ねむねむごろん ねむねむごろん ねむねむごろんの試し読みができます!
作・絵: たなかしん  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
\毎日の寝かしつけに/ おやすみ前に ”ねむねむポーズ” してみよう!

ぼくとおとうさんのテッド」 ママの声

ぼくとおとうさんのテッド 作・絵:トニー・ディテルリッジ
訳:安藤哲也
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年05月
ISBN:9784894235854
評価スコア 4.84
評価ランキング 114
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 子供だけに見えるもの

    5歳3歳の娘達にパパが図書館で選んだ絵本です。表紙から可愛らしく楽しそう。私も魅かれました。

    お話は男の子にだけ見える怪獣テッド(?)と男の子のお話です。お父さんにテッドのことを話してもお父さんには見えないんです。怒られてばかりの男の子。でも、最後に感動の場面が。

    子供の心を忘れてしまった私にも、考えさせられるお話でした。我が家の娘達にも何か見えているのかな?とってもオススメですよ。

    投稿日:2013/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • きっと誰の心にも住んでいるテッド

    • ランタナさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    鮮やかなラズベリー色、犬みたいな、カバみたいな、やたら大きな不思議な生き物。
    「テッドって何者?」
    何かしでかしてくれそうな予感に、ワクワク読み始めました。

    「ぼく」とテッドのとんでもなく楽しく、困った遊びの数々とのびやかな絵が楽しくて、息子は大喜び。
    プールの場面はうひゃうひゃ笑っていました。

    親目線で見ると、少し胸が痛むお話でもありました。
    最初のページ、3人掛けのソファーに1人きりでしゃがみこむ「ぼく」はあまりに切ない。
    長いお話の最初から最後まで、お母さんは全く登場しません。
    少年はお父さんと2人暮らしなのでしょう。

    怒ってばかりのお父さんだけど、仕事も家のこともして、子どもに正しいことを教えようと頑張って・・・真面目で一生懸命なんですよね。
    「ぼく」もそれが分かっているからこそ、
    自分が遊んでもらいたいだけでなく、お父さんにも笑って欲しいと必死だったのかもしれません。

    「きみのお父さんは、いつからあんなに、つまらないやつになったんだい?」
    お母さんの私にも響くテッドの言葉。

    最後の絵だけのページ、何度読んでも胸が熱くなります。
    誕生日ですら遊んでもらえなかった「ぼく」の願いが叶ったから。
    お父さんもお揃いのパーティ帽子を被って、本当にいい笑顔をしているから。
    お父さんが大好きな息子も、最後のページがお気に入りです!
    子どもはお父さん、お母さんに笑っていて欲しいんですよね。
    忙しいウチのお父さんにも読んであげなくちゃ。

    いくつかの章立てのある、長めのお話ですが、
    幸せな結末、また裏表紙まで飽きさせません!
    年長さん位から、昔、空想のお友達と遊んだ大人の方まで、おすすめの絵本です。

    投稿日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  •  父の日には、この絵本もお薦めですね。

     最初に手にしたときには、デッドのキャラに度肝を抜かれた感じでした。
     ディズニー映画の何かに登場していたような、インパクトがありますね。
     ぼくとテッドの楽しい時間に、口をあんぐりというシーンもありましたが、これぞこどもの遊び心だよな〜、と納得。

     パパが大人になってもらわなければ、確かに困ることは多いけれど、こどもと遊ぶ時には、ママに一緒に叱られるくらいのはめの外し方もステキです。

     パパにとってのネッドをパパが思い出し、ネッドが見えたときには、とても嬉しくなりました。

     パパは決して悪くない。
     でも、大人はたくさんの事を抱えているのです。
     でも、こども心に返って、夢中になる時間も、パパのリフレッシュタイムになるのだと信じたい。
     もちろん、ママも。
     お片づけも、時間も忘れて、はじけっちゃった時の私を、息子は目を大きくして喜んでいましたものね。

     息子には、テッドはまだ見えているかしら?

    投稿日:2010/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安藤さん

    安藤哲也さんの邦訳だったので興味を持ちこの絵本を選びました。この絵本を読んでもっと娘との時間を持ちたいなと思いました。毎日を楽しく暮らす主人公にお父さんも気が付き、極上の時間を共有する場面が素敵でした。人生を楽しくするにはという問いに答えてくれる絵本だと思いました。どんどんと絵本の物語の世界へと導いていく安藤さんの邦訳が素晴らしかったです。

    投稿日:2009/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの心、いつまでも。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ある日やってきた、ラズベリー色をしたテッドは、ぼくの素敵な友だちになりました。面白い遊びをしたことを、おとうさんに話すのですが、どうしても信じてもらえません。残念なことに、テッド君の姿は、おとうさんには見えないのです。

    『大人になると、遊び方を忘れてしまう。いつから、あんなにつまらないやつになったの?』
    このテッド君のひと言は、強く心に響きます。
    おとなになっても、子どもの心は持ち続けていたいものです。
    改めて、子どもと接する時、忘れてはいけない気持ちに気づかされました。そして、このテッド君の姿、何と形容したらいいのか…
    これも、やっぱりおとなの感覚ですね。
    男の子は、テッド君と最初に出会ったときも、何の抵抗もなく接していました。
    世の中のおとうさんたち、ぜひ読んでほしいです。

    投稿日:2009/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夫にも勧めようと思います

    この本が出た頃、ナビで話題になっていたので読んでみたいと思っていました。

    どこかで見たことのある絵と思ったのは、皆さんのレビューを読んでわかりました。

    子どもの目には見えるけれど、信じることを忘れた大人には見えないということ、海外絵本ならではだなあと思いました。

    父の日も近いので、夫にも勧めようと思います。

    実際のところ、お父さんの方が、子どもの心を忘れていないというご家庭も多いと思いますので、きっと心に届くことだと思います。

    お父さんのためのお話会があれば、ぜひ読んでもらいたいと思います。

    投稿日:2009/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母親だって

    • ヴァージニアさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、男の子4歳、女の子2歳

    「おとなになると、あそびかたを、わすれてしまうことがあるんだ。」

    テッドが主人公の男の子に言う言葉です。
    男の子のお父さんも、子供の頃には一緒に遊んでいたのに、
    大人の今、テッドの姿が見えないのです。

    本に出てくるのは父と息子ですが、母親だっていつまでも
    遊び心を持っていたいですよね。
    日々の家事、育児に追われて、余裕がないときに読んだので
    強くそう思いました。

    5歳の次男のために図書館で借りた本ですが、
    9歳の長男も横で静かに聞いていました。

    投稿日:2009/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • テッド最高

    何気なく手にした本でした。読んでみると、私が興奮するほどおもしろくって…。子供の心をもつ人にしか見えないテッドが「僕」といろんなことをしでかします。それがありえなくっておもしろくって。ページをめくる度に子供たちが「うわー」と叫び、私が「そら、アカンわ〜」と言います。それだけでもおもしろいのに、実はお父さんも昔テッドと友達だったことがわかります。どこか距離のあった親子がテッドと再会したことによって子供心を取り戻し、その距離を埋めるところがよかったです。

    投稿日:2008/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • テッドの発言にドキッ!

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子12歳

    先日ストーリーテリングの先生の講義の中で、
    レイチェル・カーソンの『センス・オブ・ワンダー』の文章を引用されていました。
    「子どもたちの世界は、いつも生き生きとして新鮮で美しく、驚きと感激にみちあふれています。」
    その時に、その感性の素晴らしさを再認識しただけに、
    この作品を読んで、その時と同じ思いがしました。
    ぼくのところに突然現れた、ラズベリー色の不思議な大男テッド。
    ぼくはテッドと友達になったけど、お父さんは存在を信じてくれないのです。
    やがて、二人はとっぴないたずらを始めますが・・・。
    大人が読むと、ぼくの気持ちもお父さんの気持ちも何となく理解できるだけに複雑です。
    それにしても、スケールの大きいいたずらです。
    そうそう真似できないだけに、この作品で疑似体験して、
    大人も子どもも満足です。
    やはりこのあたりは、現役のお父さんの方が共感できるのでしょうね。
    「大人ってつまらない」というテッドの発言にドキッ!です。
    童心に返ったお父さんのキラキラした目、なんか人間らしくて素敵ですよ。

    投稿日:2008/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後が本当良かった!

    男の子にとって母ではなく父ってこういう存在なのかなあ〜と感じる絵本でした。

    お話を読み始めたとき、最後の展開がまったく想像つかず。
    どんなふうになるんだろうと思っちゃいました…
    途中、ちょっとくどい?!と思ったりしたくらいです(笑)。
    でも最後まで読んときに、うわあ〜やられたあ!!といった感覚。
    そしてお父さんに読んでほしい!なあと思いました。

    いつまでも子供の心をもったお父さんでいられたら本当素敵ですね。
    でも実際、家族のために企業戦士してたら、大切にしたい〜と思ってもできていなかったり…
    そんなときにこの絵本を読んだら、ハッとしていいじゃないかなあと感じちゃいました。

    我が家も男の子ですが、男の子にとってお父さんって、相棒みたいな友達みたいなところありますね〜。
    我が家は1人っ子なので、その影響もあるかもしれませんが…
    この絵本を読んで改めて男の子におけるお父さんの偉大さを感じちゃいました。

    ちなみに息子はテッドの姿がとっても気に入っていました♪

    投稿日:2008/09/05

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本
  • おべんとうブック
    おべんとうブック
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★はじめてのシールあそびに!★       おべんとう作りのおままごと感覚で遊べるシールえほん


シリーズ累計65万部超の大ヒット!海賊たちの運命はいかに?!

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.84)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット