新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

十二支のしんねんかい

十二支のしんねんかい

  • 絵本
文: みき つきみ
画: 柳原 良平
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2012年11月25日
ISBN: 9784772102100

出版社のおすすめ年齢:4歳〜
32ページ/21×23cm

この作品が含まれるテーマ

みどころ

柳原良平さんが描いた十二支の動物たち。
もう、そう聞いただけで早く見たくなっちゃうのがこの絵本!
「ぽっこり めでたく はつひので」
今日は新しい年が始まる日。
子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥。
みんな集まって何をするのかといえば、新年会を開くっていうんですから、
本当に平和でおめでたいお話なのです。
まずは、みんなの紹介が始まります。
語呂が良くて、響きも言葉も何だかユーモラスな言葉に乗せて、
登場するのは・・・これこれ、この感じ!!
期待を裏切らない絶妙な雰囲気を醸し出す、切り絵で描かれた干支の動物たちです。
早く自分の干支のページが見たくて、思わず急いでめくってしまい、
無事にご対面しその可愛らしさに満足したら(笑)、その後に待っているのは大宴会。
賑やかに騒いだあと、最後には金屏風の前で揃ってごあいさつ。
「あけまして おめでとうございます」
小さな子どもたちにとって、伝統的な行事であるお正月や十二支の動物たちも、
こんな楽しいイメージで出会えたら幸せですね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

元日に、十二支の動物たちが新年会へ。おせちでお祝いの前に、まずは語呂のよい言葉にのせてそれぞれをご紹介します。最後はそろって金屏風の前でごあいさつ。伝統的な動物たちのイメージを楽しい切り絵で届けます。

ベストレビュー

我が家の新年会に

干支の絵本はいろいろありますが、文字数少なくて手に取りやすい大きさのものを探していたら、こちらをみつけました。
息子はすぐに干支の順番をおぼえていました。最後に干支の12支がしんねんのごあいさつをするので、お正月がくるたんびに読んであげたいなぁと思い購入しました。
あと、やっぱり柳原さんの絵が、とってもかわいいです!!
(イヨイヨさん 30代・ママ 男の子4歳、女の子2歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

990円
1,100円
1,430円
1,430円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

9,020円
3,080円
2,090円
385円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

十二支のしんねんかい

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.41

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら