庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

うんこいってきます!」 みんなの声

うんこいってきます! 作・絵:スギヤマカナヨ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年06月
ISBN:9784333022755
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,334
みんなの声 総数 12
「うんこいってきます!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 学校のトイレ(個室)に入るには…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    子どもが学校で大きいほうをする。というのは、確かに勇気がいると思います。
    自分の時はどうだったかぁ〜。
    昔過ぎて記憶があやふやです。でも女の子だったので、男の子ほどの勇気というか、「個室に入らなければ!」という気合はなかったと思います。

    この作品を読んだら、学校での変なトイレいじめはなくなるかもしれませんね。
    イラストの感じはすごくマンガのイラストっぽいです。
    はっきりしていて遠目も聞きます。文章は短く、長々とした説明文はありません。
    とても読みやすかったです。
    でも、内容がしものことなので、朝読書などのよみきかせで読むのは、もしかしたら担任の先生の心証がわくるくなるかもしれません。

    学校でトイレ(大きいほう)に行きたい!でも、恥ずかしい〜よぉ。という人はぜひ一度読んでほしいです。

    掲載日:2016/10/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 小学生むけ

    小学生頃に多くの少年少女が感じたことのある気持ちだと思います。
    もっと、ネタっぽいのを想像していたけど、違った面白さがあったなと言う感じです。

    息子も多少、主人公の気持ちに共感出来るようで、面白かった!と言っていました。
    絵もコミカルでサラッと読めます。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい絵本です。

    娘が図書館でこれ借りると選んだときは『もうまたそんなお下品な絵本!!』と思いながら借りたのですが、なんのなんの、とてもいい本でした。上品ではないけれどね(笑)
    主人公のまことくんは、学校でうんこしたいんだけどできなくて、学校では便意をもよおさないように工夫したり理想のトイレを考えたりするんですが。でもでも、学校で便意をもよおしちゃったまことくんはうんこするために大苦戦するのです。

    勇気を出して、うんちが出来るようになる、楽しい本です。
    入学前に読んでおきたい1冊ですね。

    掲載日:2013/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • うんこヒーローってかっこいい!

    • 梅★ようこさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子5歳、女の子3歳

     うんこって小学生くらいになってくると学校のトイレでするにはなかなかタイミングが難しい! 女の子同士だとトイレに行くのもお友達と一緒だし、男の子の場合だとうんこをするには個室に入らないと行けないので一目瞭然。
     そんな子どもの気持ちがそのまま絵本になってて、私自身がすごい読んでて楽しかったです。
    娘はまだ幼稚園児。
    うんこをするのもまだ恥ずかしいなんて思っていないけど、うんこネタは大好きなので絵本も楽しんで聞いていました。
     「うんこいってきます」と堂々と言えるお友達がかっこいい「うんこヒーロー」に見えるっていうのも、すごく上手に子どもの気持ちを捉えてて、娘たちが小学生くらいに入ったらまたぜひ読んであげたいと思います。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先生、うんこヒーローになって!

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子15歳、女の子13歳

    学校でうんこをすることは、子どもたちにとって大きな問題です。私もなるべくうんこはしなようにしていたとおもいます。生理的な現象なのだから、恥ずかしがらなくて良いと思うのですが、この『うんこいってきます!』に書かれているとおり、うんこに行ったことがばれると、からかわれたり、いじめられたりすることがあるんですよね。

    この絵本の主人公のように、さりげなく「うんこいってくる」って一度言ってしまえば、次からは気持ちが楽になると思うのですが、果たして現実はどうなのでしょう。
    本人にとっては切実な問題なので、意外と「うんこいってくる」と言えるまでの道程は長いかもしれません。

    少しでもこの本を読むことで、子どもたちが解決のヒントをつかんでくれると良いと思います。
    ただ気をつけて欲しいのは、何の考えもなく、先生がこの絵本を読んだだけで終わらせてしまうと、状況を悪化させるだけのような気がします。綿密に指導案を作っておく必要があると思います。

    見返しには、たくさんの料理の絵。おそらく給食のメニューなんでしょうね。子どもたちが、学校のトイレでうんこがしたくないがために、給食のお変わりを我慢しているとしたらかわいそうなことです。

    そしてさらに裏表紙には、「うんこヒーロー」のコスチュームが解説されています。なかでも「うんこキャップ」と「トイレットマント」が良いですね。大人の私も欲しいくらいです。
    是非、先生に「うんこヒーロー」になってもらいたいものです。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても大事な、ありがたい、お話

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子16歳、男の子14歳、男の子 6歳

    おおー、なんて子供たちが大好きな言葉が題名に!!勇気ある題名にした作者を称えたいと思います。面白おかしく出来ているおふざけの絵本化と思いきや、とんでもありませんよ。子供たちが陥りやすい部分にやんわり触れてくださっていて、とても大事なお話でした。この春1年生になった息子に、いつかはこんな思いをするのではないか、お友達がこんな思いをしているときにどんな態度で接してあげるべきか、はっきりと解りやすい展開で教えてあげられたのは、ありがたいと思った絵本です。もちろん息子も、うんうんとうなずきながら絵を見ていたので、理解したものと受け取っています。最後まで、(話題が話題だけに)爽やかに終わっている所が、素晴らしいです。

    掲載日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • うんこヒーローになろう!

    「学校でうんこなんて、恥ずかしいに決まってるじゃん!」

    と感じているのは、主人公のまこと以外にも大勢いるはず。
    けれど、授業中に手を挙げ、「先生、うんこ」と言える強者が、
    まことのクラスにいるんです。その子は、うんこヒーローなのだ(笑)

    ある日、ついついおかわりして給食を食べ過ぎた、まこと。
    もっとも恐れていた、学校でうんこがしたくなる事態に。
    さて、まことは、うんこヒーローになれるでしょうか?

    「学校で排便すること」にスポットを当て、ありがちなシチュエーションを題材に、
    おもしろおかしくストーリーが展開していきます。
    「学校でうんこをする」ということに否定的な考えも、これを読めば
    どんどん肯定していけるスグレモノの一冊。

    こういう絵本は、是非、学校で読み聞かせて欲しいですね。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子はつらいよ

    男の子はおしっことうんこをする便器が違うからうんこをするのがはずかしい。からかわれたりする。
    平気でうんこしたと言える子をうらやましく思うまことが、からかわれた時にうんこヒーローアンチンに助けてもらって自分もうんこを学校ですることが気にならなくなる話です。

    息子も男の子のトイレ事情にうなずいていました。できるだけ人のいない時をねらって行くんだとか。
    「おしっこも個室でするようにしたらわかんないんじゃない?」なんて思いつきで言ってみたら「毎回個室に入る子もいるけど、立っておしっこできないんじゃないかって噂だよ」と。

    この本を読んで息子もちょっと勇気をもらったようです。
    主人公まことの語り口調で書かれているので、お友達のお話を聞いているようでとても楽しかったです。

    掲載日:2010/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • はずかしくないぞう〜

    学校のトイレで うんち するのは 
    ちょっと....

    って 子にぜひ 読んで欲しい!!

    特に 男の子は なかなか 個室のトイレに 入れないよね〜

    この本を 読んで 元気に 学校で うんちしよ〜

    でも うちの息子は
    僕 まだ 学校で うんち したことないよ〜

    と余裕の 笑顔

    いつか..その日のために..

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「わかる、わかる」 by息子

    • リンダおばさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子14歳、男の子11歳、男の子5歳

    4年生に読みきかせをしたところ、
    一年間で一番人気のある作品でした。

    学校のトイレの個室に入る勇気が出ない男の子の心の葛藤が一人称で描かれています。


    「…ぎゅうにゅうを のみおわったころから、いやな よかんが したんだ。
    そして、ごちそうさまの あいさつのとき、かくしんした。
    うんこだ。」


    このくだりを臨場感あふれるよう、気持ちを込めて読みました。

    男の子の笑っちゃうような日常ですが共感できる子が多かったのでは?
    私は元女子なので図りかねますが…

    ただ、朝のさわやかなひと時「うんこ」を連発するのは…で星4つです。

    掲載日:2009/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / きょだいな きょだいな / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット