十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

あんぱんまん」 みんなの声

あんぱんまん 作・絵:やなせ たかし
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:1981年12月
ISBN:9784577002087
評価スコア 4.05
評価ランキング 18,123
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 味わいある絵!

    アニメのあんぱんまんと違って,実に味わいのある絵でした。
    1981年初版の絵本だけあって昭和を感じさせる絵で落ち着いて読むことができました。
    現在4歳の娘が3歳の時に読み聞かせましたが,アニメや玩具であんぱんまんを知っている娘ですが,この絵本の絵にも違和感を持つことなく聞き入って見入っていました!
    自己犠牲をしてまでも困っている人たちを助けるあんぱんまん,やなせたかしさんの優しさが伝わってくるお話でした☆

    掲載日:2014/12/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • やなせさんがこだわり続けたあんまんまん思想の原点です。
    ストーリーが淡白なため、自己犠牲というやなせさんの正義のあり方がはっきりと主張されています。
    自分の顔を食べさせるという献身が、ちょっと不気味に思われて、賛否両論だったそうですが、大人の目で見てしまうと、身障者のことまで頭に浮かんでしまいました。
    でも反対に、やなせさんの思いと温かみがしっかりと伝わってきました。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 元祖

    これが元祖のアンパンマンなんでしょうか。

    今みんなが知っているアンパンマンとはちょっと違います。

    正義の味方はただかっこいいだけではなく、

    自分に犠牲を払ってでも人を助けるといった

    精神をもってこそ正義だということが

    とても伝わるお話でした。

    食べられて顔が全くなくなったまま空を飛んでいる絵は

    少し驚きますが、なんといっても正義ですから、

    それすらもステキに感じました。

    掲載日:2014/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 漫画ぽくないアンパンマン

    この絵本のアンパンマンは漫画のようなアンパンマンじゃないので、年齢が大きくなった子供でも恥ずかしくなく読めるのが魅力かと。やはりアンパンマンは強い、そして優しい。改めてアンパンマンの強さ優しさを実感。子供達に、この強さと優しさが伝わりますように。

    掲載日:2014/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほどー!

    元祖あんぱんまんの絵本です!
    あんぱんまんの絵も、今とはだいぶ違うのですが、
    ひらがなで「あんぱんまん」と書かれているところも
    なんだか風情を感じます♪
    登場するあんぱんまん、ジャムおじさんらしき人も
    今とはだいぶ違うので、アンパンマン好きの娘は
    ?顔で見ているのですが、それもまたおもしろくて
    私がはまってます(笑)!
    ぜひぜひ、読んでいただきたい1冊です♪

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 個性的!!

    有名なアンパンマン。
    顔がなくなって飛んでいるアンパンマンの姿が印象的でした。
    さすがというかやはりインパクトある作品で気に入り購入しました。
    幼い子には大人気なアンパンマン。子どもが大きくなったら読み聞かせてあげたいです。
    幼い子は喜んでくれるのではと思いますが、大人の私も良い作品だと感じました。

    掲載日:2012/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がリアルすぎかなぁ

    • ひいこたんさん
    • 30代
    • ママ
    • 福井県
    • 女の子13歳、男の子10歳、男の子8歳、女の子3歳 男の子0歳

    3歳の娘が大好きな1冊です。

    乳児園に通う娘が、いつも借りて帰ってくるのですが、
    私的には、ちょっと苦手なんですよね。


    絵がリアルすぎる(^ー^;)  のがちょっと・・・・


    あんぱんまんの顔が全部無くなるところとか・・・

    でも、娘は全然平気な様子

    「あんぱんまん顔なくなったなぁ」
    と悲しそうに言いますが、
    読み終わると、
    「もう1回読んでぇ」
    とリクエストがくるほど



    今のアニメの絵に慣れすぎているので、
    おかしな感じがするのかなぁ。



    あぁ、これが原点なんだぁ。
    と読み手の親としては、時代の流れを感じる1冊ですかね。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手描きのアンパンマン

    テレビアニメに慣れていると、ちょっと衝撃的なアンパンマンです。

    まず、背が高い。もしかして八頭身では、と思ってしまうくらいの体のバランスです。

    そして、顔を全部食べられたあと、体だけになっても空を飛べます。
    その絵は、正直に言って怖いです。

    しかし、作者のあとがきを読めば納得できます。

    子供には難しいかもしれませんが、かわいいアニメよりも、作者さんの気持ちがストレートにこもっている作品だと思います。

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャラクターは苦手

    キャラクターのアンパンマンは苦手で
    子供も反応がないのですが
    こちらの本物の本は好きみたいです。
    描く作者の気持ちがこもっていて
    線や色使いなど、読んでいても楽しい。

    これが、キャラクターのようにぺたっとした絵になるなんて。
    本物をもっと子供たちに見せてあげるべきです。
    可愛いだけじゃない、
    本物の気持ちがこもっています。

    アニメ化されるものより、こちらの手書きの方が好きです。

    掲載日:2011/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしいアンパンマン

    私の小さい頃のアンパンマンを教えようと、娘に見せました。
    今のアンパンマンしか知らない娘でも、絵をみると「あ、アンパンマン!」と喜んで絵本を見てくれました。ちょっとうれしかったです。

    お腹がすいている人に、顔がなくなるまで食べさせるアンパンマンなので、顔がないまま飛んでいる姿をみて娘がしきりに、顔ない!顔ない!と言っていました。あ、顔がないのがわかるんだ!顔という言葉を知っていたんだと、ちょっと感激しました。

    怖がるかな?と思いましたが、お気に入りの1冊になりました。アンパンマンは人気者です。

    掲載日:2010/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.05)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット