ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ペトロニーユと120ぴきのこどもたち

ペトロニーユと120ぴきのこどもたち

作・絵: クロード・ポンティ
訳: やまわき ゆりこ
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「ペトロニーユと120ぴきのこどもたち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年06月
ISBN: 9784834024036

読んであげるなら・ 4才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
26X31cm・40ページ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

ペトロニーユは、天下無敵の母さんねずみ。怪物にとらわれた120ぴきの子どもたちを救うことが
できるのか! フランスの大人気絵本を山脇百合子さんの楽しい訳文でお楽しみください。

ベストレビュー

独創的な世界が堪能できます

クロード・ポンティは、フランスの人気絵本作家で、邦訳はこの作品が初めてとのこと。
1990年の作品ですが、日本では2009年の初版となっています。

その絵を見て思い浮かぶのは、モーリス・センダック。
名前を伏されたら、誰しもがセンダックの作品と言うに間違いないと思います。
「まよなかのだいどころ」のようなセンダックのマンガチックな作品を思い浮かべて貰うと分かりやすいかも知れません。
『不思議の国のアリス』で知られるルイス・キャロルを敬愛していると但し書にありましたが、ストーリーを読めば納得できる作品だと思います。

物語は、ねずみのおかあさんのペトロニーユが120匹の子ども達との朝ご飯の風景から始まります。
それから、ペトロニーユはおつかいに出かけるのですが、ここからが大冒険の始まりです。
登場する人物、動物、果ては擬人化したおなべとか岩とか花等等、実に奇妙な概観をしています。
どちらかというと、ファンタジーというよりもグロテスクといった形容の方が似つかわしいのですが、このテイストは不思議の国のアリスを彷彿とさせるものだと思います。

ストーリーは伏線があって、ペトロニーユがおつかいに出ている間に、120匹の子ども達がさらわれてしまうのですが、最後は、ペトロニーユとおとうさんが救出します。
次から次へと奇想天外な話の展開があって、一度読んだだけでは、なかなか理解できないかも知れません。

読み聞かせするには、スケールが大きすぎる感があります。
映画になれば、子どもも大いに楽しめる、そんな絵本ではないかと思いますが、他のクロード・ポンティの作品が邦訳されることを期待しています。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > ペトロニーユと120ぴきのこどもたち

えほん新定番 from 好書好日

ペトロニーユと120ぴきのこどもたち

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.31

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット