新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

雪の女王

雪の女王

  • 絵本
原作: アンデルセン
文: ナオミ・ルイス
絵: エロール・ル・カイン
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1981年
ISBN: 9784593501427

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある冬の日、雪の女王に連れ去られた大好きなカイをさがしにゲルダは旅に出ます。いろいろな苦難とたたかいながら、そのまごころでカイを救うゲルダのけなげな姿が印象的です。

ベストレビュー

もしかしたら“ゆばーば”のモデルはこの人?

多くの人が知っているアンデルセンの有名なお話です。
とわいえ、私はこの年になるまで、絵本では一度も読んだ記憶がありませんでした。でも、お話は知っているので、たぶん子どもの頃子ども向けのアニメで見たのだと思います。

この絵本の絵は、私のだい好きなエロール・ル・カインですが、
カイを探しに一人旅に出たゲルダに優しく声をかけた魔女(雪の女王とは別人)!この顔どこかで見たことがある!なんか知ってるぞ。と、しばらく考えていて気づきました。
宮崎駿アニメの『千と千尋』に登場する“ゆばーば”にすごく似ていました。
もしかしたら、宮崎駿さんは、この絵本から、ゆばーばのイメージをもらっていたのかもしれませんね。

エロール・ル・カインの絵はとても丁寧できれいなのに、
なぜかカイとゲルダの顔は平たくてあまり可愛いと思える顔だちをしていませんでした。
(他のお話の主人公はいつもたいていきれいに描かれているのに、不思議です)
ゲルダのカイを訪ねる旅は意外と長くて、いろいろなところに立ち寄ったりします。1ページに書かれている文は多くて細かい字でした。
読み聞かせに使うには聞き手も、読み手もつらそうです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,540円
1,320円
3,300円
1,760円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,650円
1,320円
10,780円
594円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

雪の女王

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら