くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ねこのせんちょう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねこのせんちょう

  • 絵本
作・絵: マドレーヌ・フロイド
訳: 木坂 涼
出版社: らんか社 らんか社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ねこのせんちょう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年04月
ISBN: 9784883301577

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

 寝ることがすき。食べるのがすき。からだをなめて、きれいにすることがすき。飼い主のまえではマイペースでわがみちをゆくふてぶてしい顔のねこの“せんちょう”が、こっそり夜中にでかけて楽しみにしていることは・・・? 月あかりをたよりに、こっそりついていってみましょう。

ベストレビュー

猫の魅力たっぷり♪

表紙の大迫力の猫の絵に圧倒されて、つい手にとった1冊です。
とっても素敵な絵で猫の1日が優雅に描かれています。
お昼寝が好きとか何を食べるのかから始まるので、
飼い猫の紹介みたいな感じかと思ったら!!
その猫が恋人に会うためにボートを漕ぎ、つかの間のデートを楽しんだりして
なんだかロマンチック・・・。
2歳の娘にデートだなんて早すぎる?と思ったのですが
娘は猫の暮らしぶりに興味津々。
どうして喉をごろごろ鳴らすの?と聞かれたときには答えに詰まり
一緒に猫図鑑も楽しみました。猫の魅力満喫の1冊です。
(リスザルさん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


木坂 涼さんのその他の作品

おなじそらのしたで / マララのまほうのえんぴつ / パディントンのクリスマス / パディントンのサーカス / ぱんつ さいこう! / パリのエマ



新潮文庫3200万部刊行、星 新一の小説が絵本に!

ねこのせんちょう

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット