くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
あらいぐまのアリス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あらいぐまのアリス

  • 絵本
作: 竹下 文子
絵: こみねゆら
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,333 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年06月
ISBN: 9784494010806

幼児〜小学校低学年
サイズ:B5判/19.1×26.6cm

みどころ

あらいぐまのアリスはのんびりや。
「はやくおもちゃをかたづけなさい」
「はやくおふろにはいってよ」
おかあさんに言われるけど、アリスは「はあーい」と返事をして、のんびりゆっくりしています。
ある朝、いつものようにのんびりゆっくり寝ていたアリスは、おかあさんに起こされます。
「きょうはおともだちとピクニックにいくんでしょ」

おともだちが迎えにきて出発です。
アリスはいちばんうしろから、あっちを見たり、こっちを見たり。
「アリスちゃん、はやくー」「もう、おいてっちゃうよ」
でもアリスは、みんなが気づかずに通りすぎてしまったものを、ちゃんと見ているのです。
花や、川の魚や、おいしそうな木いちごも!

こみねゆらさんが描くアリスの時間は、繊細でファンタジック。おうちのかわいい壁紙や調度品の数々にも女の子がきゅんとくるエッセンスが詰まっています。
『ピン・ポン・バス』など、子どもの日常のリズムをつかんでお話を作る竹下文子さんの言葉とよく合って、素敵な雰囲気の絵本になりました。

いつも「はやく、はやく」と急かされている子どもたち。
きっとアリスを見て幸せな気持ちになるのでしょう。
我が家では、読み聞かせしたあと、娘がしばらく一人でページをめくっていました。
子どもも大人もアリスに癒され、自然にゆったり、にっこり・・・。
アリスがお昼寝をする木陰から、やさしい風が吹いてくるようです。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

あらいぐまのアリスはのんびりや。ある日ともだちとピクニックにでかけて、見つけたものは…?

ベストレビュー

とにかく絵が可愛いです

あらいぐまのアリスはとっても、のんびりやさんです。いつもマイペースでフワッとしてて、こみねゆらさんの優しい絵ともすごくあっているので、いつも読むと、自分までかわいい、ホットする気持ちに、なります。
アリスちゃんが大好きになりました。
それに、心がおちつく絵とお話なので子どもに寝るまえに読んであげたら、気持ちよくねむれるかもと思いました。
(キーカさん 40代・その他の方 岸田かたん15さい、岸田紀子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

竹下 文子さんのその他の作品

いそげ! きゅうきゅうしゃ / ぜんまいじかけのトリュフ エピソード1 / しゃっくりくーちゃん / きみは ライオン! / まいごのアローおうちにかえる / こねこのえんそく あきのもり

こみね ゆらさんのその他の作品

もりのちいさなしたてやさん / 若草物語 / もみの木のねがい / 人くい鬼 / しあわせなおうじ / 空とぶじゅうたん(1)



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

あらいぐまのアリス

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット