アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

もっちんままちゃんさんの公開ページ

もっちんままちゃんさんのプロフィール

ママ・20代・宮崎県、男1歳 男0歳

もっちんままちゃんさんの声

13件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 絵は丸のみですが・・・  掲載日:2010/4/12
ころころころ
ころころころ 作・絵: 元永 定正
出版社: 福音館書店
絵は丸がたくさんあるだけなのですが、子どもは、丸が大好きなのか、なぜかわかりませんが、とても読んでほしがります。
丸がいろいろなふうけい中で登場します。丸の冒険のようで、単純ですが、面白いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 男の子には・・・  掲載日:2010/4/12
がたん ごとん がたん ごとん
がたん ごとん がたん ごとん 作: 安西 水丸
出版社: 福音館書店
男の子は乗り物が大好きだと思いますが、汽車の話なので、とてもくいつきます。それに、ばなななどの比較的知っているものがでてきて、楽しいようです。
これは何度も読んできました。
男の子にはお勧めです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 大きくてみやすい  掲載日:2010/4/12
くまさん くまさん なにみてるの?
くまさん くまさん なにみてるの? 作: ビル・マーチン
絵: エリック・カール
訳: 偕成社編集部

出版社: 偕成社
この本は大きく、絵も大きいので、見やすいです。
子どもの知っている動物が出てくるので、子どもも楽しいみたいで、話しながら一緒に読むことが出来ます。
最後には人間のままも登場するので、子どもは余計に楽しいようでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子どもはママが一番  掲載日:2010/4/12
ママだいすき
ママだいすき 作: まど・みちお
絵: ましま せつこ

出版社: こぐま社
子どもはママが一番大好き。
動物の親子がでてきますが、子どもはままという言葉がだいすきなのか、とても反応してくれました。
ママといいながら、私を指差したり、読んでいるうちに、抱きしめたくなします。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う リズムよく・・・  掲載日:2010/4/11
ことり
ことり 作: 中川 ひろたか
絵: 平田 利之

出版社: 金の星社
これはとても短いですが、リスムよく読んであげるととても楽しいと思います。
子どものもう一回の要求にも、ママはこたえやすいです。
数がでてくるので、数に触れる初めての絵本にしてあげてもいいかもしれません。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 文字はないですが・・・  掲載日:2010/4/11
あかい ふうせん
あかい ふうせん 作・絵: イエラ・マリ
出版社: ほるぷ出版
これは文字が全く無いので、声を出さずにめくってあげると、知っているものがでてくると、子どもから反応してくれます。逆に、ママがお話をつくったり、話しかけてあげてもいいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい  掲載日:2010/4/9
だるまさんが
だるまさんが 作: かがくい ひろし
出版社: ブロンズ新社
だるまさんが・・・と始まるのですが、まだページをめくっていないのに、ニヤニヤして、めくった時には、大笑いです。
子どもは、もう一回と何度も要求してきますが、短いので、ママも難解でも読んであげられると思います。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 見つけることができなくても・・・  掲載日:2010/4/9
たべたの だあれ
たべたの だあれ 作・絵: 五味 太郎
出版社: 文化出版局
まだ絵のなかから見つけることが出来ませんが、分も短いので、飽きずに座って聞いています。
徐々に見つけられるようになってくると、よりおもしろく読めるので葉にかと思います。
長く読んでいける絵本だと思っています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どんどこどんどこ  掲載日:2010/4/9
どんどこ ももんちゃん
どんどこ ももんちゃん 作: とよた かずひこ
出版社: 童心社
どんどこどんどこといううリズムがつぼにはまるようで、このフレーズを読んでいると大笑い。
このリズムがとてもでてくるので、大笑いで読めます。
絵も簡単で、ごちゃごちゃしていないので、シンプルでいいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う まだ探せなくても楽しめます  掲載日:2010/4/9
かくしたの だあれ
かくしたの だあれ 作・絵: 五味 太郎
出版社: 文化出版局
隠したものを絵の中から見つけることができなくても、同じリズムの繰り返しが楽しいのか、よく持ってきていました。
少し理解するようになると、指さし出来たりするので、長く読んでいけると思います。
参考になりました。 0人

13件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット