるで写真のように
とてもわかりやすくって
絵をかきかくなりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おっきいことはいいことだ!  投稿日:2012/03/16
大型絵本 おとうさんはウルトラマン
大型絵本 おとうさんはウルトラマン 作・絵: 宮西 達也
出版社: 学研
息子がかかえてきたでっかい本。

迫力あり!まさに お父さんを感じる絵本。

とてもとても面白い。
我が家のパパさんそのものでした。
頼りになるよな ずっこけな面もあるような。
家族のために 子供のために・・・
いつもパパはがんばってる!
笑顔がいっぱいになる本です。
普通サイズもあるとおもいます。
が 大きい本もまたいいですよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 歯磨き したくなる!  投稿日:2012/03/16
はみがき、やーだよ!
はみがき、やーだよ! 作: スベトラーナ・チューリナ
訳: いぬい ゆみこ

出版社: 評論社
子供に歯磨きをさせるのって
なかなか 習慣づけるまでが大変です。

かくいう我が家もちょいと大変(苦笑)

自分から磨こうとしないので
ついつい 口うるさくなりますね。
でもこの本は 良かった!
子供の心理をつく 鋭いストーリー展開ですよ。

読み終わって ???マジックにかかった感はありますが
歯磨きしなくちゃっていう気持をおこさせてくれると
思いますよ。

ぜひぜひ ご一読!お薦めします。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あらためてわかること  投稿日:2012/03/16
じめんのうえとじめんのした
じめんのうえとじめんのした 作・絵: アーマE・ウエバー
訳: 藤枝 澪子

出版社: 福音館書店
植物と生物・動物の関係なんて
知ってるよって思ってました。
なんだか そんな思い込みを
ばっさり きられちゃうような。
実に素朴で基本的な事が書かれていました。
植物といってもいろいろな生き方。
動物は 栄養を作れない。
つちから栄養を作りだす植物をたべて
生きている。
そして その動物を人間は食べる・・・・
地球上で人間って一番頼りないかも・・
御飯食べる時 子どもとともに なにやら
『頂きます』の言葉に重みがでてきましたよ。
参考になりました。 0人

83件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット