おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ひでちゃんのにっき」 みんなの声

ひでちゃんのにっき 作:永瀬清子
絵:堀内 誠一
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2004年
ISBN:9784834020496
評価スコア 3.29
評価ランキング 36,785
みんなの声 総数 6
「ひでちゃんのにっき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 日記というより詩

    堀内誠一さんの絵が好きで図書館で借りてきました。
    表紙に載っているいろんな生物を見てどんな内容なんだろうとわくわくしました。
    が、中身は日記というより詩。とっても叙情的で素敵でしたが、表紙の印象とは違うものでした。

    鉄棒から落ちたときに見た青空、クローバーの匂い、お風呂の木の壁に指で落書きなど、なんとなく自分にも覚えがあるものもあり、ノスタルジックな気持ちになりました。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい絵日記

    とても優しい絵日記だと思いました。

    日常に感じる思いを感じ方を詩のように描かれているなあって、ひでち

    ゃんってとってもセンスのいい子だなあって思いました。

    日記を強要されるのでなく自分で書きたくて綴られていると思ったし、

    ひでちゃんの思いを1月から12月まで季節を感じることも出来ました

    お正月の「クワイ」から、ずうっと優しい気持ちにしてもらいました。

    「クワイ」の描き方に微笑んでしまったし、とても懐かしかったです。

    義母の美味しいお料理を思い出してまた食べたくなりました。

    掲載日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの日常的な思い

    堀内誠一の絵ということで惹かれ読んでみる気になりました。

    絵本ごとに作風が違うのに驚かされます。

    サインペンで描かれたような子どもの日記風の絵ですが、それぞれの情景が浮かび上がってきます。

    お風呂の中で、木の木目に湯気で絵を描く場面には懐かしさを感じました。

    子どもの日常的な思いがぎゅっと凝縮されたようなエピソードがいっぱいで、子どもから大人まで、「こんなことあったな」と共感できるエピソードが見つかるかもしれません。

    掲載日:2008/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日記

    ひでちゃんが日常の様子を日記に描いたお話です。

    鉄棒から落ちたり、海で釣りをしたりと、日常の生活風景が伝わってきました。

    ただ、子ども目線で描かれているとは思うのですが、なんとなく大人が子どもの頃を思い出して描いているように感じてしまいました。
    淡々と日記で描かれているので、子どもにとってはあまり好きになる絵本ではないように感じました。
    どちらかと言うと、大人向けの絵本のような気がしました。

    大人が子どもと一緒に読むには、オススメの一冊です☆

    掲載日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩も絵も上手だけど・・・

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪7歳

    確かに詩も絵も上手なのだけど、大人からみた子供の世界をかいているみたいで、子供がみて面白いとつぼにはまっていない感じがします。子供ってもっと不器用で泥くさくて、それでもってぐちゃぐちゃで大人が笑うのじゃなくて、子供らしい笑みが必要だと思います。個人的な詩集としては面白いと思います。

    掲載日:2008/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供目線の日常

    ひでちゃんが書く日記を延々とつづった絵本。
    子供の、子供目線で考えたり、見つめたりする
    日常を感じることができます。

    何でも、どんなことも疑問に思ったり
    不思議に考えたりしてるんですね〜
    子供って、こんな風に思ってるんだな〜って思いながら
    読み進めました。
    私たちもきっと、子供時代はそうやっていろいろ思い
    書き留めてたんでしょうね!
    子供心に帰りたい時に読みたいです。

    掲載日:2007/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / アンガスとあひる / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / つんつくせんせいととんがりぼうし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット