モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

おおきなかしの木」 みんなの声

おおきなかしの木 作:エリザベス・ローズ
絵:ジェラルド・ローズ
訳:ふしみみさを
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784001108897
評価スコア 4
評価ランキング 18,712
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一つのドングリから始まって

    このお話は、一粒のドングリが大きく大きく成長して町のみんなに愛される存在に成長するお話でした。大きくなる過程で、いろいろな人々の思い出の一部にこの木が残っていっている様子がとっても素敵なお話だと思いました。

    掲載日:2016/10/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大きなかしの木の一生

    千年を超えるかしの木の一生は、ほんの偶然から始まっている。
    そう考えると、何と偉大な偶然だったろうかと感慨に耽ってしまいました。
    かしの木は一生の間に様々なものを見てきたのだと思うと、壮大な気持ちにもなりました。
    回りの樹木が切り倒されて、様々な物の材料になる。
    自分の身の回りにもそんな物がいっぱいです。
    様々なドラマがあり、次第に一本の取り残された木は、シンボルとして人々に愛されるようになりました。
    偶然の天災によって焼けてしまったとき、人々は喪失感をもったことでしょう。
    焼けて切り倒されたかしの木ですが、残された切り株から新たな予感を残したラストシーンに、余韻が残りました。
    ただ、絵の独特性には、読者を選んでしまう残念さも感じました。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 木の歴史

    木の歴史を感じました。
    とても長く、壮大な歴史だと思います。
    人の感覚でははてしない時間なのかもしれませんが、木にとっては特に長すぎたわけではないのでしょう。
    そう考えると、まだまだ人間も小さい存在だなと思いました。




    掲載日:2012/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • スケールの大きい話でした

    私は何故か木(樹)の絵本が好きなので、この本も図書館で見つけて借りて帰ってきました。
    古人の言葉、“大海の水も一滴から”とか“森羅万象、諸行無常”とかそんな言葉を感じ
    させられる本でした。

    リスが落とした1粒のどんぐりが芽を出して、何年・何十年・何百年もの歳月をかけて成長
    していく。その傍らで、色々な生きものの営みがあり、段々と人間にスポットがあてられ、
    人間の繁栄や愚行をじっとみつめてきた“かし”。 その“かし”も最後には、落雷で燃え
    枯れてしまう...
    でも、また、“始まり”が始まるかのように、どんぐりをくわえたリスが登場したところで
    終わるこの話に、ただただ悠久の時の流れを感じるばかりでした。

    次の何年・何十年・何百年の間にも人間は愚行と繁栄を繰り返してしまうのかな...

    ページいっぱいに濃い色で描かれた絵がとても印象的な絵本でした。息子もその不思議な
    魅力を感じたようでした。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • かしの木から 学ぶ事

    ドングリからはてしない時をかけて りっぱなかしの木に成長する様が 力強い絵で表現されていました。大きく成長したかしの木は 人々に安らぎを与えてくれました。火事で死んでしまった木。1000歳を超えるかしに木。かしの木は 1000年の時を 何を考えていたのか 知りたいです。

    掲載日:2007/02/07

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット