大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ぼくとおとうさんのテッド」 みんなの声

ぼくとおとうさんのテッド 作・絵:トニー・ディテルリッジ
訳:安藤哲也
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年05月
ISBN:9784894235854
評価スコア 4.84
評価ランキング 121
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 子供だけに見えるもの

    5歳3歳の娘達にパパが図書館で選んだ絵本です。表紙から可愛らしく楽しそう。私も魅かれました。

    お話は男の子にだけ見える怪獣テッド(?)と男の子のお話です。お父さんにテッドのことを話してもお父さんには見えないんです。怒られてばかりの男の子。でも、最後に感動の場面が。

    子供の心を忘れてしまった私にも、考えさせられるお話でした。我が家の娘達にも何か見えているのかな?とってもオススメですよ。

    掲載日:2013/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • きっと誰の心にも住んでいるテッド

    • ランタナさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    鮮やかなラズベリー色、犬みたいな、カバみたいな、やたら大きな不思議な生き物。
    「テッドって何者?」
    何かしでかしてくれそうな予感に、ワクワク読み始めました。

    「ぼく」とテッドのとんでもなく楽しく、困った遊びの数々とのびやかな絵が楽しくて、息子は大喜び。
    プールの場面はうひゃうひゃ笑っていました。

    親目線で見ると、少し胸が痛むお話でもありました。
    最初のページ、3人掛けのソファーに1人きりでしゃがみこむ「ぼく」はあまりに切ない。
    長いお話の最初から最後まで、お母さんは全く登場しません。
    少年はお父さんと2人暮らしなのでしょう。

    怒ってばかりのお父さんだけど、仕事も家のこともして、子どもに正しいことを教えようと頑張って・・・真面目で一生懸命なんですよね。
    「ぼく」もそれが分かっているからこそ、
    自分が遊んでもらいたいだけでなく、お父さんにも笑って欲しいと必死だったのかもしれません。

    「きみのお父さんは、いつからあんなに、つまらないやつになったんだい?」
    お母さんの私にも響くテッドの言葉。

    最後の絵だけのページ、何度読んでも胸が熱くなります。
    誕生日ですら遊んでもらえなかった「ぼく」の願いが叶ったから。
    お父さんもお揃いのパーティ帽子を被って、本当にいい笑顔をしているから。
    お父さんが大好きな息子も、最後のページがお気に入りです!
    子どもはお父さん、お母さんに笑っていて欲しいんですよね。
    忙しいウチのお父さんにも読んであげなくちゃ。

    いくつかの章立てのある、長めのお話ですが、
    幸せな結末、また裏表紙まで飽きさせません!
    年長さん位から、昔、空想のお友達と遊んだ大人の方まで、おすすめの絵本です。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんにお薦めの一冊

    僕に見えるテッドは、僕にとってとても仲の良い友だち。
    でもお父さんには見えないらしい。
    テッドの提案する遊びはとても破天荒ですが、奔放な子どもの遊び心をみごとに表現しています。
    過激に遊んで、とうとうお父さんを怒らせてしまうのですが、お父さんが昔なくした光線銃を見つけたとき、お父さんは本当のお父さんになったような気がします。
    自分にとって子育てって何だろう?
    自分にとってのテッドはどこだろう?
    父親が父親になるためには、大人になることではなくて子どもだったことを思い出すことかも知れません。
    子どもには楽しく、お父さんにはチョッピリ父親業テキストのような絵本でした。

    楽しいだけではなく翻訳者の力の入った一冊と見ました。
    なにせ、訳者の安藤哲也さんはパパ‘s&絵本プロジェクトメンバーであり、絵本ナビの取締役(非常勤)とか。
    父親に寄せる熱い思いを感じた一冊です。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  •  父の日には、この絵本もお薦めですね。

     最初に手にしたときには、デッドのキャラに度肝を抜かれた感じでした。
     ディズニー映画の何かに登場していたような、インパクトがありますね。
     ぼくとテッドの楽しい時間に、口をあんぐりというシーンもありましたが、これぞこどもの遊び心だよな〜、と納得。

     パパが大人になってもらわなければ、確かに困ることは多いけれど、こどもと遊ぶ時には、ママに一緒に叱られるくらいのはめの外し方もステキです。

     パパにとってのネッドをパパが思い出し、ネッドが見えたときには、とても嬉しくなりました。

     パパは決して悪くない。
     でも、大人はたくさんの事を抱えているのです。
     でも、こども心に返って、夢中になる時間も、パパのリフレッシュタイムになるのだと信じたい。
     もちろん、ママも。
     お片づけも、時間も忘れて、はじけっちゃった時の私を、息子は目を大きくして喜んでいましたものね。

     息子には、テッドはまだ見えているかしら?

    掲載日:2010/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安藤さん

    安藤哲也さんの邦訳だったので興味を持ちこの絵本を選びました。この絵本を読んでもっと娘との時間を持ちたいなと思いました。毎日を楽しく暮らす主人公にお父さんも気が付き、極上の時間を共有する場面が素敵でした。人生を楽しくするにはという問いに答えてくれる絵本だと思いました。どんどんと絵本の物語の世界へと導いていく安藤さんの邦訳が素晴らしかったです。

    掲載日:2009/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの心、いつまでも。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ある日やってきた、ラズベリー色をしたテッドは、ぼくの素敵な友だちになりました。面白い遊びをしたことを、おとうさんに話すのですが、どうしても信じてもらえません。残念なことに、テッド君の姿は、おとうさんには見えないのです。

    『大人になると、遊び方を忘れてしまう。いつから、あんなにつまらないやつになったの?』
    このテッド君のひと言は、強く心に響きます。
    おとなになっても、子どもの心は持ち続けていたいものです。
    改めて、子どもと接する時、忘れてはいけない気持ちに気づかされました。そして、このテッド君の姿、何と形容したらいいのか…
    これも、やっぱりおとなの感覚ですね。
    男の子は、テッド君と最初に出会ったときも、何の抵抗もなく接していました。
    世の中のおとうさんたち、ぜひ読んでほしいです。

    掲載日:2009/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • びっくりしました

    テッドがラズベリーがすきっていうのが、おもしろかったです。体もラズベリーいろなのがふしぎです。

    なんでおとうさんは、テッドがよく見えないんだろうと思いました。

    へやを二人でプールにしちゃうのが、おさるのジョージみたいと思いました。

    このうちはおかあさんがいないのかな?らくがきしたら、おかあさんにさきにおこられそうと思いました。

    テッドがおとうさんとあそんだのでびっくりしました。

    テッドはむかしネッドっていうなまえだったから、びっくりしました。

    おとうさんにも、こどものころがあったんだって思いました。

    掲載日:2009/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夫にも勧めようと思います

    この本が出た頃、ナビで話題になっていたので読んでみたいと思っていました。

    どこかで見たことのある絵と思ったのは、皆さんのレビューを読んでわかりました。

    子どもの目には見えるけれど、信じることを忘れた大人には見えないということ、海外絵本ならではだなあと思いました。

    父の日も近いので、夫にも勧めようと思います。

    実際のところ、お父さんの方が、子どもの心を忘れていないというご家庭も多いと思いますので、きっと心に届くことだと思います。

    お父さんのためのお話会があれば、ぜひ読んでもらいたいと思います。

    掲載日:2009/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • トトロみたい

    ぼくにしか見えないテッド。
    長ーい耳。
    頭には小さな帽子。
    大きなおなかにはボタン。
    テッドと遊ぶのはすっごく楽しいの。
    お父さんはテッドと遊んじゃいけないって。
    でもテッドはお父さんのことを知ってる!?

    子どもの頃の気持ちって
    大人になるとどうしても忘れがち。
    時には子どもと一緒になって
    子どもの目線で物を見て、
    子どもと遊ぶのもいいかも。

    ぼくがテッドのおなかの上に乗っているシーンは
    メイがトトロに乗ってるところにそっくりです。

    掲載日:2009/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母親だって

    • ヴァージニアさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、男の子4歳、女の子2歳

    「おとなになると、あそびかたを、わすれてしまうことがあるんだ。」

    テッドが主人公の男の子に言う言葉です。
    男の子のお父さんも、子供の頃には一緒に遊んでいたのに、
    大人の今、テッドの姿が見えないのです。

    本に出てくるのは父と息子ですが、母親だっていつまでも
    遊び心を持っていたいですよね。
    日々の家事、育児に追われて、余裕がないときに読んだので
    強くそう思いました。

    5歳の次男のために図書館で借りた本ですが、
    9歳の長男も横で静かに聞いていました。

    掲載日:2009/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.84)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット