しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おひさまをほしがったハヌマン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おひさまをほしがったハヌマン

作・絵: A.ラマチャンドラン
訳: 松居 直
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おひさまをほしがったハヌマン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年11月
ISBN: 9784834014556

インドの大昔の物語「ラーマーヤナ」より

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

『インドラ』を乗せている「アイラーバタ」いい

神さまがものすごく自然に人間臭いことをして、
普通ならあり得ない事件を起こし、とんでもない展開に発展していく、一見ハチャメチャなお話です。
ですが、インドの昔話なので、そのハチャメチャ加減が、何でか不思議に魅力的で面白いです。
私も今までちゃんと読んだことはないのですが、
このお話の元は、インドの昔話の中でもとくに有名な『ラーマーヤナー』という物語に描かれているうちの1つのお話です。
作者A.ラマリャンドランの絵は、よく壁画に描かれているような感じの幾何学的なような抽象的なような個性で、見ていて面白かったです。

特に1000の目を持つといわれている神『インドラ』をのせているゾウの「アイラーバタ」は面白い顔のデッサンで笑えました。

『ラーマーヤナー』自体はとてもとても長い物語なので、おいそれとは読めませんが、興味のある人はぜひ、この絵本を手にしてみてください。
余談ですが、この作品の邦訳は松居直さんがされていました。
松居さんのお人柄も、この作品に投影されている気がしたのは、私だけでしょうか?
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


A.ラマチャンドランさんのその他の作品

10にんのきこり / ヒマラヤのふえ / まるのうた

松居 直さんのその他の作品

傑作絵本劇場 ももたろう(大型絵本) / 翻訳絵本と海外児童文学との出会い / 松居直と『こどものとも』 創刊号から149号まで / 松居直自伝 軍国少年から児童文学の世界へ / 松居直のすすめる50の絵本 / 絵本の現在子どもの未来



子育ての大きな悩み「寝かしつけ」に役立つシリーズ!

おひさまをほしがったハヌマン

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット