ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
ぽんたのじどうはんばいき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぽんたのじどうはんばいき

  • 絵本
作: 加藤 ますみ
絵: 水野 二郎
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1984年
ISBN: 9784893251954

この作品が含まれるテーマ

みどころ

お願いすると、なんでもほしいものを出してくれる自動販売機。子どもはもちろん、大人だってあこがれてしまうそんな夢の機械を、たぬきのぽんたは段ボールで作ります。
箱の後ろに隠れているぽんたは、お金代わりの葉っぱと引き換えに、
「おうさまの かんむりが ほしいぞ。」
といういばりんぼのライオンくんには立派なかんむりを、
「わたしたちに おそろいの
くびかざりを ちょうだいな。」
とお願いするきつねの女の子たちにはきれいなくびかざりを、「ぽぽんの ぽぽんで すぽぽんの ぽん!」と出してあげます。なぜってぽんたは葉っぱをいろんなものに変えるのが得意中の得意なんです。ほしかったものを手に入れておおよろこびの森の仲間の顔を見て、ぽんたもにんまりしています。

街で見かける自動販売機は、ピカピカしていてボタンがいっぱいついていて、おまけにお金を入れてボタンを押すと、中から飲み物が出てくるーー。子どもたちにとっては、なんとも魅力的な機械のようです。ただでさえふだんから気になっているのに、この本では、そこから次々にいろんな品物が飛び出してくるのですから、子どもたちはすっかり心を奪われてしまいます。
自分だったら何を出してほしいかな、お父さんは? お母さんは? と、お話を膨らませてみてください。

さらに、歯が痛いさるくんやお友だちがほしいというたぬきの女の子の、葉っぱの姿を変えるだけでは解決できないお願いに、ぽんたはどうやって対応するのでしょうか。知恵をしぼる心優しいぽんたの姿にほっこり。その解決策にも納得です。

(三木文  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

たぬきのぽんたが自動販売機を作りました。
品物はぽんたが葉っぱを変えて出します。
たぬきの女の子の注文はお友達!?困ったぽんたは…。

ベストレビュー

イメージを膨らませる絵本

なんとなくノスタルジックな絵だし、内容的にも2歳児でも喜んで見ていました。いくら小さくても、子どもっていろいろなことを考えつくんです。遊びの中で「〜ごっこ」が得意で大好きで、このお話から発展していったことがありました。

ポンタくんじゃなくて、実は、自動販売機に住んでいたのはさみしがりやのおばけでした!おばけは怖くないんだよ。最後にみんなでいつも楽しんでいる「セッセッセ〜のよいよいよい」して仲良しになって、自動販売機はおうちになるんだよ。

という、オリジナル?な話になって、劇遊びとして発表会で楽しくいつもの感じで発表できた事を思い出して、にんまり。

皆さんは、どんなイメージを持つのでしょうか。お薦めです♪
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


加藤 ますみさんのその他の作品

大きな大きな絵本 ぽんたのじどうはんばいき(チャイルド本社刊)

水野 二郎さんのその他の作品

おすもうさんにばけたけど / たぬきのいとぐるま(チャイルド本社刊) / ねずみのすもう(チャイルド本社刊) / おばあさんのすーぷ



葉祥明さんの描く不朽の名作

ぽんたのじどうはんばいき

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.8

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声一覧へ

パパの声 1人

パパの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット