雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

きかんしゃトーマスのあたらしいおともだち」 みんなの声

きかんしゃトーマスのあたらしいおともだち 作:W・オードリー
訳:まだらめ 三保
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\563+税
発行日:1991年10月
ISBN:9784591039274
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,442
みんなの声 総数 2
「きかんしゃトーマスのあたらしいおともだち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 新しいお友達トレバー

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    最近トーマスのシリーズにはまっている5歳の長男に読みました。「機関車トーマスのアニメ絵本」シリーズの第17巻です。

    題名の新しいお友達は、牽引車のトレバーです。トレバーはエドワードの友達ですが、この巻でトーマスとも知り合います。今は現役を引退して果樹園で働いていますが、港の工事に呼び出され、期待通りの活躍をして、さらには子供たちとも遊んであげます。子供好きの働き者ということで評判も上々。ほっとする結末です。

    息子はプラレールのおもちゃでトレバーを持っていたので、その人(?)となりが分かって満足していました。

    掲載日:2014/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいキャラクターが気に入りました

    トーマスは機関車だけのお話だと思っていたら今回登場するのは牽引車のトレバー。トレバーはスクラップになりそうだったこともあって、ちょっと古ぼけた印象。でもまだまだ働けるし、子どもが大好きなのですね。

    子どもが大好きというところに好印象を持ちました。牽引車なのに仕事がなかったトレバー。今回はその力を充分に発揮できてよかったなあと思いました。

    私はトーマスシリーズに興味はなかったのですが、息子と読むうちに機関車のキャラクター設定がしっかかりなされていることに気がつきました。

    最近は、なかなかおもしろいなと思って読んでいます。気持ちの優しいトレバーのキャラクターが気に入りました。また別の話での活躍を期待しています。

    掲載日:2007/11/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クララ
    クララ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    今からおよそ300年前、ヨーロッパを旅したサイのはなし。実話をもとに描かれた感動の一冊。


入学・入園・進級の準備に、知育しかけ絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット