もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

梨木 香歩(なしきかほ)

梨木 香歩(なしきかほ)

1959年生まれ。作家。小説に『西の魔女が死んだ』『裏庭』『家守奇譚』『沼地のある森を抜けて』『冬虫夏草』『丹生都比売』『村田エフェンディ滞土録』『雪と珊瑚と』『海うそ』『僕は、そして僕たちはどう生きるか』『f植物園の巣穴』、エッセイに『春になったら苺を摘みに』『渡りの足跡』『鳥と雲と薬草袋』『水辺にて』などがある。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

14件見つかりました

表示

わたしたちのたねまき

わたしたちのたねまき

作:キャスリン・O・ガルブレイス  絵:ウェンディ・アンダスン・ハルパリン  訳:梨木 香歩  出版社:のら書店  本体価格:¥1,600+税  
発行日:2017年10月  ISBN:9784905015345
岸辺のヤービ

岸辺のヤービ

作:梨木 香歩  画:小沢 さかえ  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,600+税  
発行日:2015年09月10日  ISBN:9784834081978
僕は、そして僕たちはどう生きるか

僕は、そして僕たちはどう生きるか

著:梨木 香歩  出版社:理論社  本体価格:¥1,600+税  
発行日:2011年04月  ISBN:9784652079799
家守綺譚

家守綺譚

作:梨木 香歩  出版社:新潮社  本体価格:¥1,400+税  
発行日:2004年01月  ISBN:9784104299034
蟹塚縁起

蟹塚縁起

作:梨木 香歩  絵:木内 達朗  出版社:理論社  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2004年  ISBN:9784652040232
ワニ

ワニ

文:梨木 香歩  絵:出久根 育  出版社:理論社  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2004年  ISBN:9784652040317
マジョモリ

マジョモリ

作:梨木 香歩  絵:早川 司寿乃  出版社:理論社  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2003年05月  ISBN:9784652040256
ペンキや

ペンキや

作:梨木 香歩  絵:出久根 育  出版社:理論社  本体価格:¥1,600+税  
発行日:2002年  ISBN:9784652040225
新潮文庫 西の魔女が死んだ

新潮文庫 西の魔女が死んだ

著:梨木 香歩  出版社:新潮社  本体価格:¥460+税  
発行日:2001年08月  ISBN:9784101253329
新潮文庫 裏庭

新潮文庫 裏庭

著:梨木 香歩  出版社:新潮社  本体価格:¥670+税  
発行日:2001年01月01日  ISBN:9784101253312
りかさん

りかさん

作:梨木 香歩  出版社:偕成社  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1999年12月  ISBN:9784037444204
西の魔女が死んだ

西の魔女が死んだ

作:梨木 香歩  出版社:小学館  本体価格:¥1,170+税  
発行日:1996年  ISBN:9784092896109
裏庭

裏庭

作:梨木 香歩  出版社:理論社  本体価格:¥1,500+税  
発行日:1996年  ISBN:9784652011263
エンジェルエンジェルエンジェル

エンジェルエンジェルエンジェル

著:梨木 香歩  出版社:新潮社  本体価格:¥400+税  
発行日:2004年03月  ISBN:9784101253350

14件見つかりました

梨木 香歩(なしきかほ)さんの作品のみんなの声

  • いのちのつながり

    「たねをめぐる いのちたちのおはなし」というサブタイトルが全てを物語っています。種をまき植物を育てるというのは、意識して私たちがやることです。けれど、それだけでなく、自然の営みの中で、風や動物や様々な・・・続きを読む

  • 生き方とは

    いい話でした。等身大で自分に正直に生きることに対して、勇気を与えてくれる言葉がちりばめられていました。西の魔女の魂が脱出する際に、まったく予期せぬ涙が私の頬を伝い、自分でもびっくりしました。ギンリュウ・・・続きを読む

  • あまりにもどす黒い

    読後感の非常に微妙な話でした。現代社会の縮図ともいえるのでしょうか? たしかに描いてあることは、弱肉強食だの諸行無常とかそういうことなのかもしれないのですが、それも何となく違うんです。もっとどす黒い感・・・続きを読む

  • この話は、もしかして最初は短編小説として書かれたものを後から絵本にしたのかなと思いました。あまりにも話が“深い”からです。堪能するにはある一定の成熟が求められているような気がします。 そう感じる一方・・・続きを読む

  • 心の深いところにずんと響く

    前世が無念の死を遂げた武将だった、百姓が主人公のお話。 テーマとしては、身の回りの混乱を引き起こしている原因である「無意識の うちに抱えている恨み」を意識化して解放することによって、平穏で心穏やか・・・続きを読む


イラストや付録でくつひもの通し方と結び方の練習ができちゃう!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット