しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ぼくはめいたんてい(7) いそがしいクリスマス(新装版)」 みんなの声

 ぼくはめいたんてい(7) いそがしいクリスマス(新装版) 文:マージョリー・W・シャーマット
絵:マーク・シーモント
訳:神宮 輝夫 内藤 貴子
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2014年10月10日
ISBN:9784477027043
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,431
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ファングのママからの手紙

    アニーが飼っているファングと言うおおきな犬に関する事件でした。
    ファングのママからの手紙が、今年のクリスマスはまだ来ないという
    謎だったのですが、最初から、ファングの頭の羽飾りが、クエスチョンマークに見えて、おかしかったです。
    雪が積もっていたので、謎が深まったようです。
    最後に、暗号表が載っていました。絵とアルファベットが一致していて
    わかりやすいものもあります。
    レシピはジャガイモのパンケーキで、簡単で美味しそうです。

    掲載日:2016/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとくせもふたくせもある

    このシリーズ、登場人物(犬や猫も)がみんなひとくせも
    ふたくせもあるなあ、ネートも大変だろうなあ(笑)って
    いつも思います。かわいいなあって素直に思えるような
    子どもや動物がいないのよね。
    ネート、それほどきれもんって感じもしないのに、きちんと
    事件を解決します。ハードボイルドの探偵って雰囲気かな。

    私はいつも、解決できないのですが、今回はわかった!
    ちょっとうれしい(笑)。

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勘が当たった(笑)

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    このシリーズは何冊か読んでいますが毎回めいたんていネートに感心するばかりです。
    今回は私も事件の真相が当たりました。ネートのように推理ではなく、あてずっぽうの勘が偶然当たりました。
    推理って難しいですね。頭が全く動きません(笑)。
    ネートのもとに本当にいろいろな事件がやってきますね。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 謎はとけなかったけど、楽しみました!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    ネートシリーズ大好き7歳の息子と読みました。

    今回はファング・ママがファングに送ったクリスマスカードを
    ネートが探しだすお話。

    「ファングにママいるの!?」
    「なんで犬がクリスマスカード書けるの?」
    「あっわかった!ファングのママの飼い主が、送ってくるんだ!」と
    一人で大盛り上がりの息子。
    本筋とは違ったところでまず謎を一つ解決。

    今回は最後の回答がでるまで全然分からなかった息子。
    でも経験からスラッジが何か手がかりをつかむと分かったらしく、
    スラッジの行動にかなり眼を光らせていました。
    成長したね。

    そして、大好きなパンケーキが出てきて、「やっぱり!」と喜び、
    「ねー明日のあさごはんパンケーキにして!」とリクエスト。

    もちろん、次の日の朝はパンケーキにしました。

    今回もやっぱりロザモンド登場。
    もうすっかり準主役ですね!

    掲載日:2014/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 6歳の娘がハマっているシリーズ

    6歳の娘がハマっている「めいたんていネートシリーズ」。最近このシリーズばかりを読んでいます。
    ネートが今回依頼されて捜査するのは、友人アニーの飼い犬ファングに届くはずのクリスマスカードの行方。ファングママからの手紙を、ファングは毎年楽しみにしているので、どうしても探してほしいと頼まれます。
    今回は、娘も途中でなんとなく謎が解けたようで、「あっ!」とうれしそうにしていました。
    ストーリーも面白いのですが、私はネートの発言がシャレがきいていて好きです。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズで読んでいます

    シリーズで読んでいます。

    シリーズで読んでいると、毎回ネートがどんなに頑張っているかよくわかります。

    ファングはネートが苦手としている犬。

    ファングが出てくるだけで、ネートの悲哀が伝わって来ます。

    アニーがファングを「大きなようせい」とほめるところがありますが、ネート同様、私も息子も「そんなことないだろう」と思いました。

    息子は「ファング・ママ」からファングにクリスマスカードが届くという状況がよくわからなかったようです。

    犬は親子離れ離れになるということを知らないし、犬がカードを書くのか?という点です。

    今回は雪の中の探索、雪かきもあるということで、いつにもまして、気の毒だなあと思いました。

    最後のページの読者サービスは嬉しかったです。

    クリスマス時期にまた読みたいです。

    掲載日:2009/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつもおもしろいとおもいます

    アニーがファングのことを「大きなようせい」っていったけど、そんなことないとぼくはおもいました。

    かわいいっていうよりも、かまれそうで、こわいです。

    ママへのてがみが、いつもおもしろいとおもいます。

    ファングのおかあさんは、犬なのに、どうやってクリスマスカードをかいたんだろうっておもいました。

    とてもふしぎでした。

    ネートがいつもパンケーキをたべているので、ぼくもたべたくなりました。

    ぼくもパンケーキがすきです。

    雪かきがたいへんそうっておもいました。

    でも、たくさんあそべそうで、うらやましいっておもいました。

    掲載日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいクリスマスカード!

    めいたんていネートシリーズの1冊。
    今回は、ネートとスラッジが苦手な、アニーが飼ってるわんちゃん、
    ファングのクリスマスカードを探して欲しいという依頼。
    どうやら、ファングには毎年“ファングママ”からクリスマスカードが
    贈られてくるというのです。
    ここで、息子は「へ〜、おもしろいね!」と、そのクリスマスカードに
    興味津々。
    さて、カードはどこにあるのでしょう?

    いつもの様にこのお話しには実に個性豊かな登場人物が
    どんどん出てくるのですが、今回はファングもクリスマス前だからか?
    首にいっぱい鈴をつけたり、羽のついた帽子をかぶってたりで
    その姿に大笑い!
    そして、友達のロザモンドの家では、“ねこツリー”という
    おかしなクリスマスツリーをおいてるし、
    それぞれの個性に更に磨きがかかってるところが
    気に入った様子の息子。ねこツリーは是非、実際にみてみたいとか。

    今回も、息子はネートの捜査に目を光らせて読むと
    すぐにわかったらしく、事件の真相を解読するネートの話を読みながら
    「家のそら君も同じことするのかな?」と、想像してクスクス
    笑ってました。
    それからもう一つひかれたのは、降り積もった雪が
    きれいになくなるまで1ヶ月かかると書かれてた所。
    雪が1ヶ月もあるなんて!私たちにとってはかなり羨ましい
    限りのクリスマス前の風景でした。

    掲載日:2008/10/08

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット