ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

かこさとし からだの本 (4) あかしろあおいち かこさとしからだの本」 みんなの声

かこさとし からだの本 (4) あかしろあおいち かこさとしからだの本 作・絵:かこ さとし
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1977年02月
ISBN:9784494009244
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,291
みんなの声 総数 4
「かこさとし からだの本 (4) あかしろあおいち かこさとしからだの本」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろく

    子どもの頃、私はこの絵本で血のことを学びました。
    こちらで高評価だった『ちのはなし』を息子に読みきかせたとき
    「あれ?子どもの頃家にあった『あかしろ あおい ち』に似てる」
    と思い、久しぶりに読み返してみました。
    転んだ子どものイラスト、顕微鏡で見た血のイラスト
    心臓から腕へ血管が伸びているイラスト
    懐中電灯を手や耳に当てて見ているイラスト
    大人と子どもの血液の量の違いを表しているイラストなどなど
    類似点がたくさんあってビックリ。偶然!?
    初版は『ちのはなし』の方が先らしいですが……。
    加古里子さんも堀内誠一さんも好きな作家さんなので
    複雑な心境です (笑)
    内容は、こちらの方がより具体的です。
    その分、少し大きい子向けかなと思います。
    最初にこちらを読んだこともあり、私はこちらの方が好きです。
    息子はどちらも好きなようです。
    血の成分、役割、体を流れる仕組みなど
    わかりやすいと言う点ではどちらも同じですが
    絵柄の可愛らしさ、加古里子さん独特のユーモアあふれる
    雰囲気がよいですよ。

    掲載日:2009/03/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 問いかけ口調に味わいある絵!

    かこさとしさんの「からだの本」シリーズ,わかりやすくて幼児や小学校低学年の子供にぴったりです。
    かこさとしさんの優しい問いかけ口調の文面が子供をぐいぐい惹き付けるのではないでしょうか。
    イラストも昭和感満載の味わいあるものでよいです!

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も子供の頃に読みました。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    私もこどもの頃に読んだ一冊。
    今思えば、体の基本的なことは、
    「ほねはおれますくだけます」とか、
    「はしれますかとべますか」とか、
    全て、かこさとしさんの絵本で、何となく学んだのが、
    最初だと思います。

    子供には、学校で理科として「勉強」になってしまう前に、
    カラダのことに興味を持って、学んでもらいたい!
    という思いで、図書館から借りてきました。

    赤血球、白血球、血小板の役割が
    とても分かりやすく解説されていて、
    ちょうど腕にかさぶたのあった息子には、
    リアルに理解できたものと思います。

    かこさとしさんの絵本は、
    読者に語りかける口調で描かれているので、
    7歳の息子に語りかけて聞かせていたところ、

    「なにやらおもしろそうだゾ」と思ったらしく、
    違う部屋で遊んでいた2歳の娘も、近寄って、
    絵本をのぞきに来ました。

    2歳の娘には「ち」の話はなかなか難しいけど、
    それでもこうやって私と長男が詠んでいる絵本に
    興味を示してくれて、
    とても嬉しく思いました。

    こうやって、親から子に、兄から妹に、
    どんどん読み継がれていくんですね。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 血のお話

    • おうさまさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、

    かこさとしさんのからだの本シリーズが大好きです。
    これは血のお話。いろいろな角度から、いろいろな表現で血について説明されています。
    おもに血の役割について説明してあります。子どもが興味を持てるように優しく、そしておもしろく話が進められていきます。
    血の大事なお話を楽しく覚えられます。
    ユーモアあふれる絵と言葉遣い。素敵です。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / あかたろうの1・2・3の3・4・5

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット