もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
いえでだブヒブヒ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いえでだブヒブヒ

作・絵: 柳生 まち子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年4月15日
ISBN: 9784834014358

読んであげるなら・3才から
自分で読むなら・小学低学年から

出版社からの紹介

「いうことをきかないこは、うちのこじゃありません!」お母さんにおこられた子ぶたのブウとトンとヤンは家出を決意、さっそうと家を出ます。そして次々よその家へ行くのですが……。

ベストレビュー

やっぱりママが一番?

こぶたの3兄弟が主人公です。
いたずらばっかりするこぶた3兄弟に堪忍袋の尾が切れたママ。
叱られたことに腹を立てたこぶたたちが家出を試みる・・・というお話。

「隣の芝生は青く見える」のことわざどおり、よそのお宅のママは優しくて素敵に見えるのかも(笑)
でもやっぱり、自分のママが一番!なんですよね。
いたずらこぶたたち、家出を試みちゃうなんて大胆なことをやってくれるけど、でもやっぱり最後はママのところに戻ってきちゃう、可愛い子たちでした。

なにかと物騒な事件が多い昨今、小さい子どもが実際に家出なんてしちゃったら大変ですよね。
このお話の舞台のような、のんびりした世界がちょっとうらやましい気もしちゃいました・・・。
(あんれいさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柳生 まち子さんのその他の作品

ゆきのひのアイスクリーム / まだですか? / ちいさい はたけ / 3びきねこさんのそりあそび / やねうらべやのおにんぎょうさん / 3びきねこさんとさくらんぼさん



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

いえでだブヒブヒ

みんなの声(59人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 56人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット