新刊
ぐにゃぐにゃ わんわん

ぐにゃぐにゃ わんわん(偕成社)

0歳からのあかちゃん絵本!あかちゃんの耳が喜ぶ楽しいリズム

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

コロボックル絵童話(1) コロボックルそらをとぶ

コロボックル絵童話(1) コロボックルそらをとぶ

  • 絵本
著者: 佐藤 さとる
画家: 村上 勉
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年05月
ISBN: 9784062124300

関連書籍
コロボックルふねにのる


この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

幻のコロボックル絵童話が新装版に。
シリーズ累計360万部、名作ファンタジー『コロボックル物語』の刊行45年を記念し『コロボックル絵童話』を復刊。本文はかえず、絵はすべて村上氏の新作で。

ベストレビュー

コロボックルの世界

そうそう、コロボックルは村上勉さんの絵でなくてはね。
この絵で一気にコロボックルの世界へ。
有名なコロボックルシリーズは、ぜひ子ども時代に読んでおきたいものですが、
その導入としてぴったりの絵童話があると知って早速セレクト。
この作品は第1話ということで、コロボックルの世界の説明もありますから、
嬉しいです。
さて、最初はトコという男の子の探検エピソードです。
ケガをした文鳥を見つけたトコは、早速介抱します。
ケガが治った文鳥は、トコを背中に乗せたまま飛び上がってしまうのです。
佐藤さとるさんの文章が、優しくその光景を綴り、
村上勉さんの絵がそのシーンを活写していますね。
トコと一緒に、ドキドキワクワクしてしまいます。
私は子どもの頃文鳥を飼っていたので、この作品の文鳥があまりによく描かれていてびっくりしました。
文鳥の身体の温かさまで感じてしまいました。
コロボックルの偉い人の対応には、大人の視点で感服でした。
絵本としては文章も多いですが、その分絵も多いので、
小さい子でもきっとコロボックルの世界を楽しんでくれると思います。
(レイラさん 40代・ママ 男の子17歳、男の子15歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,650円
1,100円
1,100円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,300円
638円
550円
2,200円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

コロボックル絵童話(1) コロボックルそらをとぶ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら