雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
【出産のお祝いに】絵本みたいなカタログギフト「おめでとセレクション」
ゆきのひのおくりもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆきのひのおくりもの

  • 絵本
作: ポール・フランソワ
絵: ゲルダ・ミューラー
訳: ふしみ みさを
出版社: パロル舎

本体価格: ¥950 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ゆきのひのおくりもの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年12月
ISBN: 9784894192812

この作品が含まれるテーマ

おはなし

 雪がしんしんと降る、ある日のできごとです。こうさぎは雪の中で2本のにんじんを見つけました。1本食べるともうおなかがいっぱい。そこで残りの1本を持ってこうまを訪ねたけれど、あいにくの留守。おなかいっぱいで帰ったこうまは、こうさぎの置いていったにんじんを見つけ、ひつじに届けたけれど、あいにくの留守。おなかいっぱいで帰ったひつじは、こうまの置いていったにんじんを見つけ、こじかに届けたけれど……。

みどころ

 最後ににんじんはどうなるのか、ぐるぐる話で知られる中国民話の再話。繰り返しのパターンと落ち着いた色調が、冬の日のまどろみのような心地よさを提供します。動物たちの優しげな表情にも心休まりますね。“LES BONS AMIS”(よい友達)の原題どおり、読後は思わず、「お友だちっていいね」とつぶやいてしまうかも……。  この作品は、フランスで1931年創刊された「ペール・カストール」シリーズの一冊。同シリーズは、子どもの自発性や感受性を育む手段として、創造的な本を制作しようと始まりました。内容は散文や詩だけでなく、ぬり絵や切り抜きもあり豊富です。感性豊かな子どもたちを対象にするには絵の働きが重要だと考えられ、この理想実現のために多くの才能ある画家たちが創作に取り組みました。本国フランスだけでなく世界各国の絵本制作に影響を与えた作品群は、現在でも多くの読者に読み継がれています。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

雪の降る寒い日には、食べ物探しも一苦労。2本のニンジンを見つけた子ウサギは、ともだちの子馬を思い、家まで1本のニンジンを届けます。子馬もまた、友達の羊を思いやって……。子ウサギから子馬へ、子馬から羊へ、羊から子鹿へ。ともだちの輪をぐるぐる回るニンジンのお話。

ベストレビュー

一周回って

このお話は人参を二本見つけたうさぎさんが友達の家に一本おすそ分けしたところからお話が始まります。それぞれみんな友達の事を思いやっているみんなだったので、おすそ分けをもらったらみんな自分で食べずに友達にあげていました。それが最後には自分の所に戻ってくるというかわいいお話でした。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ゲルダ・ミューラーさんのその他の作品

ブレーメンのおんがくたい グリムのどうわより / 庭をつくろう! / ソフィーのやさいばたけ / 3びきのくま / 雨がふったら、どこへいく? / さるとつばめのやおやさん

ふしみ みさをさんのその他の作品

こねこのプーフー 7 スキーを したよ! / ネズミのゆうびんやさん / ネズミのゆうびんやさんのなつやすみ / チャーリーとシャーロットときんいろのカナリア / つかまるわけないだろ! / こねこのプーフー (6) トンネルをほる



「にじいろのさかな」シリーズ <br>編集者インタビュー

ゆきのひのおくりもの

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット