ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほんの試し読みができます!
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
手遊びうたから人気の童謡まで、200曲を美しいイラストともに収録。歌詞、楽譜付き!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
やまのこどもたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やまのこどもたち

  • 絵本
作: 石井 桃子
絵: 深沢 紅子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥880 +税

「やまのこどもたち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1956年
ISBN: 9784001151169

4.5歳以上

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

春は梅の花でおままごと,夏には梨の実とり,秋の楽しい運動会,そして深い雪の中で迎えるお正月――東北地方の農村の素朴な暮しと自然を,いたずらっ子のたけちゃんを中心に描きます.

ベストレビュー

囲炉裏端はなくなっても

 原田泰治さんの描く日本のふるさとの情景が浮かんでくるような作品。石井桃子さんの文章も耳に心地よく、とても穏やかな気持ちになれます。お話自体は短く、決して派手さはないけれど、「やかまし村の春・夏・秋・冬」の日本版とでも言えるような絵本です。

 大人も子どもも季節を五感で感じながら生きていた時代。春には春の、秋には秋の楽しみがあり、そのすべてが四季の自然や行事と結びついていたんですね。そんな中で、のびのびと、感受性豊かに育っていく子どもたち。大切なことはみんな周りの人たちや自然が教えてくれていたんだな、と思います。

 海外で生まれ育った娘には、「じゅうばこ」や「むしろ」など、初めて聞く言葉もあり、私たち大人が読むのと違って、懐かしさよりも真新しさを感じたかもしれませんが、昔も今も変わらぬ子どもたちの元気な姿には、くすくす笑いながら共鳴していたようです。

 囲炉裏端はなくなっても、リビングに家族が集う時間、大切にしたいですね。
(ガーリャさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


石井 桃子さんのその他の作品

英日CD付 英語絵本 ちいさいおうち THE LITTLE HOUSE / プーのはちみつとり / イーヨーのあたらしいうち / プー あそびをはつめいする / 子どもに歯ごたえのある本を / ことらちゃんの冒険

深沢 紅子さんのその他の作品

福音館文庫 山のトムさん ほか一篇 / 山のトムさん / やまのたけちゃん



宇宙の姿が味わい深いイラストを通してわかる学習しかけ絵本

やまのこどもたち

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット