うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ぱかぽこはしろ!」 みんなの声

ぱかぽこはしろ! 作・絵:ニコラ・スミー
訳:せな あいこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2008年03月
ISBN:9784566008823
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,192
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっと微妙

    海外の絵本で和訳された絵本です。

    その和訳があまり子供むけではありません。

    馬がいろんな動物に『乗っていいよ』と

    誘うシーンが何度も出てくるんですが

    そのときの言葉が『おのりよ』なんです。

    お乗りなさいいという意味が分からないと

    思うので乗っていいよという風にかえて

    読みました。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音の表現

    独特の音の表現が娘の耳にはとても心地よく響いた様子でした。馬の走る音は日本では”ぱかぱか”というのが一般的だと思います。でも、馬の走る音は”ぱかぽこ”でもいいし、何だか実際の音に忠実なようにも思えました。とにかく娘が”ぱかぽこ”という言葉に喜んでくれたので私も読みがいがありました。気前のいい主人公に感激しました。

    掲載日:2008/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい うまさん

    おうまあそびおもしろいから、まごが動けるようになったら、やってほしいだろうなあ・・・・
    パパのせなかで、ぱかぽこ できるようになるといいなあ?
    いつも絵本で夢と希望を抱いてよんでます。
    おうまさん、やさしいから、ねこちゃん、いぬくん、ぶたさん、あひるさんまでのせて、ぱかぽこ ぱかぽこ 。。。。
    たのしそう。。。。
    やっぱり、素直にのせて〜
    って、遠慮しないのが、うれしいだろうなあ〜
    スピードがこわくないのかな?
    孫はできなくても、絵本だけでも経験させてあげれるから、よんであげよっと。。。。。
    ぱかぽこ ぱかぽこ、 ぱっかっかーん!

    掲載日:2008/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • パッパカ〜

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子1歳

    うまさんの背中に乗せてもらった、ねこちゃん、いぬくん、ぶたくん、あひるちゃん。
    「早く!もっと!」とせがまれ、スピードをあげたうまさんでしたが、ピタッと立ち止まり・・・

    ねこちゃんたちは、まさに子供そのもの。
    激しい遊びが好きで、ちょっとビックリしてもまたすぐ「もっと!もっと!」
    いつまでも楽しく遊んでいたいんですよね。
    うまはお母さんやお父さんです。
    子供達が行き過ぎると心配してしまいますが、楽しい姿を見るために何度でも頑張ってしまう。
    そんな親子関係を表しているような光景でした。

    娘はうまを見るとパッパカ〜と言って、シャンプします。
    何度つまづいてもまた立ち上がり「パッパカ〜」
    絵本を読みながらもジャンプしていました。
    ネコちゃんたちと同じです。

    掲載日:2008/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • どの子も

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    娘と息子と3人でこの絵本を最後まで読んで、
    一番笑ったのは私だったかもしれません。

    だって、これ、この反応!
    ウチの子どもたちです(笑)
    読んだみなさんも、きっとそう思うはず。
    「そうそう、こうやって繰り返し同じ事をする羽目になるのよね〜」と。

    復唱魔の息子はもちろん復唱して楽しんでいましたが、次の日、
    実践を要求することも、ちゃーんと、忘れませんでした(^^ゞ

    掲載日:2008/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物達の絵が親しみ易い

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    登場するのは、馬、犬、猫、豚、アヒルと馴染みの動物ばかり。
    馬に乗せてもらって疾走するのですが、スピード感に溢れる描写だと思います。
    ぱかぽこ、ぱかぽこという繰り返しの擬音が、心地よく子供に響くことでしょう。
    一番の見どころは、やはり馬がストップして、皆が放り出されるシーン。
    確かに、反動でこうなるのは分かっていても、こういう展開は絵本ならではのものだと思います。

    全体的に文章も少なく、動物の動きも分かり易いので、小さいお子さんから楽しめる絵本です。

    掲載日:2008/05/31

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット