貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
クリスマスのおすすめ続々更新中♪ 『絵本ナビのクリスマス2017』 がオープンしました♪
ブルッキーのひつじ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ブルッキーのひつじ

  • 絵本
作・絵: M.B.ゴフスタイン
訳: 谷川 俊太郎
出版社: ジー・シー・プレス

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ブルッキーのひつじ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1989年03月
ISBN: 9784915619229

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

娘と同じ

小さな絵本に大きな愛がつまっています。
女の子とひつじの心温まるお話ですが、お母さんは我が子とのことを重ねて感慨深くなるのではないでしょうか。
私もその一人でした。

子育てをしている中で、子供が自分の思い通りに行動しないと、ガッカリしたり怒ってしまったりすること、少しはあると思います。
そんなときに読んでもらいたい絵本です。
子供に何かを押し付けるよりも、子供のよさを見つけ伸ばしてあげることが大切だと思うようになるのではないでしょうか。

娘は一緒に遊んでいてとてもうれしい気分になると、「ママのこと好きー」と抱きついてくることがあります。
お話の中、ひつじがブルッキーに「めえめえめえ」といって寄り添う場面がありますが、何を言ったのかしっかりと伝わってきました。
(こりえ♪さん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。

M.B.ゴフスタインさんのその他の作品

ねむたいひとたち / ピアノ調律師 / Your Lone Journey あなたのひとり旅 / ピアノ調律師 / ゴールディーのお人形 / 私の船長さん

谷川 俊太郎さんのその他の作品

ビークル 〜ゆめのこどものおはなし〜 / いえすみねずみ / まけるのもだいじだよ にじいろのさかな / えじえじえじじえ / 生きる / だいち



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

ブルッキーのひつじ

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.8

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット