しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

がんばれ機関車トーマス」 みんなの声

がんばれ機関車トーマス 作:ウィルバート・オードリー
絵:ウィルバート・オードリー
訳:桑原 三郎 清水 周裕
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1977年
ISBN:9784591005668
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,096
みんなの声 総数 11
「がんばれ機関車トーマス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • トーマスのエピソード4つ

    最近、トーマスにはまってきた3歳8ヶ月の息子に図書館で借りました。
    これは、トーマスの中でもしっかりとした話。
    トーマスのいろいろな機関車のエピソードが4つ入っています。

    テレビアニメより、説教くさくなくて、内容としては面白いです。
    しかし、4つ話が入っているので少し長いかな。

    大きさは小さいので旅行などのお出かけにおすすめです。

    息子はとても喜んで読んでいました。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものきもち

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     汽車のほんシリーズの4番目です。中表紙の赤いタンク列車が、いつも印象的でこころ和みます。挿絵が一枚の絵はがきのようで実に楽しいのです。イギリスの田舎町の田園につながる近代的な機関車、モダンな駅舎に街灯、おおきなアーチ型の頑丈な陸橋。ちょっと誇らしげに走るのりもの好きなこどもにとって、機関車トーマスやバスのバーディ、耕耘機のテランスは大切ななかまに思えるのでしょうね。こどもの気持にすこしでも近づきたいあなた、ぜひお読みになることお薦めいたします。ゆめゆめ、TV番組を思い浮かべませんように。

    掲載日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても気に入りました!

    小型の絵本で中に4本くらいのお話が入っています。

    この本で息子が大受けだったのが、
    トーマスのタンクに入ってしまった魚を
    ふとっちょ局長たちがポテトと一緒にフライにして食べるシーン。
    仕事中なのに、「あ〜おいしかった」と言うのが
    とっても笑えます。

    その他、トーマスとバーティ、テレンスとの出会いのお話もあります。

    お値段も手ごろだし小さくて持ち運びにも便利。
    小さいけど絵も字もとっても見やすくて、
    お出かけにも携帯しようと思っています!

    掲載日:2011/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • トーマスっておもしろい!!

    「機関車トーマス」って、もちろん知ってましたが、うちの子どもは女の子だし、正直全然興味はありませんでした。
    でもある日、図書館へ行くと、娘がどこからかトーマスを1冊携えてきて、「よんで。」と言うのです。
    最初は受け流していましたが、しつこくせがむので仕方なく読んでみると、あらおもしろい!!!!
    今まで何でこんなにおもしろい絵本を読んでこなかったのかしら??と大後悔。(笑)
    アニメとかのトーマスの顔もよく知りませんが、原作絵本のトーマスは、とっても絵がきれいですね〜。
    美しい田園風景の中を、いろんな表情をしながら走るトーマスが、目に浮かぶようです。
    実はトーマスって、すごく自分勝手だったり、負けず嫌いだったりするんですね。
    トーマスのする失敗も、「あぁあるよね〜こういうことって子どもも大人も!」とすごく共感でき、ある意味人間の恥ずかしい面を、面白おかしく描き出してくれている、深〜い絵本です。
    これからも、娘と一緒にトーマスシリーズを読破していこうと思います!!

    掲載日:2008/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めての親近感

    トーマスの本を5冊借りてきた息子。この絵本だけが絵で、いつものアニメ絵本と違います。見るなり「何か変、何かあやしい」と言いました。

    アニメになれてしまうと、違和感があるのかもしれませんね。

    小さい本なのに、4話入っておりかなり分量があります。お得ですが、読み手にはちょっと覚悟が必要でしょう。

    以前アニメ絵本で読んだ「トーマスのさかなつり」が収録されていました。アニメ絵本で読んだ時には、給水塔に川からバケツで水を汲んだので魚が入ってしまったとあり、「ありえない」と思ったのですが、こちらのお話では、バケツに穴があいていたので水をくんだらすぐに引き上げて入れたとあるので、それなら「魚が入るかも」と少し納得できました。

    同じ話でも、絵とアニメでは受ける印象が違って新鮮でした。

    オードリー牧師が息子のために機関車のお話を作ったという秘話がカバーに書かれていて、それだけでもちょっと得した気分になりました。

    お父さんが、子どものために作ったお話だったということを知っただけで、おかしなものですが、トーマス絵本がぐっと身近になった気がしました。

    今まで息子が読んでいるからとしぶしぶ読んでいたトーマスシリーズに初めて親近感を持って読むことができました。

    掲載日:2007/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子のお気に入り

    電車好きの上の子が、保育園でよく読んでおりうちに帰ってから「紙芝居を描く!」と言って(トーマスを別の電車に置き換えていたが)絵を31枚も描いていました。「これ何?」と聞くと、これは「○○線の魚釣り」とか言い、あらすじも殆ど記憶していたのにびっくり。すっかりハマッて、しばらくはトーマスシリーズばかり図書館から借りていました。

    掲載日:2007/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長く愛されてるからこそ。

    最初息子が自分でこの絵本を図書館で借りてきたときには、
    「あちゃちゃ〜。こういうキャラクターものはできれば読ませたくないな〜」なんて思ったのだけれど、
    まず表紙の絵をみて、印象が変わりました。
    TVや他の絵本などでみるトーマスよりも味があります。

    お話も4話ほど入っているのですが、どれも面白い。
    機関車たちがとっても人間じみてて(笑、いばったり、困ったり、いたずらしたり。
    そんな機関車たちをいさめる、機関士や駅長さんがまたいい感じです。

    長いお話なんだけど、2歳でも十分楽しめました。
    図書館から借りている間毎晩読んでました。
    もともとそれほどトーマス好きってワケではなかった息子も、
    これを読んでかなり興味が出てきたようです。

    キャラクターものなどど偏見の目でみててごめんなさい。
    原作を読んでその魅力がわかりました。
    やっぱりこんなにいい絵本だからこそ、長く読み続けられているんですよね。
    TVやそこから派生した絵本などの前に、この原作に触れられてとってもよかったと思います。

    掲載日:2007/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • トーマスにハマっています。

    2歳すぎて、字と絵の、「えほん」を読めるようになりました。
    そしてトーマスから、読み聞かせが始まりました。
    シリーズ何冊も読みました。
    息子は、寝る前に1冊読まないと気がすまなくなっています。
    「ママ読んで」と、本を持ってやってくる姿に私もママになったんだなあと改めて思い、ちょっと感動しています。

    大切な本です。

    掲載日:2006/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ものすご〜く大好き

    • ANNさん
    • 30代
    • ママ
    • 奈良県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    トーマスが大大大好きな息子・・・
    図書館に行くと、毎回必ず何冊も借りてきます。
    もう何ヶ月もエンドレス状態。。。
    お話は長いし、読む方としてはとても疲れますが、
    息子は、挿絵を見て自分なにりストーリーを作り
    ながら読んでいます。
    字が読めないうちは、そんなこともありかな・・
    と思って、時折一人で一生懸命読んでいる(?)
    姿をほほえましく見ている私です。

    掲載日:2006/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵柄が大好きです

    トーマスの絵本は色々ありますが、自分が子供の頃によく読んでいた味わいのあるイラストのトーマスを読ませたくて購入しました。
    子供は色々と機関車たちの表情が変わるのが面白いらしく、「トーマス、楽しそうねぇ。」とか言っています。
    これを読んでから、すっかり親子でトーマスファンです。

    掲載日:2006/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


双子のももちゃんとはなちゃんがくりひろげる、たのしい世界!

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット