話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  絵本紹介  >  クリスマスギフトに喜ばれる しかけ絵本&ギミック付き絵本(2023年11月 新刊&おすすめ絵本)

連載

2023年11月 新刊&おすすめ絵本

連載トップへ

絵本紹介

2023.11.22

  • twitter
  • Facebook
  • line

クリスマスギフトに喜ばれる しかけ絵本&ギミック付き絵本(2023年11月 新刊&おすすめ絵本)

目次

きらびやかな装丁に楽しいポップアップ、開けた瞬間から心踊る「しかけ絵本」は、冬のギフトにぴったり!カウントダウンを楽しむアドベント絵本や、クリスマスのメロディーに包まれる音と光の絵本、プレゼント交換のワクワク感がつまった絵本など、クリスマスらしいしかけが祝祭ムードを高めてくれます。

また、道具付きですぐ実践できるマジック絵本や、おうち遊びにぴったりのマグネットパズルに、本格的な教養カルタと、冬のおうち時間を豊かに過ごせるギミック付きの絵本も勢ぞろい。

新鮮な驚きを何度も味わえるので、意外と長く愛読できるのが「しかけ絵本」の魅力です。お子さんも家族も笑顔にしてくれる特別な絵本を、今年のギフトに選んでみてはいかが?

かわいい動物たちとクリスマスを楽しみながらアルファベットも覚えちゃおう。蛇腹に広げた街並みがツリースカートにもなる絵本『たのしいクリスマスどおり Christmas Street』

  • たのしいクリスマスどおり Christmas Street

    出版社からの内容紹介

    絵本をひろげると街があらわれる!
    街の中では、たのしいクリスマスを過ごすために動物たちが準備のまっさいちゅう。

    Aa Angel ツリーの てっぺんに てんしを かざろう
    Bb Bow ちょうちょむすび じょうずに できるかな?
    Cc Carol みんなで うたおう クリスマスを いわう うた

    動物たちといっしょにクリスマスをたのしみながら、
    クリスマスの英単語に親しめます。
    フラップをめくってあそべる、ABCでクリスマスをたのしむしかけ絵本。

プレゼントを開けるワクワク感がつまってる! 森の友だちとのプレゼント交換を、しかけをめくってご一緒に『プレゼント、あけてみて!』

  • プレゼント、あけてみて!

    みどころ

    森の模様のラッピングに包まれた、プレゼントのような表紙。
    メッセージカードには、カワイイ文字で「プレゼント、あけてみて!」
    まるで、この絵本自体が、誰かからのプレゼントのよう!
    表紙を開くのがこんなにもワクワクする絵本が、あったでしょうか。

    ハリネズミくんのお家に、一通の手紙が届きます。
    そこには、「プレゼントこうかんを しませんか?」という文字が書かれていました。
    約束の日、お庭のアリさんへプレゼントを用意したハリネズミくん。
    オレンジ色のラッピングを開けると、中にはどんな思いものでも運べるミニカーが!
    ハリネズミくんからプレゼントをもらったアリさんは、
    今度はモグラさんにプレゼントを贈ります。
    モグラさんはカメさんにプレゼントを贈り、
    カメさんはヤドカリさんにプレゼント。
    プレゼント交換は順調に進んでいきます。
    ハリネズミくんは、誰からプレゼントをもらえるのかな……?

    ページのいたるところに、めくるしかけがあるのが、
    この絵本のもうひとつのワクワクポイント。
    プレゼントをもらった動物たちと同じ気持ちになって、プレゼントの包みをめくったり、
    水の中や森の中、雲の中に隠れているものはしかけをめくって、
    何が隠れているか見つけてみたり、楽しみがいくつも隠されています。

    絵本を読み終わる頃には、誰かにプレゼントを贈りたくなることでしょう。
    もちろん、この絵本も贈り物にぴったりです。

この書籍を作った人

おおで ゆかこ

おおで ゆかこ (おおでゆかこ)

1986年生まれ。2009年京都精華大学カートゥーンコース卒業後、イラストレーターとして書籍や雑誌、絵本の挿絵を描くほか、文房具や雑貨のイラストとデザイン、ぬいぐるみの販売など幅広い分野で活動中。著書に『すてきなおかし作り』他「はじめて絵本」シリーズ、『シロクマくつや』などがある。

めくれるフラップの数は144! イギリス発のクリスマスアドベント絵本『ねこさんかぞくのクリスマス』 でカウントダウンを楽しんで

  • ねこさんかぞくのクリスマス

    みどころ

    「クリスマスまであと12日」

    それぞれ学校や仕事があるねこさん家族は、ずっと大忙し。けれど、明日からクリスマス休み。さあ、特別な準備がはじまります。

    「クリスマスまであと11日」

    最初のお仕事は、おうちをかざること。ツリーやリースの準備やトーナメントづくりに夢中です。

    「クリスマスまであと10日」

    いよいよクリスマスケーキをつくるため……。

    アドベントカレンダーが、そのまま絵本に! クリスマスまで、ねこさん家族と一緒にカウントダウンをしながら、クリスマスの準備を進めていきます。キッチンや街の中、畑、暖炉のある居間など、次々と変わっていく舞台の中で、オーナメントやツリー、プレゼントなどがたくさん登場します。どのページの中にも隠れている144のフラップを開けると、中には新たな絵が登場。探す楽しみと、クリスマスに近づいていくワクワクする気持ちがぎゅっとつまった一冊。

    イギリスの暮らしや伝統を感じる絵とストーリーですが、大きなツリーが描かれ金の箔押しが施されている表紙はとっても華やか。石津ちひろさんによる軽快な語り口も魅力的。クリスマスの贈りものにぴったりですね。

この書籍を作った人

石津 ちひろ

石津 ちひろ (いしづちひろ)

1953年愛媛県生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒業。3年間のフランス滞在を経て、絵本作家、翻訳家として活躍中。『なぞなぞのたび』(フレーベル館)でボローニャ児童図書展絵本賞、『あしたうちにねこがくるの』(講談社)で日本絵本賞、『あしたのあたしはあたらしいあたし』(理論社)で三越左千夫少年詩賞を受賞。訳書に『リサとガスパール』シリーズ(ブロンズ新社)他多数。

封筒を開けたら、アドベントカレンダーやパディントンお手製のクリスマスカードが! 手紙のしかけが楽しい『パディントンのクリスマスの手紙』

  • パディントンのクリスマスの手紙

    みどころ

    クリスマスの飾りつけを見たくて、マーケットにやってきたのはクマのパディントン。パディントンはロンドンのウィンザー・ガーデンズ32番地のブラウン一家と暮らしています。けれど、お金が足りなくて特別なものを買うことができません。そこで、ともだちのグルーバーさんに相談します。

    「大切なのは、気持ちなのだよ」

    それを聞くと、パディントンはいいことを思いつきます。それからクリスマスまで、パディントンはカードをつくったり、クリスマスの準備をお手伝いしたり、サンタさんに手紙を書いたり、とにかく大忙し。さらに当日になると……?

    60年以上も前から世界中の子どもたちに愛されている、くまのパディントンが迎えるクリスマスまでの日々を描いたこの絵本。大切な家族に特別な贈りものをするために奮闘するパディントンの健気な姿が愛らしいのですが、もう一つの注目点はなんといっても、絵本の中にリアルな封筒のページがあること! 5つの封筒をあけると、そこにはルーシーおばさんから送られてきたアドベントカレンダーが入っていたり、マーマレードのしみがついたパディントンお手製のクリスマスカードが入っていたり。最高にワクワクしますよね。

    「いつも、ぼくのまわりでは何かが起きる。ぼくは、そんなくまさ」

    さあ、パディントンと一緒に特別なクリスマスを過ごしましょう。

「パディントン」シリーズ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

絵本ナヒ゛(@ehonnavi)がシェアした投稿

真夜中のバス停、乗り物の窓から覗いているのは……? 愛嬌あふれる妖怪たちと夜のドライブへ。穴あきしかけ絵本『まよなかのバスてい』

  • まよなかのバスてい

    みどころ

    真夜中のバス停に、妖怪たちが並んでいます。そこに、たこにゅうどうのバスがやってきました。「にょろにょろにょろにょろ ごじょうしゃください」あれあれあれ?!窓の部分に穴が開いています。ページをめくると、バス停に並んでいた一つ目小僧がバスに乗り込んで見えるというしかけになっているのです。これは楽しい!思わずパタパタとめくり返したくなります。

    次にやってきたのはちょうちんおばけのタクシー。タクシーの窓も穴が開いています。ということは、また別の妖怪がそこから顔をのぞくはず。次から次にやってくる不思議な乗り物から、次はどの妖怪がどんなふうに顔を出すか予想しながら読み進んでいきます。

    この楽しいしかけ絵本の作者は、イラストレーターとして活躍後、40歳から絵本作家となった古内ヨシさん。『きつねうどんたぬきうどん』(大日本図書)や『ウシくんにのって』(絵本塾出版)など、ユーモラスなお話をたくさん描いている作家さんです。古内さんの描く妖怪たちは、愛嬌たっぷりで全く怖くありません。むしろかわいいくらいです。そんな愉快な妖怪たちと、夜のドライブに出かけてみてくださいね。

この書籍を作った人

古内 ヨシ

古内 ヨシ (ふるうちよし)

1952年愛知県生まれ。絵本作家。子どものころから絵を描きつづける。色が重なってどろどろになっても描きつづける。10歳で油絵をはじめ、15歳で洋画家・白浜禎吉氏に師事。イラストレーターをへて、40代で絵本の世界へ。主な絵本の作品に、『おばけのムニムニ』(あかね書房)、『ともがき』『子ぐものいのり』(文・久留島武彦/幻冬舎ルネッサンス)、『ながーいでんしゃ』(至光社)、『すごいサーカス』『オナラせんせい』(絵本館)、『つきよのニャロベエ』(論創社)、『ウシくんにのって』(絵本塾出版)など多数。

春生まれのウサギとキツネ。『ゆきって なあに?』と森のみんなに尋ねます。ふたりは雪を見つけることができるかな?

  • ゆきって なあに?

    出版社からの内容紹介

    春にうまれたキツネとウサギは、まだ雪をみたことがありません。
    「雪って なあに?」
    ふたりは森のなかまたちにたずねていきます。
    「雪っていうのはね」
    動物たちからもらった手がかりで雪をみつけられるのでしょうか。

この書籍を作った人

木坂 涼

木坂 涼 (きさかりょう)

埼玉県生まれ。詩人、絵本作家。詩集に『ひつじがいっぴき』(フレーベル館)、『五つのエラーをさがせ!』(大日本図書)。創作絵本に『しきしきむら』シリーズ(岩波書店)、『おはようきょうりゅう』(教育画劇)、『ちょろちょろかぞく』シリーズ(理論社)、『はたらくんジャー』(フレーベル館)、『からだのなかでドゥンドゥンドゥン』(福音館書店)、『なになになあに?』(フレーベル館)。絵本の翻訳もてがけ、クリス・ホートン作『どうする ジョージ!』で第62回産経児童出版文化賞翻訳作品賞を受賞。『クマのパディントン』(理論社)、翻訳絵本に『ヨゼフのだいじなコート』(フレーベル館)、『ともだちからともだちへ』(理論社)、『ピッツァぼうや』(セーラー出版)、『ぜったい食べないからね』他多数。

すぐに実践できる、7種の手品グッズ付き! マジックが大好きな少年の物語を楽しみながら手品を覚えられる『りっぱなマジシャンへの道』

ボタンを押すと、音楽が流れてイルミネーションが点灯。森のクリスマス準備を彩る心地よい時間を過ごして『音がなってライトが光る クリスマスのおはなし』

  • 音がなってライトが光る クリスマスのおはなし

    出版社からの内容紹介

    ★ボタンにさわると、イルミネーションが光ってクリスマスの音楽が流れる♪贈り物にぴったりな、音の出るおはなし絵本★
    明日は待ちに待ったクリスマス。「でも森はとっても暗くて静か。サンタさんが気づいてくれなかったらどうしよう?」「木にランタンをつるそうよ!それに音楽も演奏しよう!」キツネのフローレンスとジャックの提案で、森にはたくさんの光と音楽があふれていきます。そしてクリスマスの朝、目を覚ますと…?

サンタさんのお手伝いを任された子犬のクンクン。頑張ったクンクンへのご褒美は……? しかけ絵本『サンタさんの ジングルベル』

  • サンタさんの ジングルベル

    出版社からの内容紹介

    クリスマスを心待ちにしている子どもたちへギフトに最適なしかけ絵本!

    クリスマスの前の夜。サンタさんと子犬のクンクンは、世界中の動物たちにプレゼントを届けに旅立ちました。でもね、クンクンは「ぼくにサンタさんのお手伝いができるかな」と、不安そう。だいじょうぶかな?クンクン。

    一生懸命がんばって、プレゼントを配り終えたサンタさんとクンクン。今度は、クンクンへのクリスマスプレゼント!

    多彩なしかけと心温まるお話がクリスマスの気分を盛り上げます。

    担当編集者:子どもの頃、クリスマスの朝に発見するプレゼントのうれしかったこと!あのプレゼントは、サンタさんたちがこんなに頑張って届けてくれていたのですね。今年もステキなプレゼントが子どもたちに届きますように!

1人でも遊べる読み上げ機能付き! 都道府県、歴史、ことわざ、元素など一生使える教養カルタ『小学生のうちに覚えておくといいことカルタ』。英語再生も可

  • 小学生のうちに覚えておくといいことカルタ

    出版社からの内容紹介

    いずれは学校で必ず覚えなければならないことから、大人になってからも何かと役に立つ一般教養的雑学までを、楽しみながら習得できる読み上げモジュール付きカルタゲーム。
    〈いろはかるた〉〈都道府県〉〈世界の国〉〈地図記号〉〈歴史年号〉〈旧国名〉〈ことわざ〉〈世界一、日本一〉〈戦国武将〉〈名作と作家〉〈名画と画家〉〈名曲と音楽家〉〈楽器〉〈九九〉〈元素〉〈寿司と魚〉〈名物みやげ〉の17ジャンル、全624項目を収録しています。
    日本語はもちろん、英語でも再生できるバイリンガル仕様だから、英語学習にもチャレンジできます。

磁石で図形を組み立て、思考力とイマジネーションを育もう。クリアカラーがおしゃれな知育教具『マグネチック ポリドロン クリアタイプ スターターセット』

  • マグネチック ポリドロン クリアタイプ スターターセット

    出版社からの内容紹介

    ずけいであそぼ! カンタン! 自在! 教材クオリティ!

    自由なアイデアをあそびながらカタチに!
    正三角形・正方形・正五角形を、磁石でくっつけてあそぶ、図形学習教具に、半透明のクリアタイプが登場。

    三角形をしきつめてみたり、正方形で立体をつくったり、
    簡単、自在に楽しく遊べて、知らず知らずのうちに、思考力や図形センスが伸びる教具です。

ポリドロン

【動画公開中】冬を迎える準備をはじめよう 絵本・児童書22選

文:池田菜穂子 編集:木村春子

今、あなたにオススメ

出版社おすすめ



『100にんのサンタクロース』好きなサンタさん投票TOP10結果発表!!
【絵本ナビ厳選】特別な絵本・児童書セット
全ページためしよみ
年齢別絵本セット