雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

いぬのマーサとスープのひみつ 」 みんなの声

いぬのマーサとスープのひみつ 作・絵:スーザン・メドー
訳:ひがし はるみ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1997年
ISBN:9784577017920
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,681
みんなの声 総数 7
「いぬのマーサとスープのひみつ 」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 秘密

    タイトルの”秘密”という言葉に惹かれたのでこの絵本を選びました。本当にユニークなパスタだと感激しました。色々な事を言葉にして伝えることがどれほど有意義な事なのかを再確認できる絵本でした。やはり何事においても手を抜かずに誠実にしなければならない事を主人公から教えてもらいました。行動力ある主人公がとてもカッコイイと思いました。他のシリーズも読んでみたいです。

    掲載日:2009/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 職人魂

    「あ〜ん」まで、文字を入れる担当職人の、「あ」担当のアルフ・アボットの仕事が好きで、腕のいい職人。自分の仕事が、自分にぴったりと思っていつも完璧を目指し仕事に誇りを持っているのが、とても羨ましいです。「あいうえおマカロニ」が食べたくなりました。マーサの家族が、とても素敵です。マーサは、家族の一員だから、しゃべれなくなっても大事にされてると思いました。絵も素敵で、テーブルクロスまで、「あ」の文字がぎっしりなのが、とても細かい部分まで丁寧に描かれて気配りがされていると思いました。

    掲載日:2009/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしい物を届けたいと思う気持ち

    食品作りは、営利だけでなく、おいしい物を消費者に届けたいと思う気持ちを忘れてはいけないなと思いました。偽装事件が相次いでいるので、余計にそう思ってしまうのかもしれませんが。

    息子は、アルファベットの文字がすべて入らなくなったマカロニスープの理由をマーサがつきとめるのを、ドキドキしながら見守っていたようです。

    マーサが社長をどうこらしめるのか?と思っていたのですが、一番効果的な方法でよかったと思いました。

    掲載日:2008/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • どことなく現実的

    『いぬのマーサがしゃべったら』をとても楽しんだ娘と、今度はスープの秘密に迫ってみました。
    なんか……ニュースでやってそうな話。工場事情に関しては、絵本世界と思えませんでした。
    それだけに社会批判? なんて難しいことを考えてしまいました。

    娘は喋るマーサの、すっかり社会生活に慣れた様子にニコニコで聞き入り、良かったなぁ!と喜んでいました。
    「ハンバーガー10こ、パンぬきでね」には私も笑ってしまいました。

    ただ何喋っているかわからない部分を読むのが難しかったです。
    途中説明を入れながら読んだのですが、入れない方がおもしろかったかな?

    掲載日:2008/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • なーんだ

    どうしてあいうえおスープを食べるとマーサが喋れるようになったのか?という根本的な答えがこの絵本にあると思って読んだのですがそうではなかったですね。
    始めは拍子抜けしたような気持ちでしたが
    あいうえおスープの社長が方針を変えたために
    マーサの言葉に変化が生れてきて・・・っていうコミカルな設定が笑えました。
    意味の分からない言葉ばかり言うマーサを見て娘も大笑い。
    最後には、またまた人間をやり込めてしまうマーサの様子が面白かったです。

    掲載日:2008/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • あいうえのスープのひみつ

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    犬のマーサのシリーズの絵本は我が家でいま大ヒット中です。

    あいうえのスープを飲んでみたくってたまらない我が家の子供達。
    確か私が子供の頃はABCマカロニが売っていたのだけれど・・・今は売り場を探しても見かけることができず・・・パスタ売り場を放浪する日々です。

    今回のお話は、犬のマーサが言葉を話せるようになった原因のあいうえのスープです。
    スープにはきちんと「あ〜ん」まですべての文字が入っていたのですね。
    そして1文字に1人の職人さんがいるなんて・・・なんてメルヘン!

    今回もマーサは活躍します。
    ぜひ読んでみて下さい どうぞお楽しみに!

    掲載日:2007/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手抜きはダメです!

    • 花ぶらんこさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子11歳、女の子9歳

    毎日欠かさずあいうえおマカロニスープを食べていたのに
    ある日犬のマーサの口から出てくる言葉が
    おかしくなり始めました。
    元の喋れない犬に戻ってしまうんだろうか?
    家族に見放されてしまうんじゃないだろうか?
    そんな心配をするマーサがいじらしい〜。
    マーサが人間のように喋れるようになった
    スープの中身が大事だったんですね!
    その秘密がこのお話でしっかりと分かります。
    読んでいくとマーサと一緒になって
    娘は言葉にならない言葉が読みづらそうでしたが
    マーサの家族の暖かさが最後に伝わり
    やっぱり期待を裏切らなかったのでした。

    掲載日:2007/06/19

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット