おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
宮沢賢治の絵本 寓話 洞熊学校を卒業した三人
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

宮沢賢治の絵本 寓話 洞熊学校を卒業した三人

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 大島 妙子
出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年10月
ISBN: 9784895881272

6歳から
26×25cm
40P ハードカバー

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


宮沢賢治の絵本アワード2015


宮沢賢治絵本シリーズ レビュー大募集!


編集者松田素子さんインタビュー

みどころ

何なんですか、このお話・・・!!
そう言いながらも驚きの展開の数々にすっかり夢中、途中でやめられなくなるのがこの宮沢賢治の快作『洞熊学校を卒業した三人』。

洞熊学校に同時に入学したのは、赤い手長の蜘蛛と、銀いろのなめくじと、顔を洗ったことのない狸。
洞熊先生に習ったことと言えば、一番になること。その方法とは競争、だまし合い…どうなってるの、この学校!?
一方その頃、蒼い目をした蜂たちは一つ一つの小さな桃色の花から密や香料をもらったり、花粉を他の花のところに運んだり、大忙しの春を過ごすのです。

さて、物語はそれぞれ三人が卒業した後のことを語ります。
洞熊学校で学んだ精神を忘れずに、それ、一番になろうと考えます。
蜘蛛はどうしたか。
容赦なく獲物を捕まえながら、どんどん大きくなっていくが…?
銀色のなめくじはどうしたか。
知恵を使って驚くほど大きくなり、名誉まで手にいれようとするが…?
最後に顔を洗わない狸は?

それぞれに必死で一生懸命。醜いようで、でも何だか可笑しい。その様子は風刺とユーモアがたっぷりで、読んでいる方が驚く事もしばしば。衝撃的な場面では笑ってしまい、エピソードの始まりと終わりでほのぼのさせられる大島妙子さんの絵がなんといってもすごい。まるで大島さんが描いたお話のようでもあり。

この寓話から何を受取るのか。眼の蒼い蜂たちの存在は何を意味するのか。大人になれば、思うところが多々あるかもしれない。今の仕事や生活の現実と照らし合わせてしまうかもしれない。
でも子どもたちにはまず、単純に物語の面白さを楽しんでもらいたいです。そこで何かザワザワっと引っかかったものがあったとすれば、また何年か後にきっと読み返してしまうのでしょうしね。楽しみです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

宮沢賢治の絵本 寓話 洞熊学校を卒業した三人

宮沢賢治の絵本 寓話 洞熊学校を卒業した三人

出版社からの紹介

赤い手長の蜘蛛と、銀いろのなめくじと、顔を洗ったことのない狸が、洞熊学校で習ったことは?
そのあげくに、三人がたどった道は?
競争とだまし合いに明け暮れるおろかな者たちのそばで、碧い眼の蜂たちは、せっせと実直に蜜を集めていた・・・。

三人が、それぞれのやり方で、それなりに必至で、各々みんな一番になろうと一生けん命競争した様子を、大島妙子がいきいきと、ユーモラスに、水彩画で描いた作品。

ベストレビュー

あまりにもグロテスク!

なんじゃい、この話!
洞熊学校を卒業した、赤い手長の蜘蛛と、銀色のなめくじと、顔を洗ったことのない狸が、たどった道はというと。
熊の先生が教えてくれたのは、一番になるということ。3年間で、それぞれが一番になって、卒業したら、それはそれは怪奇な生きざまを見せてくれました。奇妙な生きざまを、描かれた絵がさらに強調してくれました。その傍らでは、たくさんの眼の青い蜂の仲間がせっせせっせとお仕事をしています。その存在もこのお話を面白くしてくれる要素です。
(おしんさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮沢 賢治さんのその他の作品

雨ニモマケズ / フランドン農学校の豚 / 雨ニモマケズ / 宮沢賢治の絵本 ひのきとひなげし / 宮沢賢治の絵本 カイロ団長 / ますむらひろし版 宮沢賢治童話集「やまなし/ひかりの素足」

大島 妙子さんのその他の作品

はなやのおばさん / ビリンちゃんのもちがっせん / オニのサラリーマン / おまつりやさん / おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー / あっ!みーつけたっ!!



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

宮沢賢治の絵本 寓話 洞熊学校を卒業した三人

みんなの声(12人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット