雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
さくらの里の風来坊
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さくらの里の風来坊

  • 絵本
作・絵: 川端 誠
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784892386466


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

風来坊シリーズ第5弾。いつも気ままに、一人、旅をするお坊さんですが、このたびはわけあって、山のなかの小さな村にやってきました。
木彫りをする場所がほしいと、お寺をたずねたお坊さん。さっそく木をはこびこみ……。
みるみる彫りすすむ木の像の一方で、お坊さんの耳にきこえてくるのはあのときの馬のひづめの音。
それは、侍たちの早馬のまえに、よちよちと歩き出た女の子を助けようと、若い母親がはねられたときの、馬のひづめの音でした。
お坊さんの目の前で、なすすべもなく死んでいく女。侍たちは止まることもなく走り去り、お坊さんの胸には怒りと、「もういちどふるさとのさくらがみたかった」と言って死んでいった女へのかなしみがうずまいていました。
彫りあげたのは、すべての悪魔を降伏させる不動明王像。そしてもう一体、やさしい顔の仏像をもって丘にのぼったお坊さんは……。

「あしたは、どんな風がふく。おれは、天下の風来坊」といつもの決めぜりふ。
ちゃっかりしたところもあるけれど正義感の強い、そして木彫りの腕は天下一品のお坊さん、風来坊。本書ではいつになくお茶目な風来坊は描かれません。
そのかわり、こわいほど迫ってくるのは、土を蹴立てて走る侍の早馬、人びとの「ちくしょう、お里をかえせ――っ」というかなしみの叫び。子どもも釘づけで絵本に見入ります。

落語絵本シリーズ、『うえきばちです』『地球をほる』などで多くのファンをもつ絵本作家・川端誠さんの、知る人ぞ知る風来坊シリーズ。
骨太ながら、幼い子どもでさえじっと見入らせる構成力、絵の迫力、物語性。これぞ真の絵本の力と言えるのではないでしょうか。2014年には新作『おはなしばあさんと風来坊』も登場。どの作品から読んでも味わい深いシリーズです。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

ベストレビュー

主人公も成長するんだね

風来坊シリーズは、木彫りにかけては天下一品というお坊さんの大活躍する絵本。主人公は、無骨で人情味があって、とても親しみが持てるお坊さんです。
その中で、「さくらの里の風来坊」は、悲し過ぎる話で、風来坊が大きく成長した作品だと思います。目の前で、馬にはねられて死んでいく母親。シリーズの中で、初めて風来坊は人を救うことが出来なかった。自分では、どうにもできない、武士への怒りと、無力感。
風来坊は母親の古里を訪ねます。供養のため出来ることは、自分の悔しさをこめてやはり木彫りの観音像を作ること。観音像を手作りの祠におさめて、死んだ母親が見たかったという満開のさくらを見渡す風来坊の表情はとてもいい顔をしています。

風来坊シリーズ。
最初の「風来坊」では、荒削りなお坊さんでした。それだけ印象に残ったのですが。
「かえってきた風来坊」では、子どもたちを救い、権力に立ち向かい、正義感を力で表現していました。
「風来坊の子守唄がきこえる」では、火の中からすくった赤ん坊を親に返すまで育て上げる、人情味が出てきたお坊さん。お坊さんが親になりました。何もいわず子どもを親の手元に残し立ち去るお坊さんは、とても哀愁があって素敵でした。
「風来坊危機一髪」では、機転の利くお坊さんに成長していました。スピード感があって予想外の展開で最後にあっと言わせてくれます。シリーズの中で、息子が一番気に入った作品です。

そして、「さくらの里の風来坊」。お坊さんは、挫折を知り、一回り大きくなったように思います。子どもには、少し悲しすぎるかもしれないけど、このシリーズ、次の作品を見たい。

絵本のシリーズものというと、パターン化されていて、だんだん感動が薄くなっていくように思っていましたが、巻を重ねるごとに、主人公の成長を見せてくれる。
川端誠はすごいと思いました。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


川端 誠さんのその他の作品

野菜忍列伝其の五 風雲しょうが丸 / 風来坊の子守歌 / 十二支のどうぶつ小噺 / おはなしばあさんと風来坊 / 槍ケ岳山頂 / 川端誠落語絵本セット(全15巻)



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

さくらの里の風来坊

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット