おいしそうなしろくま おいしそうなしろくま おいしそうなしろくまの試し読みができます!
作・絵: 柴田 ケイコ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
たべものの中にはいったてみたら、どんな感じかな?
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
ちいさな星の子と山ねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさな星の子と山ねこ

作: 西巻 茅子
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちいさな星の子と山ねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1987年06月10日
ISBN: 9784772100892

対象年齢:4歳から
全国学校図書館協議会選定
日本図書館協会選定

出版社からの紹介

初めて地球に遊びに来た星の子は、バッタや魚とすぐに友だちになります。けれども、山ねこはちょっと照れ屋でへそまがりなので、なかなか簡単にはいかなくて…。

この人もおすすめしています

【辰野町立図書館 吉澤さん】
 星の子は月のお母さんの末っ子です。愛情たっぷりに育って、純粋無垢。その星の子が、みどり色のマントを翻して、ひとりで地球へ飛んできました。そこで山猫に出会います。山猫は星の子より少し年嵩でしょう。やや斜に構えた態度です。ひょんなことから、星の子のマントを破ってしまった山猫。マントを繕う糸を作るため山猫は山まゆを探しにでかけました。マントを仕上げる山ねこの真剣な顔つきは、誠実さそのもの。責任をもって物事を成し遂げる清々しさがあります。「つかれていたけれど とてもていねいにぬいました」というフレーズが私は大好きです。こういう心根があれば日本は大丈夫。にしまきさんの絵は、いつもながら、子どもが描くような、けれんみのないいい絵です。

ベストレビュー

無邪気な星の子

この絵本は、子どもがまだ幼稚園の時に、とても気に入って買いました。

はじめは星の子に冷たい山猫ですが、(でも本当は、興味がありました)
星の子の無邪気さに、だんだんと心を開いていきます。

「ともだちや」の、キツネとオオカミに似ています。
ふくろうの存在も、似ています。

絵が、カラーとモノクロと交互になっているのは、
どうしてだろうと思っていました。
西巻さんの講演会で、答えが分かりました。
なんと、予算の関係だったそうです。
高くなっても、全部カラーで観たかったと思いました。
(おるがんさん 40代・ママ 女の子13歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西巻 茅子さんのその他の作品

全集 古田足日子どもの本 限定復刻(3) 古田足日子どもの本 / ケンカオニ / ペンギン ペペコさん だいかつやく / おてて つなごう / 北風ふいてもさむくない / みてよ ぴかぴかランドセル



入園・入学・進級のお祝いに、ギフトしかけ絵本

ちいさな星の子と山ねこ

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット