ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

と・も・だ・ち」 みんなの声

と・も・だ・ち 作・絵:いもと ようこ
出版社:至光社 至光社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1995年
ISBN:9784783402282
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,568
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 深い話

    文は少なく、時間も三分ほどで読み終えるので、低年齢の子から楽しめると思いますが、
    内容は大人の自分でもいろいろ考えさせられる、深い話だと思いました。

    もし、自分が友達といて海や山で遭難したら・・・。
    もし、そこへ なんでも一つだけ願い事を叶えてくれる魔法の瓶があらわれたら・・・。
    と、自分におきかえて考えてしまいました。

    お月さまがキラキラと優しく光るなか、氷山の上でポツンと座っている三人組。
    その場面の美しさには目を奪われます。
    なんともいえない雰囲気で、ついずっと眺めてしまいました。


    小学校で読み聞かせするなら、低学年向けかな?なんて最初思ったのですが、
    いえいえ、これはぜひ全学年の子たちに読みたいですね。
    そして聞いてみたいです。
    「ねえ、みんなだったら、どんな願い事をする?」って・・・。

    掲載日:2017/09/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • いもとさんの絵本の中で一番好き♪

    ある困ったことが起きたとき、手紙が入ったびんが流れてきます。
    それには「ひとりにひとつづつねがいをかなえてやろう」とありました。
    最後の1人はなかなか願い事が決まらず、ついつぶやいてしまったら・・・
    というお話です。

    もともとは北欧の『3つのねがい』というお話だそうです。
    ねがいを叶えてもらうというお話は結構多いですよね。
    子供だけではなく大人になっても、(願いを叶えてもらえたら・・・)
    という願望は消えませんね(笑)
    だからついこういうお話には惹かれてしまいます。
    ましてや、ビンの中に手紙が入っていて・・・という不思議なオマケ付きですもの、なおさら!

    それをいもとさんの絵で更に盛り上げていきます。
    とってもきれいな絵本なんです。
    飾っておいてもいいくらいなんですよ!

    私が一番好きなのは、月が出ている海のページ。
    氷山も描かれているのですが
    その寒々とした感じが伝わってきます。
    でもそこはいもとさんの絵本。
    あの温かな絵の感じもなくなってはいません。
    その相反するところがなんともいえない。

    いもとファンのかたには、ぜひ見て欲しい一冊ですね。

    図書館から借りたのですが
    2週間たって返却しようと思ったら
    「え〜!! ○○ちゃん、この絵本好きだから、もう一回借りてきて〜」とリクエストが!!
    今までもう一度リクエストなんてあったかしら??

    掲載日:2009/05/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 結末にびっくり!

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子4歳

    うそ…。っていう結末。意表をつかれた最後にあぜんとしました。
    たった一つのお願いで、ともだちの幸せをねがったりするのかと思っていたのに…。
    まさかのまさかです。この題名がともだちっていうのがおもしろいですね。

    掲載日:2017/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えてしまいました

    北欧のお話なのですね。
    昔から3つのねがいと言うテーマはよくありますが
    このパターンはむつかしくて考えてしまいました。
    ラストの3にんの後ろ姿をみれば、決して悪い選択では
    なかったのだろうと安心するのですが、その実
    どうなったのだろうと気になるお話でした。
    友だちはなにものにも代えがたい大切なもの、という教えでしょうか。

    掲載日:2017/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分ならどうするかな?

    自分なら,この立場だったら何をお願いするだろう〜と考えてしまう絵本ですね。
    最後の一人,どうしてそこ!?と正直思ってしまいましたが(笑)。
    一人残った心細さとはそういうものなのかも知れませんね。
    SOS!三人に助けがきて無事に助かりますように。
    そう願わずにはいられません。

    掲載日:2017/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 三人一緒でほっとしました!

    全頁試し読みで読みました。三人の願いですが、結局は、黄色い男のつぶやきで、元のままの場所なのですが、私は、三人一緒だったので正直ほっとしました。氷山の一角で大変だとは思うのですが、三人一緒なら心強いからバラバラになるよりいいかなあと思うのですが、その後がどうなったのか気になるところです。

    掲載日:2017/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ピヨピヨ ハッピーバースデー / きょうのごはん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



頬をひっぱったら?お子さん・お孫さんといっしょに!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット