新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ
ピリカ、おかあさんへの旅

ピリカ、おかあさんへの旅

作: 越智 典子
絵: 沢田としき
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年07月
ISBN: 9784834022148

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から

出版社からの紹介

呼ぶ声に導かれて故郷の川に帰ったピリカは、卵を産み終えて死にました。死の前に見たおかあさんはピリカを呼び戻した声の主であり、生命を育む自然の摂理そのものでした。

ベストレビュー

絵の美しさにひかれます

鮭のピリカが、海から生まれた川に帰って、卵を産んで死んでいくまでの話です。
ピリカの目線で書かれているので、生態の勉強という感じではなく、
物語のように読むことが出来ます。
ピリカが、おかあさんを感じる時の表現が素敵です。
高学年からが、分かりやすいかもしれません。
(おるがんさん 40代・ママ 女の子14歳、男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぼくの席がえ
    ぼくの席がえ
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    海くんのことは、まだよく知らないのに、席がえでとなりの席になって……。

越智 典子さんのその他の作品

完司さんの戦争 / 森ぬすっとの村 ラビントットと空の魚 第四話 / 父さんと、母さんと、ぼく ラビントットと空の魚 第五話 / サメってさいこう! / テオのふしぎなクリスマス / サルってさいこう!

沢田 としきさんのその他の作品

しょうがつが くると / どうしてアフリカ?どうして図書館? / みさき / エンザロ村のかまど / ひとでの たいそう / あくびで ねんね


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > ピリカ、おかあさんへの旅

カエルの大人気シリーズ。ちょっとかわったおやすみ絵本

ピリカ、おかあさんへの旅

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.47

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット